神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

ボクたち ビルドファイターズ③ 「紅夜叉」

やれやれ、また我がブログのトップを広告で飾ってしまいましたか……。
せめて月一ぐらいで更新しないとダメですね(嘆息)。



さて、気をとり直して今回紹介いたしますは、オリジナルガンプラです。

CIMG2316 - コピー

CIMG2849 - コピー


機体名は、「紅夜叉」です!

某所での連載は思い切り途絶えてますが、かってにアフターストーリーに出てくる
ガンプラだけは製作してたりします(汗)。

外見はSDタイプですが高出力を誇り、圧倒的な力でフィールド内のガンプラを殲滅
します。

CIMG2815 - コピー

重装甲ゆえに動きは鈍重ですが、右腕のバイスクロー、左腕の大型ガトリング砲、
両肩のミサイルポッド、背部の高出力ビームキャノン等を搭載しているため、距離
をおいての砲撃戦でも対戦相手を圧倒します。

CIMG2853 - コピー

CIMG2852 - コピー

CIMG2820 - コピー

CIMG2854 - コピー


立ち位置的には中ボスクラスの機体であり、ビルダーであるミドウ・トモエが子供
のころに恐れていた『鬼』をモチーフに紅夜叉を制作しました。

CIMG2844 - コピー

CIMG2823 - コピー

ミドウ・トモエは自らの研究のためにこのガンプラ作りましたが、同時にガンプラ
バトルそのものに深い憎しみを抱いており、紅夜叉を使いデータ収集と称して
破壊の限りをつくします。




とまあ、以上が紅夜叉の脳内設定の一部なのですが……本編がまるで進んで
いないのに設定だけ垂れ流されても困りますよね(苦笑)。


ちなみにこの紅夜叉、見かけはSDタイプですがG-セルフの『アサルトパック』
や『ナイチンゲール』のパーツを使って組み上げているため、けっこうデカい
です。

CIMG2321 - コピー

以前紹介した『ガンダムエクシアHQ』と並べてみると、そのサイズが分かる
と思います(笑)。

CIMG2315 - コピー

CIMG2848 - コピー


リアルさを追及したMSの製作は苦手なのですが、『ビルドファイターズ』という
作品の世界観なら、こういったメチャクチャなMSも許されるので、私は同作や
そのシリーズが大好きですね。


では!

スポンサーサイト

PageTop

くすぶってきた

……そ~っと……。


うん、間違いない、自分のブログだ(笑)。

前回の記事から2年以上経過してますか……どうりでブログの操作法をすっかり忘れているはずだ(汗)。

おひさしぶりの投稿です。

武装神姫に対する情熱の減退とともに、ここしばらくは、なんとな~く時を過ごしていた毎日です
が、撮り貯めしていてほったらかしにしていた『鉄血のオルフェンズ』第2期を一気に視聴し、
最近放送され始めた『フレームアームズ・ガール』を見はじめて、創作意欲が再びくすぶって
まいりました。
とはいえ、上記2作品のプラモもほとんど購入しておらず、また時間の関係から製作そのものも
しておりません(笑)。

だが『ガンダムビルドファイターズ』の新作発表の告知が発表!
しかも、登場人物は1作目のキャラたち!!
これでテンションが上がらぬハズがない!!!

とはいえ、オルフェンズもFA:Gも肝心のプラモが手元にないので、とりあえずコツコツと作って
いたガンプラでも紹介することにします(汗)。

CIMG2653 - コピー - コピー


機体名は『ガンダムエクシア HQ』です。

某所に投稿中(そして絶賛放置中)のガンダムビルドファイターズの二次創作に登場する
主人公アマノ・ツカサの使用するガンプラです。


名前の通り、RGのエクシアをベースにしています。

CIMG2665 - コピー - コピー

CIMG2667 - コピー - コピー

ノーマルエクシアと対比。

CIMG2656 - コピー - コピー

RGとHGでは、正確な比較対象にはならないかもしれませんが、こうして比べてみると
けっこう見た目が変わったものです。
頭部のアンテナと脚部以外は、エクシアのパーツの組み換えだけなんですけどね(笑)。

脳内設定では、このガンプラはまだ武装が未完成のため、『RGエクシア』に同梱されていた
物を使用しています。

CIMG2595 - コピー - コピー

CIMG2603 - コピー - コピー

『セブンソード』にすれば少しはエクシアっぽさが……と思ったのですが、ダブルオー
セブンソードかクアンタみたいにも見えますね。


CIMG2605 - コピー - コピー


最後に主人公が前に使っていたガンプラ『Hi-νガンダム HQ』とのツーショット。

現在某所に投稿している作品では、主人公ツカサは『Hi-νガンダム HQ』を使用しており、
『ガンダムエクシア HQ』が登場するのはまだ先の話だったりします。
せめて現在のトーナメント編だけでも、早く完結させないと(汗)。



しばらくはガンプラ漬けの日々になりそうですが、そのうちFA:Gにも挑戦してみたいですね。

では!


PageTop

取扱説明書のススメ

おひさしぶりです。まだ寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
シロでございます。

いまだ某所に籠りきりで神姫関係の作業はとんと進んでおりませんが、それなりに楽しく生きてます。

さて、以前記事にもしましたが、現在ガンダム(というかGBF)の二次創作を書いていますが、じつは私、MSの知識はあまりなかったりします。
ファーストからZZぐらいまでに登場したMSならなんとか思い出せますが、それもかなり曖昧な記憶。
GBFといえば、各作品の枠を超えたMSが活躍するお祭り的作品ですので、拙作に毎回登場するMS(ガンプラ)の外見や性能の描写に四苦八苦しています。

そんななかで重宝しているのが、いままで買ったガンプラの取り扱い説明書。簡易的ではありますが、各種設定などが載っておりなかなか役に立つんですよね。
とはいえ、登場させたいガンプラを必ず持っているわけもなく、某イエローサブマリンなどに寄った際にはこんなものも買い集めるようになりました。

CIMG1848.jpg

そう、各種ガンプラの取扱説明書です。

イエローサブマリン内には『パーツパラダイス』と呼ばれるガンプラ等の各パーツを個別販売しているコーナーがありまして(すべての店舗ではありません!)、とうぜんのごとく内容物の一部でもある取説もばら売りしています。

一昔前はこんなものは目もくれませんでしたが、最近では重点的に買い漁っています。

CIMG1849.jpg

価格はバラつきがありますが、HGUCシリーズなら、10円から100円ぐらいとたいへんリーズナブル。

CIMG1851.jpg

CIMG1850.jpg

☝の画像はPGエクシアの物ですが、かなり詳細な解説がなされており、資料性はかなり高いです。


とはいえ、当ブログをのぞきに来られる方は武装神姫に興味がある方がほとんどのはず、大半の方はガンプラの取説など必要ない! と思われるでしょう。
ですがこの取説には、神姫の武装を改造している方々にも役に立つことがあります。

CIMG1961.jpg

それは画面右下にある『部品注文カード』。その名の通り、ガンプラを作っている際、部品を無くしたり壊してしまったさいに使うものです。
私は以前から神姫の武装改造用に前述のパーツパラダイスを利用していましたが、必ずお目当ての品があるわけでも無く無駄足を踏むことがよくありました。

資料として集め始めた取説ですが『部品注文カード』を使えば、お目当ての品が確実に入手できることに気づき(部品自体の在庫が無い場合は無理ですが……)さっそく注文してみました。

CIMG1957 - コピー

で、待つことしばし、一週間ほど経過して送られてきました、バンダイ様から!

CIMG1958.jpg

中身はヤクト・ドーガの頭部×2と、アストレイの対艦刀の受けパーツ×4です。
傍から見れば何に使うか分からないようなブツですが、細かいことは気にしないでください(笑)。

これらの部品代はだいたい一個40円ほど、それに送料が加えられますが、かなり安価なのではないでしょうか?
しかも、ひとつの部品は最大4個まで注文可能です。
一部のパーツが欲しいが為だけに丸ごと買うのを考えれば、手間はかかりますがやってみる価値はあると思います。

もしイエローサブマリンのパーツパラダイスに立ち寄った際には、ばら売りパーツだけではなくこれらの取説を手に取ってみることをお勧めします。
神姫の武装の改造のさい、新たな可能性が見えてくるかもしれませんよ?


追記
記事でも触れましたが、すべてのイエローサブマリン内にパーツパラダイスがあるわけではありません。
私が知る限りでは、秋葉原のラジオ会館内のイエローサブマリンと、大宮本店の二か所だけです。
興味のある方は、事前に確認してから行ってください。

PageTop

いまさらですが……

今日は1月12日ですか……。
タイトルにも書きましたが、今更感はハンパないのですがケジメとしてまずは一発いきましょう!





新年あけましておめでとうございます!




おひさしぶりでございます。
前回の記事から3カ月以上経過ですか……ずいぶんと放置したものですね(汗)。

じつは去年の暮れから「ハーメルン」という小説投稿サイトに「ガンダムビルドファイターズ」の二次創作を投稿しはじめまして、新年の挨拶やブログ開設3周年の記事を書き忘れるほどに、そちらに掛りきりという毎日でした。

予定では年内で連載を終了し、年明けからこちらの活動を再開を……と思っていましたが、案の定というか現在も連載中というありさまです。
そんな折、先日ひさしぶりにマイブログをのぞいたら、いまだに当ブログを見に来て下さる方のおかげで来訪者数が10000を超えておりました。

いちまん! 自分としてはこの数字に達するのはまだ先のことだろうと思っておりましたので、喜びもひとしおです。
最近は更新も滞り気味のこのブログを見に来て下さる方々に、この場を借りてお礼いたします。

ありがとうございます。


さて、ひさしぶりにブログを更新しましたし神姫SSでも、と思いましたが、最近の記事は文字(SS)ばかりなんですよね。
新年最初の記事でこれは味気無いので、少々趣向を変えてみます。

前述のハーメルンは小説のほかに「挿絵」を投稿することができるという、おもしろい機能をもっています。
これから紹介しますのは、挿絵として投稿した作中で活躍するガンプラたちです。小説自体の内容に関して知ってる方は皆無でしょうから、単純に姿形をお楽しみください。





阿修羅01

以前こちらで紹介したことがありますが、まずは『阿修羅』。

阿修羅02

手持ちの武器やバルカンのような内蔵火器を一切持たず、3対6本の剛腕を使った近接格闘を好む。

阿修羅03

主人公のライバルが使い、作中で最強のガンプラとして君臨します。





gero01.jpg
お次はコイツ『ハイゴックN』

gero02.jpg
もとは完全に趣味で作ったモノですが、そのままお蔵入りももったいないので採用しました。

gero03.jpg
作中では咬ませ犬っぷりを如何なく発揮、華々しく散ってくれました(笑)。




aigisu01.jpg
さて、ここからは本邦初公開。
プラモ化されたMSのシールドは、すべて集めたと豪語する主人公の親友のガンプラ『アイギス』。

aigisu02.jpg
両肩とバックパックにサブアームを備え、両腕も使えば最大6種類のシールドを装備できる。

aigisu03.jpg
無類の防御力の高さを誇るガンプラだが、シールドを換装することによって機動性や攻撃力を上げることができ、汎用性の高さもピカイチである。





gaza01.jpg
続いてはガザ・Cをこよなく愛する、レギュラーキャラその一のガンプラ『ガザ・ノワール』

gaza02.jpg
左胸にもナックル・バスターを追加、両腕のバインダーにビームガンを備え、MS形態時でもガザ・C2機分の火力を誇る。

gaza03.jpg
さらにMA形態ではバックパックのギガ・キャノンを含めた一斉射撃ができ、作中でもトップクラスの火力を誇る。





oo01.jpg
続きましては、ヒロインに異常な執着を持つ幼馴染(♀)が操る異色のガンプラ『OO-F』(ダブルオー・フィメール)。

oo02.jpg
武装はソードタイプに変化する専用ビームガンと、ビームサーベルのみという軽装だが、小型軽量の機体に加え推進系を強化しているため、機動性に優れる。

oo03.jpg
チャームポイントはツインテール(笑)。





hq01.jpg
さて、取を務めますは主人公のガンプラ『Hi-νガンダムHQ』です。

hq02.jpg
最大の特徴はフィンファンネルを廃し、3種類、計13基ものオリジナルファンネルを搭載していること。

hq03.jpg
複数のファンネルを搭載したためのデッドウェイトを避けるため、下半身をOガンダムの物と交換し、RX-78を彷彿とさせる塗装を施しているため、ベースのHi-νガンダムとは異なった印象を見る者に与える。




さて、駆け足ではありますが、ここらへんで紹介を終わりにしたいと思います。

現在投稿中のSSでは、世界大会での優勝を目指すわけでもなく、とある町の片隅にある鄙びた玩具屋で、主人公たちは己の分身でもあるガンプラたちと日々ガンプラバトルに勤しんでおります。


ブログの完全復帰はもう少し先になりそうですが、去年よりはもう少し更新頻度を上げようとお思います。



最後になりましたが、今年もよろしくお願いいたします。





PageTop

期待と不安……

さてさて、あとひと月ちょっとではじまりますねぇ。

「ガンダムビルドファイターズトライ」

てっきり前作の続きかと思ってましたが、登場人物がほとんど一新されるとは思いもしませんでした。
世界観は引き継がれ、チナの実弟やラルさんなど前作のキャラやその身内は登場するようですが、ここまで思い切ったことをするとは驚きです。

はたしてこれらの試みが吉と出るか凶と出るか……。
タイトルにもしましたが、期待と不安が入り混じる毎日です(笑)。

それにしても、前作から七年後というとセイやチナも二十歳前後というとこですが、ストーリーに絡んでくるんでしょうか?


多少の不安感はありますが、待望の二期がはじまるとなれば否応なしにガンプラへのモチベも上がります。

CIMG1785.jpg

で、改造途中でほっぽり出していた☝を、ひさしぶりに引っ張り出してきました。

一期の放送が終わりモチベがガタッと落ちたというのが理由のひとつなんですが、どうも自分のイメージと違いが出てきたため半年以上も放置してました(汗)。

自分としては「狐」をイメージしたMSなんですが、どうも足がぶっとく見えるため、なんか狐に見えない!

今回は、ひさびさにモチベも上昇してきましたので、ここらへんを改修したいと思います。
とりあえず色々調べたところ、このMSに白羽の矢が立ちました。

CIMG1845.jpg

「ブレイヴ指揮官用試験機」!そう、「あえて言おう!」のあの人が乗ってたアレですね。

CIMG1847.jpg


フラックやイナクト(は違うかな?)の純粋な発展型であるこの機体、ガンダムシリーズ屈指のスレンダーなプロポーションは、イメージにぴったり!

CIMG1847 - コピー

特にこの脚部の形状は、かなりいいカンジです。
全体のバランスもありますし、最初は首以外を挿げ替えようと思いましたが思いのほか狐顔が大きかったため泣く泣く断念。結局膝から下のみ換装してみました。

CIMG1843.jpg

CIMG1844.jpg

……うん、こっちの方が細くていいかな?



なんか、かなりMSっぽさが無くなった感じもしますが(笑)。



とりあえず本体の方はこれで良し、っと。しかし、せっかく買ったブレイヴも膝から下しか流用できないとは勿体無い。
実は今回、この狐用に某所でばら売りのガンプラパーツを購入したのですが、あったんですよね、ブレイヴの脚部……。


あとはバラ売りで手に入れたパーツを使ってもう少し手を加えれば、とりあえず全体像が見えてきそうです。





このモチベが続いているうちに、完成するといいな(笑)。



PageTop