神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

FAガール「ラピエール ゼファー」 ④

さて、FA「ラピエール ゼファー」のFAガール化製作も今回で4回目を迎えました。


と、その前に前回の記事で、私の発生した日に対して多くのコメントを頂きありがとう
ございました。
私としましては「もう、歳はとりたくねぇよーっ!」という愚痴のつもりでしたが(汗)、
予想に反して暖かいお言葉をいただき人様の優しさに触れ、感謝の極みです!



でも、やっぱり歳はとりたくないですが(笑)。







IMG1014.jpg

IMG1015.jpg

で、このままいくと、また「老い」に対する愚痴が続きそうなので、唐突ですが製作記事に
突入させていただきます(笑)。

ベースになったスティレットも、ずいぶんとペケ印が増えてきました。

見た目はアレですが、この☓は過去にこなした改造箇所をしめす、いわば勲章のような
ものなのです!




でも、やっぱり見栄えは大変よろしくないですね(笑)。



さて残った改造箇所は……。

① 頭部
② 胸部装甲
③ 両腕

と残すは3ヶ所となりました。

今回は「胸部装甲」と「両腕」の改造に取り掛かりました。
とはいえ、前回がほとんど無改造で済んだのですが、今回はそうは問屋がおろしません
でした。

IMG1020.jpg

きっとこんな顔しながら作業してたと思います。

ふぅ、人間楽は出来ないものですね……。



まずは胸部装甲からとりかかりましたが、やはりというかスティレットとゼファーでは細部
の形状がかなり違いました。
とりあえずスティレットの物(画像右)をベースに、ゼファーのパーツとエポパテで仕上げて
みました。


CIMG3321.jpg

CIMG3320.jpg

ちなみにオパーイを連想させる部分はエポパテで作りましたが、はじめはもっと小振りでしたが
気がついたら、けっこう盛ってました。

でも「人形は胸が命」といいますし、やはりここは譲れませんよね!


CIMG3271.jpg
 
さっそく逸る心を押さえながら装着!
うん、イイ感じ!!



とりあえず胸部は形になった様なので、次は両腕にかかります。

CIMG3287.jpg

☝はFAゼファーの物ですが、そのまま使えないかどうか、とりあえずダメ元で試して
みました。

CIMG3289.jpg


ハイ! ダメでした!!


分かっちゃいましたが、見事なくらいにオーバーサイズ!

このまま削り込んでサイズを合わせる選択肢もアリかもしれませんが、大変そうなので
却下。
ジャンク箱を漁っていると、MSのものとおぼしき腕が(しかも珍しく左右揃って)出てきた
のでこれをベースに加工することにしました。

CIMG3340.jpg

とりあえず小型化に成功。 

CIMG3319.jpg

スティレットの上腕のパーツを一部取り外し、位置の調整をしながら☝で作ったパーツと
結合。
例によって形状違いますが、これでもけっこう手を加えてますので、コレが限界。
まあ、多少なりとも雰囲気出ていればOKということで(笑)。

CIMG3335.jpg

今回の作業の結果を……そういえば、前回の製作記事でフラップ・スラスター(☝の画像で
スティレットの両肩から垂れ下がっているヤツ)がポロポロ落ちると愚痴ってましたが、かさばる
兄さんから頂いたコメントで、「ピットマルチ・2」なる液体のりの存在を教えていただき、さっそく
試してみました。

CIMG3399.jpg

「液体」ということで、以前家にあったスプレータイプのようなものを連想していましたが、
じっさい見た目は木工用ボンドみたいでした。
つまようじで基部にのりを塗り、そこにスラスターをはめ込んで待つことしばし。

そっと指で動かしてみると……オオッ!? イイ感じにきつくなってる!

用途は紙や厚紙と書いてあったので、内心少し不安でしたがこれは重宝しそうです。
かさばる兄さん、ありがとうございました!


CIMG3330.jpg

CIMG3338.jpg

CIMG3347.jpg

CIMG3350.jpg


ここに至り、ようやくスティレットとの違いが明確になってきた感じです。






よし! 残るは頭部のみだ!!



スポンサーサイト

PageTop

悲しみと喜びと……

大変唐突でございますが、去る5月24日をもってわたくしことシロは……



また一つ、歳を取りました。




まあ、幾つになったのかはさて置いて、人生という名のゴールにまた一歩近づいたとだけ
申し上げておきます(涙)。

確実な体力の衰え、進行する老眼、この歳になると誕生日なんぞ来ても微塵も嬉しくありません。
むしろ、近づいて来ようものなら塩でも撒いて追っ払いたい気分です!




精神年齢だけは、いまだ一桁(推定9歳)をキープしているのが唯一の救いですが……。







誕生日はもうけっこうですが、どなたか誕生プレゼントに

A1u74L4s2sL__SL1500_.jpg

石仮面でも送ってくださいませんかね。
若さを得るためなら、いつでも人間やめる覚悟はできてますんで(笑)。




さて、例年でしたらここ数日はふさぎ込んでいるところなのですが、今年はそれを吹き飛ばす
ような喜ばしい(というか驚くべき)ことがありました。



当ブログは2012年の1月に開設し、今年で7年目を迎えます。
しかし当時は「武装神姫」とそれを題材にした2次小説とマイナーなものを主に扱っていた
せいか、このブログに足を運んでくださる方はごく少数でした。

ところが去年の暮あたりからこの数が急激に上昇しはじめました。
そして、あれよあれよという間に今年のはじめからから半年で……


過去6年分の閲覧者数を超えてしまったのです!?




アンビリーバボーッ!!





……まあ、まるまる1年くらい放置していた年もありましたし、去年のはじめくらいは閲覧者数
が「0」の横並びというのも珍しくなかったので、6年分といいましたがその数じたい微々たる
ものでしたが(汗)。


奇怪な現象ですが、サイバーテロの標的にになったためとか、政権与党の陰謀に巻き込
まれたなどということが原因ではないのは明らかです。

去年の中頃、私的なことで悩むことが多くなり、一種の現実逃避として放置中のブログ
を再開しましたが同時に今まではあまり行わかったブログ巡りをするようになりました。

はじめはごく少数でしたが、そんな中コメントを下さった方やリンクの申し出を頂いた方の
ブログを訪ねた時に、その方のリンク先をさらに訪ねるうちにその数も日増しに増えていき
ました。

閲覧数の増加も、訪問先も同じFC2ブログが多く閲覧履歴が残り、連日のように現れコメント
もせずに「拍手」だけして去っていく私に、一種の不信感を抱きながらも怖いもの見たさ
手伝って当ブログを見に来て下さった方々がいればこそだと思います(笑)。


今回のブログ巡りで一言で「ブログ」といっても、様々なジャンルがあることを改めて知りました。
みなさんそれぞれに趣味を謳歌し、自分の考えや日常を発信する場としてブログを使用している
のを見るのが、最近の私の楽しみのひとつとなっています。

というより、自分の殻に籠ってばかりおらず、もっと多くの物に目を向けるべきでした(汗)。



なんだか取り留めのない文になってしまいましたが、もう少しブログというものを楽しんで
いきたいと思います。






あっ、そういえばFAガール「ラピエールゼファー」の製作ですが、もう少しお待ちください。

前回楽が出来た反動か、ただいま修羅場の真っ最中でして……。

IMG1019.jpg

現在こんなカンジで☝不貞腐れながら鋭意奮闘中でございます(笑)。


では!

PageTop

FAガール「ラピエール ゼファー」 ③

前回の記事から二週間以上経過してしまいました(汗)。

FA「ラピエール ゼファー(以下ゼファー)」のFAガール化計画、第三回目でございます。


前回までの改造で……。

● 両脚
● 腰部アーマー
● 腰部ブースター

以上三か所の改造が終了しました。

IGM1013.jpg

IGM1014.jpg

今回は ② 両肩のスタビライザー、⑦ 飛行ユニットに取り掛かりたいと思います。


CIMG3257.jpg

☝の画像はスティレット用の飛行用ブースター「セイレーンmk.Ⅱ」でございます。
ロケットエンジン本体から(愛くるしい)翼が伸びた「ジェットス○ランダ―」なデザインですが、
ゼファーのブースターは「セイレーンmk.V」という高性能型でスティレットのロケットエンジン
を背負った航空機のような姿をしています。


……もう、私が言いたいことの見当は、だいたいついていますよね?


CIMG3258.jpg
 

スティレットのブースターも翼がかなりディフォルメされており、FAスティレットと比べても
かなり小さいのですが、それを差し引いてもゼファーのソレはかなりデカいです。

スティレットのセイレーンをベースに改造するしかないかと思ったのですが、試しにダメ元で
ゼファーに取り付けてみました。

CIMG3260.jpg

明らかに大きく見えますが、思ったほどでもないような……。
ブースター本体と翼をもう少し切り詰めた方がいいような気もしますが、これぐらい大きい
方がジェットス〇ランダ―みたいでカッコいいので、このままでいくことにしました。

その方が楽ですし(笑)。


さて、お次はゼファーの外見的な特徴である、両肩の辺りからぶら下がっているモノに
取り掛かります。

IMG1018.jpg

はじめはファンネルみたいなモンかと思っていましたが、「フラップ・スラスター」という名称
のスラスターのカタマリのようです。

CIMG3262.jpg

取り付け基部にスラスターを引っかけ固定するのですが、これがもう……



ポロポロ落ちる!



取り付けようとすると指にぶつかりポロリ!

ムッとしながら付けようとすると、となりのパーツがさらにポロリ!



ちゃぶ台がそばにあったら、ひっくり返したくなるレベルです(怒)!



……なんとか気を落ち着け、何とか両肩のフラップ・スラスターを組みましたが、取り付けて
みますがやはり大きいようです。
サイズを合わせるにしても、10個分揃えるのはハードル高すぎデス。

1個作って複製という手もあるのかもしれませんが、私にとってそれはハードルどころか
棒高跳びのレベルの話なので、これまたパスです。

CIMG3263.jpg

けっきょくそのまま使うことにしましたが、FAゼファーと同じでは本体とスラスターが干渉
しまくりそうなので考えた末にMSGのジョイントを少し削り、基部にねじ込みます。

CIMG3264.jpg

ジョイントの横に見えているボッチが、ほんらいの取り付け用のダボです。
これで取り付け位置が、かなり横にずれたはずです。

CIMG3265.jpg

これをゼファー本体に取り付けて……と、うん、けっこうスペースとれたようです。

でも、あいかわらずポロポロ落ちますけどね……。




塗装が終わったら、オマエら全部接着しちゃる!



CIMG3273.jpg

CIMG3267.jpg

写真だと、肉眼で見るほどスラスターの大きさも気にならないようです。背部のブースターにも
ギリギリ干渉しないようですしね。


あと、幾つか処理し忘れていた箇所や掲載忘れがあったので、今回まとめて紹介します。

CIMG3327.jpg

 腰部のスラスターですが、肝心のノズルを忘れていたので市販のバーニアを付けました。
ちなみに後ろでピンボケしているのはパンツではなくボディスーツなので(公式設定)気に
しないでくださいね(笑)。

CIMG3294.jpg

これは一回目の製作記事で載せ忘れていたのですが、スティレットの脚にはスタビライザー
があるのですが、ゼファーには無いので取り外し跡をエポパテで埋めています。
また、踵のところに穴のあいた用途不明のパーツがあるので、プラ板で作った物を追加
しました。

これで脚の改造箇所は計8ヶ所になりました。何気にゼファーの脚部は一番手間暇がかかった
箇所になりました(笑)。

CIMG3325.jpg


何だかんだといいながら、今回の改造で一から作ったのは、☝の丸印のところだけだったので
非常に楽ができましたね(笑)。



他の箇所も、今回みたいにまるまる流用できればいいですが……。


それでは、今日のところはお開きにしたいと思います。


では!!





PageTop

FAガール「ラピエール ゼファー」 ②

さて、FA「ラピエール ゼファー(以下ゼファー)」のFAガール化製作記、第二回目の始まり
でございます。

CIMG3236.jpg

一回目の製作で、とりあえず両脚と太腿のアーマーの改造が何とか終わりましたので今回
は……。

IMG1011.jpg
IMG1012.jpg

⑤の腰部アーマー。
⑧の腰部ブースター。

以上二ヶ所の改造に取り掛かりたいと思います。

まず腰部のリアアーマーですが、今回ベースに使用したスティレットのものとは形状が
まるで違うため、ゼファーのものを取り付けようとしました。

ところが……。

CIMG3226.jpg
☝がスティレットのパーツですが、ゼファーのものを組み上げてみて驚愕の事実が判明
いたしました!






CIMG3227.jpg
 ゼファーのパーツ、デカッ!?



なんかそのまま飛行ユニットで使えそうなサイズです!

ランナーにパーツ状態でぶら下がっている段階で「ちょっと大きいかな~」程度に考えて
いましたが結果を見て唖然……。

CIMG2800 - コピー

以前「輝鎚・甲」をFAガール化しましたが、FAでも一二を争うゴツイ輝鎚のパーツを使った
時もそれほど各パーツに大きさの差は感じず、より細身のゼファーならほとんど無改造で
使えるだろうと軽く考えていましたが、とんでもない認識の甘さでした(涙)。


例によって、ここで手が止まってしまいましたが、いきなり二回目で投げ出すのも情けない
話です。



気を取り直してジャンクパーツを組み合わせて……と考えましたが、こういう時に限って
使えそうなパーツが見当たりませんでした。
とはいえ、この部分をプラ板で一から作るなど私には技術的にも無理な話です。

結果として私がとった策は……。





削るべし! 削るべし! 削るべし! 削るべし! 削るべし! 削るべし! 削るべし!
削るべし! 削るべし! 削るべし! 削るべし! 削るべし! 削るべし! 削るべし!
削るべし! 削るべし! 削るべし! 削るべし! 削るべし! 削るべし! 削るべし!






CIMG3250.jpg

いい加減指先の感覚がマヒしてきたころ、☝のレベルまで小型化するjことができました。

なんか元のパーツと比べると形状違いますが、もういいです。





とういうか、もう年内は切削作業はしたくありません!




CIMG3251.jpg

CIMG3256.jpg

CIMG3253.jpg
 
とりあえずスティレットに取り付けてみました。
少し大きいようですが、FAゼファーもここのところはけっこう大きさが目立つのでこれで
良しとすることにしました。



続いては背面の腰部ブースターですが、ここはスティレットにはFA、FA:Gともにこのパーツ
は存在しませんので……。

CIMG3239.jpg
 
はじめは☝のゼファーのパーツをそのまま取り付ける予定でしたが……賢明なる紳士淑女
の皆さんなら、もうこの後の展開はお分かりですよね?

CIMG3241.jpg
……やっぱりデカい……。











18514 - コピー
気分はこんなカンジです(泣)。


何故こうもオーバーサイズなのか?
パーツ取りに使ってしまい今となっては不可能ですが、FAゼファーを組み上げてスティレット
と比べてみたくなってきました。


とまあ、いつまでも愚痴っても仕方がないので今後の方針を検討していたのですが、
スティレットの腰にはFAの時にパーツをうまくデフォルメした武器の接続や固定ベース
に接続するパーツが付いていました。

CIMG3231.jpg
 
さすがに元のパーツを縮める作業はげっぷが出るほど堪能しましたので、今回はこれを
ベースにブースターをでっち上げることにしました。

CIMG3232.jpg
 
上のパーツをベースに使い、ジャンクとプラ板でそれっぽく見えるようにして。

CIMG3245.jpg

完成したものと元のパーツとの比較。
例によって元パーツと比べるとかなり形状違いますが、どうせこの後飛行ユニットのせい
でパーツは隠れてしまうのでコレで良しとしましょう(笑)。

CIMG3247.jpg

それにしても、最初は元のパーツがこれぐらいのサイズになるかな~などと思っていましたが
老眼の進行を差し引いても私の遠近感もかなりおかしくなっているようですね(汗)。

CIMG3248.jpg

フライングベースへの固定もしっかりできるようですし、今後の作業の際もこれなら安定性
はよさそうです。



今回の作業はこれにて終了ですが、ゼファーのパーツがここまでFAガールに流用ができない
とは予想外でした。



今後の作業もかなり難航しそうな予感がします。トホホ。

PageTop

FAガール「 ラピエール ゼファー」 ①

さてさて、前回の記事から早十日あまり過ぎました。
FA「 ラピエール ゼファー」のFAガール化、第一回目であります。


まずはベースに使うFA:Gスティレットとラピエール ゼファー(以下ゼファー)との相違点
をピックアップしてみました。

IMG1008.jpg
IMG1009.jpg

① 頭部のバイザー
② 両肩のアーマー(?)
③ 胸部アーマー
④ 両腕
⑤ 腰部アーマー
⑥ 両脚
⑦ 飛行ユニット
⑧ 腰部ブースター





え~と、スティレットの装甲……全部改造?


いや、薄々気づいてはいたんですが、改めて両者を見比べると細部がぜんぜん違う!

いきなり心が折れそうになりましたが、さすがにここで投げ出すのはあまりに情けない話です。
とりあえず一番形状が似ているように見える脚部の改造から始めます。

え~と、脚の違いは、と。

IMG1010.jpg

だ、だいじょうぶ、大丈夫ダヨ! 脚だけでたったの4ヶ所!

ふふ、両足込みだと8ヵ所か……トホホ。

と、初っ端から挫折感に苛まれながら作業を続け数日……。

CIMG3219.jpg
CIMG3220.jpg

とりあえず、こんな☝感じになりました。

膝はスティレットのパーツの上半分を撤去、ゼファーの物を形を整え接着。

ゼファーの爪先は先端が鋭角になっています。本来ならスティレットの爪先にエポパテでも
盛って削り出せばいいのでしょうが、私ではエッジをだすのは無理そうなので、素直にゼファー
の爪先を移植し形を整えました。

スティレットの踵は尾輪(?)ような形状をしていますがこれを取っ払い、ジャンクパーツと
プラ板を使いヒール状にしました。

ここまでの加工は比較的順調でしたが、困ったのが足首を覆う装甲、他の箇所同様ゼファー
のパーツをそのまま取り付けたのですが……。

CIMG3218.jpg

少し大きいようです。
このままでもいいのかもしれませんが、個人的にはFAガールの脚は足首に向って細くなって
いく方が全体のラインがきれいに見えるので、思い切って削ってみました。

CIMG3217.jpg

なるべく同じ形に削り出したつもりですが、なかなかうまくいかないものです。

CIMG3216.jpg
CIMG3213.jpg
 
ですが苦労甲斐あってか、かなり小型化でき、好みのラインになりました。

あっ、あと作業中気づいたのですが、スティレットとゼファーでは太腿の装甲の形が違って
いました。

CIMG3222.jpg

少し大きいですが、ここのパーツは少しボリュームがあったほうが太腿がムッチリと見える
と思い、ゼファーの装甲を多少加工し取り付けてみました。

CIMG3225.jpg

もくろみ通りにムチムチ感がでましたがスカートに思い切り干渉しています。
早くも可動に問題が出てきました……。

でもイイですよね、ムチムチしていたほうが(笑)。

CIMG3235.jpg
CIMG3237.jpg
CIMG3236.jpg

脚部の改造が比較的順調にいったので、勢いに乗って右足に続いて左足も仕上げました。

CIMG3223~1

この状態では、あまりスティレットとの差は分からないかもしれませんが、とりあえず脚部
の作業はこれにて終了です。

あっ、左足首の装甲がついてない……ま、いっか(笑)。







おほん!  さて、次はどこをいじりますか……。












PageTop