神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ちょっと野暮用がありまして……

そ~、…………。

お、お久しぶりでございます。
そろそろみなさんの記憶の彼方に葬られた頃でございましょうか? 忘却の男、シロでございます。

タイトルにも書きましたが、実は最近、とあることにチャレンジしており、すっかりブログの更新をさぼっておりました。

そちらの用が済んでからブログの再開を、と思ってましたが、このままだと年内一杯ぐらいかかりそうなので少々予定を変更することにしました。

まったく更新の無い、こんなブログを辛抱強く見に来て下さっている方に申し訳ないですからね(汗)。

といっても、ネタ自体ほとんどないので、少し書き溜めてある神姫SSの掲載ぐらいしかできませんが……。

今取り組んでいることが終われば、そちらもこのブログで発表する予定です。
最近は文字ばかりの内容ですが、もうしばらくお付き合いください。



閑話休題。

いや~熱いですねぇ、『ガンダムビルドファイターズトライ』!

設定も変わったのもそうですが、実はトライのキャラがあまり私の好みではなかったため正直不安でしたが、そんなモノは第1話を観て吹き飛んでしまいました。

いや~、みんな生き生きとして、じつにイイ感じですね。

それにしても、1話を観ていて格闘技一筋に生きてきた少年、カミキ・セカイがどうやってビルドバーニングガンダムを製作するか楽しみにしてたんですがね。

優勝トロフィーの底がガパッと開き☞中からドムが出てきて☞さらにその中からビルドバーニングガンダム出てくる!

まさか、こんな風に主人公とガンプラが出会うことになるとは夢にも思いませんでしたよ(笑)。

最初は「え~、こんなのご都合主義的じゃねぇの?」と思ったんですが、よく考えてみると、ビルドバーニングガンダムってセカイ専用に用意されていた物ではなく、セイがレイジと再開を果たした時のためにレイジ専用機として作ったガンプラだったんですかね?

それなら格闘主体となっているのも頷けます(じっさい、レイジも『ファイターズ』終盤では、拳ひとつで戦ってますしね)。


まあ、何はともあれ『ガンダムビルドファイターズトライ』、これからも目が離せそうにありません。

今取り組んでいることも、ますますモチベーションがUPしそうです(笑)。

スポンサーサイト

PageTop

いまさらですが謹賀新年! そして…










































































ページファイル

シロ「賀正ぉおおおおおおおおおんっ!」

CIMG1670 - コピー

マルガリータ『寒いっ!』

シロ「おご!? な、何すんだよ、いきなり」

マルガリータ『それはこっちのセリフ! 何よ、その氷河期級の寒いギャグは?』

アリシア『マ、マリーちゃん、わたしもう意識が……』

マルガリータ『あ!? こらアリシア、寝るんじゃない! ここで寝たら死ぬわよ?』

シロ「失礼な奴らだなぁ、人の渾身のギャグを……正月と言えばコレだろ?」

マルガリータ『どこがよ!』

シロ「チッ、うるさいなぁ………………よし! これならどうだ?」

CIMG1672.jpg

シロ「これが今の私にできる精一杯の、お・も・て・な・し♡」

マルガリータ『やめいっ!』

アリシア『ううっ、もうこんなマスターやだ……』

シロ「なぜ、そこで泣く?」

マルガリータ『あたしだって泣きたい気分よ!』


CIMG1673.jpg

シロ「う~ん、ならば……家中の正月グッズをかき集めてみたぞ。これならどうだ?」

マルガリータ『いや、そもそも今日は1月8日だし、いまさらそんなことしてもね…』

シロ「……だな」

アリシア『でも、ようやくいつもの(変な)マスターにもどりましたね』

マルガリータ『ホント、お正月も三が日ぐらいまでは死にかけてたもんね?』

シロ「確かに……今回の夜勤はさすがに答えたな。まあ、なんとかそれ以降は復活したが」

アリシア『でも、それならどうして今日までブログの更新しなかったんですか?』

シロ「復活とはいってもまだ体が本調子じゃなかったのもあるが、じつは今日1月8日は特別な日なんだ」

マル&アリ『?』

シロ「そう……」

CIMG1452.jpg

シロ「本日、当ブログ「神姫者の巣」は二周年を迎えたんだよ~ん」

マルガリータ『ふぅん、そうなんだ?』

シロ「なんだ、その妙に淡泊なリアクションは?」

アリシア『……あの底辺ブログが消滅して、今日で二年の月日が流れたんですね』

CIMG1675.jpg

シロ「勝手に無きモノにするな!」

マルガリータ『……あんたも去年「一周忌」とか言ってなかったけ?』

シロ「いや~、思い起こせばこの二年間、いろんなことがあったなぁ」

マル&アリ『ごまかすな!』

シロ「ま、まあ去年の暮はほとんど更新できなかったからな」

マルガリータ『そうね、も少しがんばらないと、閑古鳥もこなくなっちゃうわよ?』

シロ「あはは、が、がんばります(汗)」












さて、みなさまお久しぶりでございます。地獄の夜勤も終わり、ようやく復活いたしました。

いや~、何とか乗り切りましたが、夜勤最後の一週間で深刻な不眠症にかかってしまい、かなりキツイ日々を送っておりました……。
とはいえ、現在はなんとか復活! 十二月にほとんど更新できませんでしたので今年はバリバリ更新します。
まあ、SSは年内完結を目指したいですね(あくまで予定ですが(笑))。


さて、ある程度復調しながらもブログの更新を控えていたのは、今日という日に合わせるためでした。

飽きっぽい性格ですが、なんとかこのブログも二年間続けることができました。
これもひとえに当ブログを訪れてくれたみなさんのおかげです。
みなさんからいただいた拍手やコメントに、どれだけ励まされたことか……。
あまり人に誇れるところのないブログですが、よろしければ、また今年一年お付き合いいただければと思います。





それでは……。

CIMG1680.jpg

一同『今年も、「神姫者の巣」をよろしく!』












PageTop

ふふ、あと13日DEATH!

え~、最近めっきりと寒くなってきましたが、みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

おひさしぶりでございます。シロで……。


え? 「お前、誰だ?」ですって?


…………










                オレだよ! オレオレッ!!








え~、わたくしの今の心境を、某悪質な犯罪風に表現してみました。

いや、ホントおひさしぶりです。


先月の後半からはじまった夜間勤務ですが、現在も継続中だったりします。
夜勤の話を持ちかけられたとき、去年はかなり楽でしたので軽い気持ちで引き受けたのですが考えが甘かった。

とにかくハード、嫌になるぐらいハードな日々を満喫しております(泣)。

おかげさまで、今月に入ってからはろくにPCの電源を入れる暇もない始末。


こんな状況ですので、年内の更新頻度はかなり落ちると思います。
ストックはあるので、機会をみてSSだけでもUPしたいと考えてるんですが……。


なんか愚痴っぽい記事になってしまいましたが、とりあえず生存報告ということでお許しを(汗)。



それにしても……。







あ~、他の武装紳士さんたちのブログを見にいきてーッ!!




※追記 なんかこの記事書いた直後に、無性にブログ巡りがしたくなり一部の(さすがに全部は無理でしたが)武装紳士さんのブログをひさしぶりにのぞいてきました。

非常に満たされた時間でしたが、はっと気づくと日付が変わってまスた……。





ふふ、でも後悔はしない!

PageTop

初体験……

ようやく灼熱地獄も終わり、少しは過ごしやすくなってきましたねぇ。
でも、明け方は少し寒いですが……。

最近の私のライフワークですが、やはりSSがメインになっております。
まあ、まったく筆が進まないよりはマシなんでしょうが、立体モノの方はまるで手つかず。この手の作業はマルガリータのプチ改修がいまのところ最後です。

ひさしぶりに神姫の改造を、と思いましたが肝心のネタが思い浮かばないありさま(汗)。
しかたないので、リハビリ代わりにここ数日プチ製作にとりかかっていました。

CIMG1384.jpg

☝の品は、AK-GARDENで購入しました「火炎放射器」です。例の安心病がでてしまい、しまい込んだままになってましたが今回めでたく製作と相成りました。

とはいえ、じつは私、ガレージキットに挑戦するのってこれが初めてだったりします。さてさて、どうなりますことやら……。

さぁて、ガレキといえば全身をくまなく覆っている離型剤を落とさねばなりません。まずはここから取り掛かりますか。
一般的には水(お湯だっけ?)に中性洗剤を入れたものの中にガレキを放り込み、離型剤を落とさにゃなりませんが、じつは我が家には☟のようなものがあります。

CIMG1310.jpg

パンパカパ~ン!

「離型剤落としぃ~~~~~!!」(ド〇え〇ん風に)

水in中性洗剤につけこんだガレキは、歯ブラシなどでよく擦って離型剤を落とさにゃならんそうですが、☝のブツは、
な、なんと! 漬け込んでおくだけで離型剤が落ちるそうなんですよ、奥さん!

最近、息をするのもおっくうになってきた横着者の私としては、こんな便利なアイテムを使わない手は……え? 「なんでガレキ作るの初めてのヤツが、こんなモノ持ってるんだ?」ですって?

フッ、私の部屋には、いつ使うとも分からないこの手の品が、数多く押入れに眠っているのDEATH!
まあ、備えあれば憂いなしと言いますしね(そして大半のブツは、一生日の目を見ることもなく押入れの中で余生を送るわけですが……)。

おっと、また話が脱線してしまいました。それでは作業の続きを……。

CIMG1311.jpg

組み立て図とにらめっこしながら本体を組み立て、まずは離型剤落としにブツを漬け込み、待つこと五分。
その間、オリンピック開催における日本経済の活性化について熟考するもよし! はなをほじりながらボォ~っと天井を見上げているのもまたよし!!
あっという間に五分が過ぎ、作業終了です(ら、楽だ!)。

パーツを引き上げ自然乾燥させます。瞬く間に乾いたので続いて塗装を、と思ったのですが、いきなりペイントするより念のためにサフ吹きしたほうがいいと思い直し、さっそくビャアーっと吹きました。


……が、ここで恐るべき事態が!

サ、サーフェイサーが弾かれるゥゥゥウウウッ!?

ホ、ホアイ!? 一部分だけなのですが、まるでIフィールドに弾かれるビーム兵器のようにサフがのりません。
う~ん、やっぱりこれってブラシで擦らなきゃだめなの? でも、漬け込むだけでいいって書いてあったんだけどなあ……。

しばらく呆然としてましたが、二つの対策が脳裏に浮かびました。

① 泣く泣くサフを落とし、漬け込み作業からやりなおす。

② メンドクセーッ! このまま強引に塗装に入る。

とうぜん思慮深い私としては②以外に選択肢はありません!

愛用のシタデルカラーなら隠ぺい力も高いしなんとからなるべ、と思い作業再開。
でも、多少は塗料はのりますがやっぱり弾かれます。しかしここであきらめても仕方がないので塗っては乾かし、塗っては乾かすを繰り返しなんとか下地塗りを終えました。

あ~、疲れた。楽したかったのにこんなに苦労するなんて……ホント、人生ってままならないですねぇ。
ま、気落ちしてても仕方がないし、続きといきますか!

とはいえ、続きといってもあとは本体の塗装だけですがね(笑)。
パケ絵どおりというのも面白みに欠けるような気がしたので色を変えてみました。
自分の中では、この手の武器って使い古しというイメージがあったので、シルバーをベースに少々汚しを加えてみたんですが……。

CIMG1383.jpg

……うん、キタネェだけだな、こりゃ!!

パケ絵どおりに塗れば良かった! 激しい後悔の念に苛まれますが、塗りなおす気も更々ないですし、このままいくことにします(笑)。

それにしても、生まれて初めて作ったガレキが火炎放射器って、どんなもんなんでしょう?

まあ、考えてもむなしくなるだけですし、塗装のせいで出来はイマイチですがせっかく作ったんですからさっそく実装してもらいましょう。

CIMG1452.jpg

シロ「では武装神姫、マルガリータさんの登場です。張り切ってどうぞ!」

CIMG1447.jpg

マルガリータ『………………』

シロ「おお、グレイトだぞマルガリータ! 今のオマエは、まさに戦いの女神!!」

マルガリータ『………………』

CIMG1449.jpg

シロ「ん? どうした、さっきから黙り込んで?」

マルガリータ『……なんか最近、あたしのあつかい悪くない?』

シロ「そんことはないぞ、その火炎放射器だってお前にピッタリだ」

マルガリータ『あたしに似合うっていうならアリシアにやらせればいいでしょう! あの娘だってあたしと同型機じゃない(射撃専門だけど)!』

シロ「あいつは無理だ」

マルガリータ『何でよ?』

シロ「あのヤロー、オレが楽しみにとっておいたガリガリ君(コーンポタージュ味)を盗み食いして、いま腹を壊して寝込んでるからな! きっとバチがあたったんだろう」

マルガリータ『……バチ以前に味に問題があるんじゃない? アレって……』

シロ「いいや、ぜったいバチだ! それよりホレ、せっかくだからもっとポーズとかとってみ?」

マルガリータ『やーよ、こんなダッサイ武器。それより、もっとおしゃれなやつはないの?』

シロ「何を言うんだスイート・ハート? これほどお前の「凶暴性」や「猛々しさ」を体現した武器は他にないぞ」

CIMG1453.jpg

マルガリータ『黙って聞いてれば好き勝手言ってんじゃないわよ! ……あれ? あれ?』

シロ「ん~、どうかしたのかい、マルガリータくん?」

CIMG1455.jpg

マルガリータ『何で炎がでないの? あっ、あんた燃料を抜き取ったのね?』

シロ「ふっ、このオレがそんな姑息な手を使うわけあるまい?」

マルガリータ『じゃあ、何で炎がでないのよ!』

シロ「それはだな……たんに炎のエフェクトがないからなんで~す。 や~い、ひっかかってやんの~」

CIMG1458.jpg

マルガリータ『ふざけんな、コンチクショ─────ッ!!』

シロ「げほっ!?」



                       <劇終>

PageTop

パソコン!? いいえ、“メモ帳”です

需要とは反比例に、なんかSSの筆の運びが異常に進んでいる男、シロでございます

SSを書きながらフと思ったのですが、web上でこういった小説を発表している人たちって、やはりパソコンに直接書き込んでいるんでしょうか?

じつは私は、パソコンを前にするとほとんど筆が進まないタイプだったりします。
「わんだふる神姫ライフ」を書きはじめたころは、ノートを持参してわざわざファーストフードや喫茶店でコツコツと執筆を続けていました。
ところがこのやり方だと、けっきょくパソコンに打ち直さなければならず二度手間以外のなにものでもありません。しかも、わたしは極度の悪筆のため後日読み直してみても書いた本人が判読不能という有様です(汗)。

このままではアカン! と一念発起し、いろいろ調べてみた結果ようやく出会ったのが☟のブツでした。

CIMG1492.jpg


         KING JIM製 デジタルメモ「ポメラ」です。

ポメラとは、今回の記事のタイトルにもしましたが、「パソコン!? いいえ、“メモ帳”です」のキャッチコピーが示す通り、「手軽に書く」という一機能にのみ特化したデジタルメモ帳ともいえる代物です。

画像では、ただの箱にみえますが……。

CIMG1493.jpg

まず蓋を持ち上げ……。

CIMG1495.jpg

たたまれた状態になっているキーボードをスライドさせると……。

CIMG1494.jpg

あっという間に完成です。
マルガリータと比較してもらえば分かりますが、かなりコンパクトな作りです。

さいしょは操作法がよくわからずとまどいましたが、いまでは「コレがないと、もうSS書けない!」というぐらい大事な存在です。

ところがひんぱんに使っていたためでしょうか、壊れましたよ、愛用のポメラが……。

CIMG1496 - コピー (2)

ちょっと見ずらいかもしれませんが、赤線で囲ったところ……。

CIMG1496 - コピー

キーボードのヒンジの部分がへし折れました(なんかホコリだらけの画像でスミマセン。よく拭いたつもりだったんですが……)。
構造上、いつかはやるだろうと思ってましたが、じっさいこうなると凹みます。

まあ、このままでも使えないことはないんですが、キーを押すとしっかり固定されてないもんで変な反動があるんですよね。しばらく我慢してたんですが、どうにも慣れない。
けっきょく、後々のためを考えて、先日ヨ〇バ〇カ〇ラで買ってまいりました。

CIMG1498.jpg

            同じ型の「ポメラ DM20」を!!

いや、まあ、新しいタイプも出てたんですが、こっちの方が使い慣れてますしねぇ。

CIMG1499.jpg

とりあえず、これで古い方がいつお亡くなりになっても問題なし(笑)。



それにしても、自分としてはポメラってかなりマイナーな存在だと思っていたんですが、先日武装神姫の大家、黒猫さんのブログでもポメラの記事が載っており驚きました。
黒猫さんがポメラを使ってSSを書いているというのも驚きでしたが、「自分も持っている」、「写真を見て、これは知っている」等のコメントがあり、意外と認知度高かったのか、とポメラをちょっぴり見直しました(笑)。

CIMG1500.jpg

今後、小説を書いてみたいと思う方がいたら、この「DM20」はお勧めですね。
変換機能に若干難ありですが、基本的にはコレ一台で充分だと思います。
新機種が出たためか、かなりお値段も値引きされてますしね(わ、私が初めて買ったときは……ギギギ!)。


さ~て、それではそろそろSSの方の作業に戻りたいと思います。


では!



あっ、ちなみにSSの方は現在こんなカンジです☟。

CIMG1497 - コピー


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。