神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

もう11年か……

もう数日が経過してしまいましたが、先日9月7日で武装神姫発売から11年がたった
ようですね。

このブログも武装神姫に魅せられ開設しましたが、アニメを最後にここ数年は私の
神姫熱もかなり低下してしまいました(何気にプロフィールもこっそり変更してしまい
ましたし……)。
他の神姫関連のブログに足を運んでみても、やはり今一つ盛り上がりに欠けて
しまっているようです。

少し期待していたコトブキヤのアーンヴァルも、その後の展開もないようですしね。

そんなことを考えていると、神姫への想いが湧きあがってくるのは不思議なものです。
ひさしぶりに神姫たちに再開すべく押入れをゴソゴソやりはじめると、懐かしい箱が
いくつも出てきました。

CIMG2856.jpg

場所を食うため、私は基本的に神姫や武装のみを保管していたのですが、
思いのほか箱込みで残っていたようです。
虫干し(といっても室内灯ですが)の意味もこめて引っ張りだしてみました。

CIMG2857.jpg

まずは神姫を代表する白黒コンビ、やはりこの二人は思い入れの強さからか
箱をつぶさずにとっておいたようです。
アーンヴァルのパッケージ表面に貼られた「2940」円の文字を見て、イイ買い物
したな~などと、感慨に浸りました(笑)。

CIMG2861.jpg

お次はアルトアイネスとブライトフェザー。
……う~ん、アイネスはともかく、なんでブライトフェザーを取っておいたのかな?

CIMG2858.jpg

続きましては通常版と限定版のアークと、

CIMG2859.jpg

同じく通常版と限定版のイーダ。


我が家の箱入り神姫たち、アクイダ率が何気に高いですね。


こうして眺めていると、当時を思い出します。
もうあの頃ほどの情熱をもって、武装神姫に熱中することはないかもしれませんが、
また神姫の改造などに挑戦したいですね。

その前に、このブログでは未発表の彼女の紹介が先ですかね。

CIMG2271~1

ラミア型MMS 「アタラクシア」です。

もう作ってから二年以上経過してますが(汗)。





最後に、フォルダーを整理していたら、こんな一枚が出てきました。

373686_1291469314.jpg

かなり古いもので、製作したものの半数ぐらいしか写っていませんが、我が家の
カスタム神姫たちです。





はぁ~、あの頃が懐かしいや……。



スポンサーサイト

PageTop

ボクたち ビルドファイターズ③ 「紅夜叉」

やれやれ、また我がブログのトップを広告で飾ってしまいましたか……。
せめて月一ぐらいで更新しないとダメですね(嘆息)。



さて、気をとり直して今回紹介いたしますは、オリジナルガンプラです。

CIMG2316 - コピー

CIMG2849 - コピー


機体名は、「紅夜叉」です!

某所での連載は思い切り途絶えてますが、かってにアフターストーリーに出てくる
ガンプラだけは製作してたりします(汗)。

外見はSDタイプですが高出力を誇り、圧倒的な力でフィールド内のガンプラを殲滅
します。

CIMG2815 - コピー

重装甲ゆえに動きは鈍重ですが、右腕のバイスクロー、左腕の大型ガトリング砲、
両肩のミサイルポッド、背部の高出力ビームキャノン等を搭載しているため、距離
をおいての砲撃戦でも対戦相手を圧倒します。

CIMG2853 - コピー

CIMG2852 - コピー

CIMG2820 - コピー

CIMG2854 - コピー


立ち位置的には中ボスクラスの機体であり、ビルダーであるミドウ・トモエが子供
のころに恐れていた『鬼』をモチーフに紅夜叉を制作しました。

CIMG2844 - コピー

CIMG2823 - コピー

ミドウ・トモエは自らの研究のためにこのガンプラ作りましたが、同時にガンプラ
バトルそのものに深い憎しみを抱いており、紅夜叉を使いデータ収集と称して
破壊の限りをつくします。




とまあ、以上が紅夜叉の脳内設定の一部なのですが……本編がまるで進んで
いないのに設定だけ垂れ流されても困りますよね(苦笑)。


ちなみにこの紅夜叉、見かけはSDタイプですがG-セルフの『アサルトパック』
や『ナイチンゲール』のパーツを使って組み上げているため、けっこうデカい
です。

CIMG2321 - コピー

以前紹介した『ガンダムエクシアHQ』と並べてみると、そのサイズが分かる
と思います(笑)。

CIMG2315 - コピー

CIMG2848 - コピー


リアルさを追及したMSの製作は苦手なのですが、『ビルドファイターズ』という
作品の世界観なら、こういったメチャクチャなMSも許されるので、私は同作や
そのシリーズが大好きですね。


では!

PageTop

えふえーがーる

おひさしぶりです。

前回の投稿から二カ月経過ですか、またずいぶんと間が空いてしまいました……。

この二カ月の間、両親の体調が優れず、父親に至っては入院してしまうなど色々ありまして……。
家に戻り自分だけの時間になると、今後のことが頭をよぎり不安に押しつぶされそうになります。

正直こんな時期にブログなどどうかとも思ったのですが、気持ちを切り替え自分をリフレッシュする
意味でも投稿を再開したいと思います。


よし、切り替える!




で、今回紹介しますのは……。


CIMG2783 - コピー


FA:G 「輝鎚・甲」です

CIMG2807 - コピー

CIMG2808 - コピー

CIMG2790 - コピー



アニメ『フレームアームズ・ガール』の放送直後から製作を開始したのですが、、ほぼ作業は終了
残るは塗装のみといったところで前述の理由からモチベが低下、まだ未完成品で申し訳ありません(汗)。

ベースには、FA:G轟雷、頭部やフェイスはイノセンティアのモノを使用しています。
とにかくラクしたかったので、最初は「FA:G轟雷にFA輝鎚の手足を取り付ける」ぐらいの考え
でしたが、輝鎚の脚部が短かったためバランスが悪く、けっきょく轟雷の足アーマーを透ける
ほど削り込み、そこに輝鎚のパーツを貼り付けるなど思いのほか手間がかかりました……。

また、輝鎚のFA:G化にあたり気をつかったのは、同機の特徴ともいえる胸部と大腿部のアーマーでした。
華奢な体格の轟雷では、これらを取り付けるスペースを確保するのが難しいため、これらの作業が難航しました。


CIMG2805 - コピー

悩んだ挙句、胸部のアーマーは腕のジョイントに接続し、

CIMG2806 - コピー
 
大腿のアーマーは膝アーマーに接続し、バランスを調整してみました。

CIMG2810 - コピー
 
結果としては、☝のように重装甲さを維持しつつ、フトモモやパン……いや、ボディスーツも
バッチリ見えて見栄えもよろしくなったかな~、などと思っております(笑)。

この作業で各部のアーマーもけっこう動くようになったのですが、素体自体がアーマーの重さに
耐えられずポーズをつけるとすぐにダレてしまうため、ほぼ固定モデルになってしまったのは
いつもの仕様です(泣)。

CIMG2797 - コピー

比較対象その1

FA:G轟雷とツーショット。
轟雷もFA:Gとしては装甲厚めのイメージがありますが、それを上回るボリュームが出せたと思っています。

CIMG2800 - コピー
 
比較対象その2

FA輝鎚とのツーショット。
ゴツさでは定評のある輝鎚ですが、こうやって見比べると、なんかFA:Gの方がボリュームあるような……。

CIMG2799 - コピー

足首から爪先にかけては元のままだとかなり大きいため、同パーツを加工して
かなり小型化してみました。

CIMG2803 - コピー

CIMG2802 - コピー

また各パーツは、なるべくそのまま使いたかったのですが、バックパックやショックブースター
などはバランスの関係上けっこう手を入れました。とくにショックブースターは元のパーツの
半分くらいまで幅を詰めました。

CIMG2809 - コピー

以上、未完成ですが、FA:G「輝鎚・甲」の紹介でした。


正直、まだ製作したいというモチベーションが湧かないため、今回の輝鎚の完成は先になると
思いますが、まだ未発表のガンプラなど数点ありますので、折をみて紹介したいと思います。

では!





追伸、今回の記事とは関係ないのですが、過去記事の件でご質問を下さった???様。
申し訳ありませんが、なにぶんアレを製作したのは五年以上前のため、私の記憶もかなり
曖昧になっております(汗)。
「ならば、現物を」と探してみたのですが、これも発見できない次第でした、申し訳ありません。

また返事はメールを希望されていましたが、私の過去の体験からメールでのやり取りは
現在控えている所存です。
今回の件のような場合、どこに回答すべきか悩みましたが、ここが一番???様の目に
止まるだろうと、この記事に載せた次第です。

せっかく質問を頂いたのに、力になれず申し訳ありません……。







PageTop

くすぶってきた

……そ~っと……。


うん、間違いない、自分のブログだ(笑)。

前回の記事から2年以上経過してますか……どうりでブログの操作法をすっかり忘れているはずだ(汗)。

おひさしぶりの投稿です。

武装神姫に対する情熱の減退とともに、ここしばらくは、なんとな~く時を過ごしていた毎日です
が、撮り貯めしていてほったらかしにしていた『鉄血のオルフェンズ』第2期を一気に視聴し、
最近放送され始めた『フレームアームズ・ガール』を見はじめて、創作意欲が再びくすぶって
まいりました。
とはいえ、上記2作品のプラモもほとんど購入しておらず、また時間の関係から製作そのものも
しておりません(笑)。

だが『ガンダムビルドファイターズ』の新作発表の告知が発表!
しかも、登場人物は1作目のキャラたち!!
これでテンションが上がらぬハズがない!!!

とはいえ、オルフェンズもFA:Gも肝心のプラモが手元にないので、とりあえずコツコツと作って
いたガンプラでも紹介することにします(汗)。

CIMG2653 - コピー - コピー


機体名は『ガンダムエクシア HQ』です。

某所に投稿中(そして絶賛放置中)のガンダムビルドファイターズの二次創作に登場する
主人公アマノ・ツカサの使用するガンプラです。


名前の通り、RGのエクシアをベースにしています。

CIMG2665 - コピー - コピー

CIMG2667 - コピー - コピー

ノーマルエクシアと対比。

CIMG2656 - コピー - コピー

RGとHGでは、正確な比較対象にはならないかもしれませんが、こうして比べてみると
けっこう見た目が変わったものです。
頭部のアンテナと脚部以外は、エクシアのパーツの組み換えだけなんですけどね(笑)。

脳内設定では、このガンプラはまだ武装が未完成のため、『RGエクシア』に同梱されていた
物を使用しています。

CIMG2595 - コピー - コピー

CIMG2603 - コピー - コピー

『セブンソード』にすれば少しはエクシアっぽさが……と思ったのですが、ダブルオー
セブンソードかクアンタみたいにも見えますね。


CIMG2605 - コピー - コピー


最後に主人公が前に使っていたガンプラ『Hi-νガンダム HQ』とのツーショット。

現在某所に投稿している作品では、主人公ツカサは『Hi-νガンダム HQ』を使用しており、
『ガンダムエクシア HQ』が登場するのはまだ先の話だったりします。
せめて現在のトーナメント編だけでも、早く完結させないと(汗)。



しばらくはガンプラ漬けの日々になりそうですが、そのうちFA:Gにも挑戦してみたいですね。

では!


PageTop

取扱説明書のススメ

おひさしぶりです。まだ寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
シロでございます。

いまだ某所に籠りきりで神姫関係の作業はとんと進んでおりませんが、それなりに楽しく生きてます。

さて、以前記事にもしましたが、現在ガンダム(というかGBF)の二次創作を書いていますが、じつは私、MSの知識はあまりなかったりします。
ファーストからZZぐらいまでに登場したMSならなんとか思い出せますが、それもかなり曖昧な記憶。
GBFといえば、各作品の枠を超えたMSが活躍するお祭り的作品ですので、拙作に毎回登場するMS(ガンプラ)の外見や性能の描写に四苦八苦しています。

そんななかで重宝しているのが、いままで買ったガンプラの取り扱い説明書。簡易的ではありますが、各種設定などが載っておりなかなか役に立つんですよね。
とはいえ、登場させたいガンプラを必ず持っているわけもなく、某イエローサブマリンなどに寄った際にはこんなものも買い集めるようになりました。

CIMG1848.jpg

そう、各種ガンプラの取扱説明書です。

イエローサブマリン内には『パーツパラダイス』と呼ばれるガンプラ等の各パーツを個別販売しているコーナーがありまして(すべての店舗ではありません!)、とうぜんのごとく内容物の一部でもある取説もばら売りしています。

一昔前はこんなものは目もくれませんでしたが、最近では重点的に買い漁っています。

CIMG1849.jpg

価格はバラつきがありますが、HGUCシリーズなら、10円から100円ぐらいとたいへんリーズナブル。

CIMG1851.jpg

CIMG1850.jpg

☝の画像はPGエクシアの物ですが、かなり詳細な解説がなされており、資料性はかなり高いです。


とはいえ、当ブログをのぞきに来られる方は武装神姫に興味がある方がほとんどのはず、大半の方はガンプラの取説など必要ない! と思われるでしょう。
ですがこの取説には、神姫の武装を改造している方々にも役に立つことがあります。

CIMG1961.jpg

それは画面右下にある『部品注文カード』。その名の通り、ガンプラを作っている際、部品を無くしたり壊してしまったさいに使うものです。
私は以前から神姫の武装改造用に前述のパーツパラダイスを利用していましたが、必ずお目当ての品があるわけでも無く無駄足を踏むことがよくありました。

資料として集め始めた取説ですが『部品注文カード』を使えば、お目当ての品が確実に入手できることに気づき(部品自体の在庫が無い場合は無理ですが……)さっそく注文してみました。

CIMG1957 - コピー

で、待つことしばし、一週間ほど経過して送られてきました、バンダイ様から!

CIMG1958.jpg

中身はヤクト・ドーガの頭部×2と、アストレイの対艦刀の受けパーツ×4です。
傍から見れば何に使うか分からないようなブツですが、細かいことは気にしないでください(笑)。

これらの部品代はだいたい一個40円ほど、それに送料が加えられますが、かなり安価なのではないでしょうか?
しかも、ひとつの部品は最大4個まで注文可能です。
一部のパーツが欲しいが為だけに丸ごと買うのを考えれば、手間はかかりますがやってみる価値はあると思います。

もしイエローサブマリンのパーツパラダイスに立ち寄った際には、ばら売りパーツだけではなくこれらの取説を手に取ってみることをお勧めします。
神姫の武装の改造のさい、新たな可能性が見えてくるかもしれませんよ?


追記
記事でも触れましたが、すべてのイエローサブマリン内にパーツパラダイスがあるわけではありません。
私が知る限りでは、秋葉原のラジオ会館内のイエローサブマリンと、大宮本店の二か所だけです。
興味のある方は、事前に確認してから行ってください。

PageTop