神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

かぶれました

ことの発端は、一年ほど前にぶらりと立ち寄った本屋で何気なく手に取った一冊の本
との出会いでした。


IMG_0010.jpg

NF文庫から出版されている『幻の航空母艦』。

私は子供のころから軍艦(とくに空母)の類が好きでしたが、それはほとんど日本海軍に限定
されており、米英の軍艦は直接日本と相対した勢力として多少知識があるといった稚拙なもの
でした。

とうぜんこの本も日本海軍の空母のことで、目新しい記事でもあるかな? といった軽い気持ち
で立ち読み(スミマセン)しはじめたのですが、日英米は当然として独仏ソ伊といった国々の保有
未完の空母が紹介されていました。

この中で特に興味を持ったのは、イタリアの空母。


え? イタリアって空母なんか持ってたんだ?


この本を読み終わった私の、素直な感想がコレでした(笑)。




そもそも、私の第二次世界大戦時のイタリアの知識というと、枢軸側として連合軍と戦ったといった
レベルであり「戦時中、イタリアを代表する陸海空の兵器は?」と問われても何ひとつ答えられな
いといったお粗末なレベル……。
件の空母は未完のためほとんど資料が無かったのですが、調べているうちにイタリアの軍艦その
ものに対する興味が湧いてくるものです。

ところがネットで調べてみると、イタリア海軍関係の雑誌は何種類か出版されているようですが、
ほとんど絶版(・・・)。
こうなれば直に探すしかないと、古書店巡りを決意。



向かった先は、古書のメッカ神保町!


事前に下調べをしたのですが、その店舗の多さに唖然とし、とりあえず三件ほどに絞り込んで
いざ出陣!

CIMG2558.jpg

まず一件目は『文華堂書店』。

ここは、知る人ぞ知る日本有数の軍事専門の古書店だそうで、店構えはそう大きくない
のですが店内に一歩足を踏み込んだとたん、天井スレスレまで置かれた古書の多さに
目を見張ってしまいました。
ただ困ったことに、棚に置かれたものはともかく、大人の太腿ぐらいまで無造作に古書
を積み上げるのはいかがなものかと……。
あれでは下の方の本まで目が届かないし、引っ張りだすのも不可能なような気がします。


とりあえず平積みされた本を崩さないように店内を物色し始めたんですが、ものの
数分もしないうちに、お宝ゲット!!

IMG.jpg

表題とおり、第二次大戦時に活躍したイタリア製軍艦の数々が掲載されています。
今回の遠征(?)で一番欲しかった本であり状態もかなり良く、ラッキーでした。

よぉ~し、幸先がいいぞ、これならもう一冊(?)ぐらい……と思ったのですが、
結果からいうと他の店では見つかりませんでした。

そうウマい展開には、ならないようです(苦笑)。

他には目的の本もないようなので、店を後にしたのですが外に文庫本のコーナー
があり、ふと目をやると思いがけない一冊が!

IMG_0012.jpg

本書は南太平洋海戦からマリアナ沖海戦までの戦いを著者の一人であり第2航空
戦隊の参謀を長年勤めた奥宮正武氏の回想をまじえ詳細に書き綴られた一冊です。
私はこの本を読み、『隼鷹』と『飛鷹』とういう空母を知りました。
外出先でうっかり紛失してずいぶんとたちますが、こんなところで再開できるとは
思いもしませんでした。

さて、気を良くして次におとずれたのは『菅村書店』です。

CIMG2557.jpg

CIMG2556.jpg

店内に置かれあた古書は文華堂と比べると比較的最近のものが多いようですが、
驚いたのは本の扱いです。
ほとんどの本がビニールでラッピングされており、世界の艦船などはバックナンバー
順にきれいに並べられていました。
その整然とした店内は、とても古書を扱う店とは思えないほどです。

残念なことに、お目当てのブツは見当たらなかったためお暇しましたが、次に来た
ときには、もう少しゆっくりと他の本を見てみたかったです。

さて、予定していた最後の店です。

CIMG2553.jpg


『軍学堂』

前に訪れた二件に比べると、ミリタリー関係一色と分かる店名です。
品ぞろえも『文華堂』と『菅村書店』を足して二で割ったように多種にわたっていました。

ここで手に入れたのは、

IMG_0004.jpg

IMG_0003 - コピー

『欧州海戦史』四刊と五刊です。

見た目通り同人誌なのですが、タイトルにあるように欧州での海戦が事細かに解説されています。
資料性も高いのですが、本文中のところどころにこれらの戦いに参加した軍艦が紹介されていま
おり、また艦艇のディテールアップの記事も多数掲載されており、非常に読みごたえがありました。
惜しむらくはこれらの写真が白黒だったこと、この完成度の高さを是非カラーで見たかったです。

続いてはコレ、

IMG_0002.jpg

本文は30ページにも満たないですが、イタリアを代表する戦艦『リットリオ』の書籍です。
タイトル通り、リットリオの主砲や高角砲、はては機銃にいたるまで詳細な図面つきで
紹介されています。
ちなみにこの本、厚みが2ミリほどしかなく、背表紙に書かれたタイトルも極小でした。
よく棚に並べられた本からコレをみつけられたものです。

よほど『イタリア』に飢えていたようです(笑)。

予定では時間があれば他の店も……と考えていたのですが、、案の定これらの書店に
たどりつくのに散々迷い体力の限界(下調べはしておいたのですが……)それなりの収穫
もあったので、今回はこれで神保町を後にしました。


余談なのですが今回の古書店巡り、ルートの途中にもう長い間通い続けていたミニチュア
ゲーム専門店がありました。

CIMG2555.jpg

この十年、どこを見て歩いていたのやら(笑)。



ともあれ、いまだイタリア軍関係の書籍や模型は少しずつ増えつつあります。
機会があればまた紹介したいと思います(需要は無さそうですが……)。



最後になりましたが、今回私をイタリアかぶれへと導いてくれた一隻の幻の
空母。
艦船模型など、それこそン十年ぶりですが、現在彼女の製作も少しずつ進めて
いるところです。

CIMG2380.jpg












スポンサーサイト

PageTop

ちょっと野暮用がありまして……

そ~、…………。

お、お久しぶりでございます。
そろそろみなさんの記憶の彼方に葬られた頃でございましょうか? 忘却の男、シロでございます。

タイトルにも書きましたが、実は最近、とあることにチャレンジしており、すっかりブログの更新をさぼっておりました。

そちらの用が済んでからブログの再開を、と思ってましたが、このままだと年内一杯ぐらいかかりそうなので少々予定を変更することにしました。

まったく更新の無い、こんなブログを辛抱強く見に来て下さっている方に申し訳ないですからね(汗)。

といっても、ネタ自体ほとんどないので、少し書き溜めてある神姫SSの掲載ぐらいしかできませんが……。

今取り組んでいることが終われば、そちらもこのブログで発表する予定です。
最近は文字ばかりの内容ですが、もうしばらくお付き合いください。



閑話休題。

いや~熱いですねぇ、『ガンダムビルドファイターズトライ』!

設定も変わったのもそうですが、実はトライのキャラがあまり私の好みではなかったため正直不安でしたが、そんなモノは第1話を観て吹き飛んでしまいました。

いや~、みんな生き生きとして、じつにイイ感じですね。

それにしても、1話を観ていて格闘技一筋に生きてきた少年、カミキ・セカイがどうやってビルドバーニングガンダムを製作するか楽しみにしてたんですがね。

優勝トロフィーの底がガパッと開き☞中からドムが出てきて☞さらにその中からビルドバーニングガンダム出てくる!

まさか、こんな風に主人公とガンプラが出会うことになるとは夢にも思いませんでしたよ(笑)。

最初は「え~、こんなのご都合主義的じゃねぇの?」と思ったんですが、よく考えてみると、ビルドバーニングガンダムってセカイ専用に用意されていた物ではなく、セイがレイジと再開を果たした時のためにレイジ専用機として作ったガンプラだったんですかね?

それなら格闘主体となっているのも頷けます(じっさい、レイジも『ファイターズ』終盤では、拳ひとつで戦ってますしね)。


まあ、何はともあれ『ガンダムビルドファイターズトライ』、これからも目が離せそうにありません。

今取り組んでいることも、ますますモチベーションがUPしそうです(笑)。

PageTop

いまさらですが謹賀新年! そして…










































































ページファイル

シロ「賀正ぉおおおおおおおおおんっ!」

CIMG1670 - コピー

マルガリータ『寒いっ!』

シロ「おご!? な、何すんだよ、いきなり」

マルガリータ『それはこっちのセリフ! 何よ、その氷河期級の寒いギャグは?』

アリシア『マ、マリーちゃん、わたしもう意識が……』

マルガリータ『あ!? こらアリシア、寝るんじゃない! ここで寝たら死ぬわよ?』

シロ「失礼な奴らだなぁ、人の渾身のギャグを……正月と言えばコレだろ?」

マルガリータ『どこがよ!』

シロ「チッ、うるさいなぁ………………よし! これならどうだ?」

CIMG1672.jpg

シロ「これが今の私にできる精一杯の、お・も・て・な・し♡」

マルガリータ『やめいっ!』

アリシア『ううっ、もうこんなマスターやだ……』

シロ「なぜ、そこで泣く?」

マルガリータ『あたしだって泣きたい気分よ!』


CIMG1673.jpg

シロ「う~ん、ならば……家中の正月グッズをかき集めてみたぞ。これならどうだ?」

マルガリータ『いや、そもそも今日は1月8日だし、いまさらそんなことしてもね…』

シロ「……だな」

アリシア『でも、ようやくいつもの(変な)マスターにもどりましたね』

マルガリータ『ホント、お正月も三が日ぐらいまでは死にかけてたもんね?』

シロ「確かに……今回の夜勤はさすがに答えたな。まあ、なんとかそれ以降は復活したが」

アリシア『でも、それならどうして今日までブログの更新しなかったんですか?』

シロ「復活とはいってもまだ体が本調子じゃなかったのもあるが、じつは今日1月8日は特別な日なんだ」

マル&アリ『?』

シロ「そう……」

CIMG1452.jpg

シロ「本日、当ブログ「神姫者の巣」は二周年を迎えたんだよ~ん」

マルガリータ『ふぅん、そうなんだ?』

シロ「なんだ、その妙に淡泊なリアクションは?」

アリシア『……あの底辺ブログが消滅して、今日で二年の月日が流れたんですね』

CIMG1675.jpg

シロ「勝手に無きモノにするな!」

マルガリータ『……あんたも去年「一周忌」とか言ってなかったけ?』

シロ「いや~、思い起こせばこの二年間、いろんなことがあったなぁ」

マル&アリ『ごまかすな!』

シロ「ま、まあ去年の暮はほとんど更新できなかったからな」

マルガリータ『そうね、も少しがんばらないと、閑古鳥もこなくなっちゃうわよ?』

シロ「あはは、が、がんばります(汗)」












さて、みなさまお久しぶりでございます。地獄の夜勤も終わり、ようやく復活いたしました。

いや~、何とか乗り切りましたが、夜勤最後の一週間で深刻な不眠症にかかってしまい、かなりキツイ日々を送っておりました……。
とはいえ、現在はなんとか復活! 十二月にほとんど更新できませんでしたので今年はバリバリ更新します。
まあ、SSは年内完結を目指したいですね(あくまで予定ですが(笑))。


さて、ある程度復調しながらもブログの更新を控えていたのは、今日という日に合わせるためでした。

飽きっぽい性格ですが、なんとかこのブログも二年間続けることができました。
これもひとえに当ブログを訪れてくれたみなさんのおかげです。
みなさんからいただいた拍手やコメントに、どれだけ励まされたことか……。
あまり人に誇れるところのないブログですが、よろしければ、また今年一年お付き合いいただければと思います。





それでは……。

CIMG1680.jpg

一同『今年も、「神姫者の巣」をよろしく!』












PageTop

ふふ、あと13日DEATH!

え~、最近めっきりと寒くなってきましたが、みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

おひさしぶりでございます。シロで……。


え? 「お前、誰だ?」ですって?


…………










                オレだよ! オレオレッ!!








え~、わたくしの今の心境を、某悪質な犯罪風に表現してみました。

いや、ホントおひさしぶりです。


先月の後半からはじまった夜間勤務ですが、現在も継続中だったりします。
夜勤の話を持ちかけられたとき、去年はかなり楽でしたので軽い気持ちで引き受けたのですが考えが甘かった。

とにかくハード、嫌になるぐらいハードな日々を満喫しております(泣)。

おかげさまで、今月に入ってからはろくにPCの電源を入れる暇もない始末。


こんな状況ですので、年内の更新頻度はかなり落ちると思います。
ストックはあるので、機会をみてSSだけでもUPしたいと考えてるんですが……。


なんか愚痴っぽい記事になってしまいましたが、とりあえず生存報告ということでお許しを(汗)。



それにしても……。







あ~、他の武装紳士さんたちのブログを見にいきてーッ!!




※追記 なんかこの記事書いた直後に、無性にブログ巡りがしたくなり一部の(さすがに全部は無理でしたが)武装紳士さんのブログをひさしぶりにのぞいてきました。

非常に満たされた時間でしたが、はっと気づくと日付が変わってまスた……。





ふふ、でも後悔はしない!

PageTop

初体験……

ようやく灼熱地獄も終わり、少しは過ごしやすくなってきましたねぇ。
でも、明け方は少し寒いですが……。

最近の私のライフワークですが、やはりSSがメインになっております。
まあ、まったく筆が進まないよりはマシなんでしょうが、立体モノの方はまるで手つかず。この手の作業はマルガリータのプチ改修がいまのところ最後です。

ひさしぶりに神姫の改造を、と思いましたが肝心のネタが思い浮かばないありさま(汗)。
しかたないので、リハビリ代わりにここ数日プチ製作にとりかかっていました。

CIMG1384.jpg

☝の品は、AK-GARDENで購入しました「火炎放射器」です。例の安心病がでてしまい、しまい込んだままになってましたが今回めでたく製作と相成りました。

とはいえ、じつは私、ガレージキットに挑戦するのってこれが初めてだったりします。さてさて、どうなりますことやら……。

さぁて、ガレキといえば全身をくまなく覆っている離型剤を落とさねばなりません。まずはここから取り掛かりますか。
一般的には水(お湯だっけ?)に中性洗剤を入れたものの中にガレキを放り込み、離型剤を落とさにゃなりませんが、じつは我が家には☟のようなものがあります。

CIMG1310.jpg

パンパカパ~ン!

「離型剤落としぃ~~~~~!!」(ド〇え〇ん風に)

水in中性洗剤につけこんだガレキは、歯ブラシなどでよく擦って離型剤を落とさにゃならんそうですが、☝のブツは、
な、なんと! 漬け込んでおくだけで離型剤が落ちるそうなんですよ、奥さん!

最近、息をするのもおっくうになってきた横着者の私としては、こんな便利なアイテムを使わない手は……え? 「なんでガレキ作るの初めてのヤツが、こんなモノ持ってるんだ?」ですって?

フッ、私の部屋には、いつ使うとも分からないこの手の品が、数多く押入れに眠っているのDEATH!
まあ、備えあれば憂いなしと言いますしね(そして大半のブツは、一生日の目を見ることもなく押入れの中で余生を送るわけですが……)。

おっと、また話が脱線してしまいました。それでは作業の続きを……。

CIMG1311.jpg

組み立て図とにらめっこしながら本体を組み立て、まずは離型剤落としにブツを漬け込み、待つこと五分。
その間、オリンピック開催における日本経済の活性化について熟考するもよし! はなをほじりながらボォ~っと天井を見上げているのもまたよし!!
あっという間に五分が過ぎ、作業終了です(ら、楽だ!)。

パーツを引き上げ自然乾燥させます。瞬く間に乾いたので続いて塗装を、と思ったのですが、いきなりペイントするより念のためにサフ吹きしたほうがいいと思い直し、さっそくビャアーっと吹きました。


……が、ここで恐るべき事態が!

サ、サーフェイサーが弾かれるゥゥゥウウウッ!?

ホ、ホアイ!? 一部分だけなのですが、まるでIフィールドに弾かれるビーム兵器のようにサフがのりません。
う~ん、やっぱりこれってブラシで擦らなきゃだめなの? でも、漬け込むだけでいいって書いてあったんだけどなあ……。

しばらく呆然としてましたが、二つの対策が脳裏に浮かびました。

① 泣く泣くサフを落とし、漬け込み作業からやりなおす。

② メンドクセーッ! このまま強引に塗装に入る。

とうぜん思慮深い私としては②以外に選択肢はありません!

愛用のシタデルカラーなら隠ぺい力も高いしなんとからなるべ、と思い作業再開。
でも、多少は塗料はのりますがやっぱり弾かれます。しかしここであきらめても仕方がないので塗っては乾かし、塗っては乾かすを繰り返しなんとか下地塗りを終えました。

あ~、疲れた。楽したかったのにこんなに苦労するなんて……ホント、人生ってままならないですねぇ。
ま、気落ちしてても仕方がないし、続きといきますか!

とはいえ、続きといってもあとは本体の塗装だけですがね(笑)。
パケ絵どおりというのも面白みに欠けるような気がしたので色を変えてみました。
自分の中では、この手の武器って使い古しというイメージがあったので、シルバーをベースに少々汚しを加えてみたんですが……。

CIMG1383.jpg

……うん、キタネェだけだな、こりゃ!!

パケ絵どおりに塗れば良かった! 激しい後悔の念に苛まれますが、塗りなおす気も更々ないですし、このままいくことにします(笑)。

それにしても、生まれて初めて作ったガレキが火炎放射器って、どんなもんなんでしょう?

まあ、考えてもむなしくなるだけですし、塗装のせいで出来はイマイチですがせっかく作ったんですからさっそく実装してもらいましょう。

CIMG1452.jpg

シロ「では武装神姫、マルガリータさんの登場です。張り切ってどうぞ!」

CIMG1447.jpg

マルガリータ『………………』

シロ「おお、グレイトだぞマルガリータ! 今のオマエは、まさに戦いの女神!!」

マルガリータ『………………』

CIMG1449.jpg

シロ「ん? どうした、さっきから黙り込んで?」

マルガリータ『……なんか最近、あたしのあつかい悪くない?』

シロ「そんことはないぞ、その火炎放射器だってお前にピッタリだ」

マルガリータ『あたしに似合うっていうならアリシアにやらせればいいでしょう! あの娘だってあたしと同型機じゃない(射撃専門だけど)!』

シロ「あいつは無理だ」

マルガリータ『何でよ?』

シロ「あのヤロー、オレが楽しみにとっておいたガリガリ君(コーンポタージュ味)を盗み食いして、いま腹を壊して寝込んでるからな! きっとバチがあたったんだろう」

マルガリータ『……バチ以前に味に問題があるんじゃない? アレって……』

シロ「いいや、ぜったいバチだ! それよりホレ、せっかくだからもっとポーズとかとってみ?」

マルガリータ『やーよ、こんなダッサイ武器。それより、もっとおしゃれなやつはないの?』

シロ「何を言うんだスイート・ハート? これほどお前の「凶暴性」や「猛々しさ」を体現した武器は他にないぞ」

CIMG1453.jpg

マルガリータ『黙って聞いてれば好き勝手言ってんじゃないわよ! ……あれ? あれ?』

シロ「ん~、どうかしたのかい、マルガリータくん?」

CIMG1455.jpg

マルガリータ『何で炎がでないの? あっ、あんた燃料を抜き取ったのね?』

シロ「ふっ、このオレがそんな姑息な手を使うわけあるまい?」

マルガリータ『じゃあ、何で炎がでないのよ!』

シロ「それはだな……たんに炎のエフェクトがないからなんで~す。 や~い、ひっかかってやんの~」

CIMG1458.jpg

マルガリータ『ふざけんな、コンチクショ─────ッ!!』

シロ「げほっ!?」



                       <劇終>

PageTop