神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

燃え上れ ガンプラ―ッ! ⑤「モックレンジャー」

こんばんは、子憎たらしい花粉が舞い飛ぶ昨今、みなさまにおいては如何お過ごしでしょうか?


ここ数年は比較的花粉症の症状が軽微でしたが、今年はかなりヘビーですね。
この記事も、鼻にティッシュを詰めながら書いておりま……あっ、垂れてきた(汗)。


新しいティッシュをねじ込んで……さて、ここ数週間は仕事の関係や花粉のせいで頭が
ボ~っとして模型関係も手が止まっていましたが、例のエアブラシの練習は時々思いだ
したようにやっておりました。

といっても、ほとんど進歩はないですが……。

なにより、新聞紙カレンダーの裏側にシューシューやるのはもう飽きました。

失敗を恐れて☝のような品で練習しておりましたが、いいかげんプラモに塗ってみるか
とプラモ墓場(押入れともいう)をごそごそやりだしたのが数日前のこと。

しばらくして練習用に打ってつけのプラモを発見しました。

DSC01736.jpg

「ガンダムビルドファイターズ トライ」にでてきたガンプラ「ハイモック」です。
ガンプラバトル練習用の無人機という設定ですが、じっさいのプラモにおいても、プラランナー
2枚とポリキャップと外見同様、非常にシンプルな構成になっています。
しかもヨ〇バシカメラとかなら800円以下と価格もリーズナブルです。

そして、このモック何より……非常に組みやすいです!

最近のガンプラを組み立てる時、その手順の煩雑さに軽いストレスすら感じる私には、この
シンプルさは非常にベネ(良し)!

なんていうかサクサク組みあがります。

CIMG3200.jpg

よっ!

CIMG3199.jpg

ほりゃ!

CIMG3198.jpg

あらよっと!



「お前はバカか? なんで同じプラモみっつも持ってるんだ!」


いま確かに、そんな声が聞こえたような気がしますが、これには立派な訳があるのです。
今をさかのぼること数年前、当時武装神姫関連のブログで、こういった雑魚系メカと
神姫をからませた記事をけっこう見かけました。

「ならば自分も!」とわけの分からん対抗心を胸に、比較的安価なモックを大人買いしたの
ですが、すぐに飽きて☝のモックたちは未開封のまま封印状態になっていました……。


でも、少しは作ったモックもあるのですよ?

それがこちら。

CIMG2284.jpg

「機動警察 パトモック」のみなさんです!


CIMG3189.jpg

CIMG3190.jpg

シールドに白バイ用のデカールを使ったり……。

CIMG3191.jpg
 
桜田門のマークが欲しくてパトカー用のディテールアップパーツをわざわざ購入したり……。

CIMG3194.jpg
 
CIMG3193.jpg

差し替え式で肩のパトライトがせり出すようにと、無駄に熱の入ったブツになりました。


CIMG2279.jpg

CIMG2283.jpg

でも、アタラクシアの力を見せるための噛ませ犬として活躍した後は他に使うあてもなく、
本日ようやく日の目を見るまで、棚の奥でほこりをかぶっていました(汗)。


そして数年の時を経て……。


CIMG3201.jpg

「ヤラレ戦隊 モックレンジャー」集結です!


うんうん、良かったねみんな! こんな機会でもなかったら全員そろうなんて絶対になかったよ。









さて、ようやく本題ですが、今回組んだモックたち、どんな風に塗装しますか……。

スポンサーサイト

PageTop

燃え上れ ガンプラ―ッ!④ 「九尾」

ついに四月から、「ガンダム ビルドファイターズ」の最新作「ガンダム ビルドダイバーズ」
の放送がスタートします!

ガンプラバトルという基本設定はそのままですが、世界観は随分と変わっており期待
半分不安半分といったところですが、今から放映が楽しみです。


同シリーズはガンダム好きな方々から見ると、好き嫌いがはっきり分かれる作品だと
思いますが、自分の好みにMSやMAをカスタマイズでき、それが当たり前という世界観
は、本能の赴くままに好き勝手にガンプラ作っている私には堪らない作品です。



というわけで、今回はそんな妄想全開なMSを紹介します。

CIMG3183.jpg

タイトルにも書きましたが機体名は「九尾」です。

CIMG3171.jpg


機体名は、腰部から伸びたバインダーに取り付けられた8基のフレキシブルスラスターと
尾部に取り付けられた大型ブースターが、九本の尾を持つ伝説の妖狐を連想させることに
由来します。


以下、プチ機体解説。

機体は背部に於いては内部フレームがむき出しになるなど徹底的な軽量化が図られて
おり、防御力を犠牲にした代償として驚異的な機動性を得るに至っている。

CIMG3174.jpg

CIMG3176.jpg
 
武装は左腕の大型クローと内蔵型のビーム砲、そして右腕に装備されたビームショート
ソードである。
リーチの短めな武装ばかりだが、これは九尾が近接接近戦を主眼に於いた設計をなされて
いるためであり、不用意に九尾に接近を許した機体は一方的に嵐のような攻撃に見舞われる
ことになる。




はい、つたない設定でしたが、お付き合いいただきありがとうございました。
ほんらいはこの九尾、某小説サイトに投稿していたビルドファイターズ二次創作作品に
出てくる予定のガンプラで、かなりチートな能力をもっているのですが、ここでは割愛させて
いただきます。

CIMG3185.jpg

見た目はヒョロッとした九尾ですが、以前紹介した「紅夜叉」に匹敵するぐらいの大型機です。

CIMG3187.jpg

同作に出てくる予定だった主人公のガンプラと仲良く記念撮影。
敵メカはデカい方が強く見えると思い製作した九尾と紅夜叉でしたが、これは少しやり過ぎ
だったかもしれません……。





今回紹介した九尾ですが、外見はメカ版「九尾の狐」といった感じですが、じつはモチーフ
「狐の面」だったりします。

私はこの狐の面というヤツが大好きでして、以前武装神姫でも「白狐型MMS」というものを
作りましたが☟、これも真のモチーフは狐の面でした。

CIMG3188.jpg

こちらは狐の面の持つコミカルな一面を……。

CIMG3179.jpg

今回の九尾は、強面の面をイメージしてみました。

まあ、あんまり怖そうにみえませんが……。




それにしてもこの九尾、過去記事を調べてみたら製作を開始したのが2014年の2月だった
んですよね。

CIMG1778.jpg

CIMG1782.jpg

CIMG1844.jpg

ここに至るまでに姿は二転三転してますし、去年のはじめには完成したので、じっさい製作
期間は3年といったところですが……作品ひとつ完成するのに時間がかかり過ぎています
ね(汗)。

 






PageTop

燃え上れ ガンプラ―ッ!③ 「紅夜叉」

やれやれ、また我がブログのトップを広告で飾ってしまいましたか……。
せめて月一ぐらいで更新しないとダメですね(嘆息)。



さて、気をとり直して今回紹介いたしますは、オリジナルガンプラです。

CIMG2316 - コピー

CIMG2849 - コピー


機体名は、「紅夜叉」です!

某所での連載は思い切り途絶えてますが、かってにアフターストーリーに出てくる
ガンプラだけは製作してたりします(汗)。

外見はSDタイプですが高出力を誇り、圧倒的な力でフィールド内のガンプラを殲滅
します。

CIMG2815 - コピー

重装甲ゆえに動きは鈍重ですが、右腕のバイスクロー、左腕の大型ガトリング砲、
両肩のミサイルポッド、背部の高出力ビームキャノン等を搭載しているため、距離
をおいての砲撃戦でも対戦相手を圧倒します。

CIMG2853 - コピー

CIMG2852 - コピー

CIMG2820 - コピー

CIMG2854 - コピー


立ち位置的には中ボスクラスの機体であり、ビルダーであるミドウ・トモエが子供
のころに恐れていた『鬼』をモチーフに紅夜叉を制作しました。

CIMG2844 - コピー

CIMG2823 - コピー

ミドウ・トモエは自らの研究のためにこのガンプラ作りましたが、同時にガンプラ
バトルそのものに深い憎しみを抱いており、紅夜叉を使いデータ収集と称して
破壊の限りをつくします。




とまあ、以上が紅夜叉の脳内設定の一部なのですが……本編がまるで進んで
いないのに設定だけ垂れ流されても困りますよね(苦笑)。


ちなみにこの紅夜叉、見かけはSDタイプですがG-セルフの『アサルトパック』
や『ナイチンゲール』のパーツを使って組み上げているため、けっこうデカい
です。

CIMG2321 - コピー

以前紹介した『ガンダムエクシアHQ』と並べてみると、そのサイズが分かる
と思います(笑)。

CIMG2315 - コピー

CIMG2848 - コピー


リアルさを追及したMSの製作は苦手なのですが、『ビルドファイターズ』という
作品の世界観なら、こういったメチャクチャなMSも許されるので、私は同作や
そのシリーズが大好きですね。


では!

PageTop

くすぶってきた

……そ~っと……。


うん、間違いない、自分のブログだ(笑)。

前回の記事から2年以上経過してますか……どうりでブログの操作法をすっかり忘れているはずだ(汗)。

おひさしぶりの投稿です。

武装神姫に対する情熱の減退とともに、ここしばらくは、なんとな~く時を過ごしていた毎日です
が、撮り貯めしていてほったらかしにしていた『鉄血のオルフェンズ』第2期を一気に視聴し、
最近放送され始めた『フレームアームズ・ガール』を見はじめて、創作意欲が再びくすぶって
まいりました。
とはいえ、上記2作品のプラモもほとんど購入しておらず、また時間の関係から製作そのものも
しておりません(笑)。

だが『ガンダムビルドファイターズ』の新作発表の告知が発表!
しかも、登場人物は1作目のキャラたち!!
これでテンションが上がらぬハズがない!!!

とはいえ、オルフェンズもFA:Gも肝心のプラモが手元にないので、とりあえずコツコツと作って
いたガンプラでも紹介することにします(汗)。

CIMG2653 - コピー - コピー


機体名は『ガンダムエクシア HQ』です。

某所に投稿中(そして絶賛放置中)のガンダムビルドファイターズの二次創作に登場する
主人公アマノ・ツカサの使用するガンプラです。


名前の通り、RGのエクシアをベースにしています。

CIMG2665 - コピー - コピー

CIMG2667 - コピー - コピー

ノーマルエクシアと対比。

CIMG2656 - コピー - コピー

RGとHGでは、正確な比較対象にはならないかもしれませんが、こうして比べてみると
けっこう見た目が変わったものです。
頭部のアンテナと脚部以外は、エクシアのパーツの組み換えだけなんですけどね(笑)。

脳内設定では、このガンプラはまだ武装が未完成のため、『RGエクシア』に同梱されていた
物を使用しています。

CIMG2595 - コピー - コピー

CIMG2603 - コピー - コピー

『セブンソード』にすれば少しはエクシアっぽさが……と思ったのですが、ダブルオー
セブンソードかクアンタみたいにも見えますね。


CIMG2605 - コピー - コピー


最後に主人公が前に使っていたガンプラ『Hi-νガンダム HQ』とのツーショット。

現在某所に投稿している作品では、主人公ツカサは『Hi-νガンダム HQ』を使用しており、
『ガンダムエクシア HQ』が登場するのはまだ先の話だったりします。
せめて現在のトーナメント編だけでも、早く完結させないと(汗)。



しばらくはガンプラ漬けの日々になりそうですが、そのうちFA:Gにも挑戦してみたいですね。

では!


PageTop

取扱説明書のススメ

おひさしぶりです。まだ寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
シロでございます。

いまだ某所に籠りきりで神姫関係の作業はとんと進んでおりませんが、それなりに楽しく生きてます。

さて、以前記事にもしましたが、現在ガンダム(というかGBF)の二次創作を書いていますが、じつは私、MSの知識はあまりなかったりします。
ファーストからZZぐらいまでに登場したMSならなんとか思い出せますが、それもかなり曖昧な記憶。
GBFといえば、各作品の枠を超えたMSが活躍するお祭り的作品ですので、拙作に毎回登場するMS(ガンプラ)の外見や性能の描写に四苦八苦しています。

そんななかで重宝しているのが、いままで買ったガンプラの取り扱い説明書。簡易的ではありますが、各種設定などが載っておりなかなか役に立つんですよね。
とはいえ、登場させたいガンプラを必ず持っているわけもなく、某イエローサブマリンなどに寄った際にはこんなものも買い集めるようになりました。

CIMG1848.jpg

そう、各種ガンプラの取扱説明書です。

イエローサブマリン内には『パーツパラダイス』と呼ばれるガンプラ等の各パーツを個別販売しているコーナーがありまして(すべての店舗ではありません!)、とうぜんのごとく内容物の一部でもある取説もばら売りしています。

一昔前はこんなものは目もくれませんでしたが、最近では重点的に買い漁っています。

CIMG1849.jpg

価格はバラつきがありますが、HGUCシリーズなら、10円から100円ぐらいとたいへんリーズナブル。

CIMG1851.jpg

CIMG1850.jpg

☝の画像はPGエクシアの物ですが、かなり詳細な解説がなされており、資料性はかなり高いです。


とはいえ、当ブログをのぞきに来られる方は武装神姫に興味がある方がほとんどのはず、大半の方はガンプラの取説など必要ない! と思われるでしょう。
ですがこの取説には、神姫の武装を改造している方々にも役に立つことがあります。

CIMG1961.jpg

それは画面右下にある『部品注文カード』。その名の通り、ガンプラを作っている際、部品を無くしたり壊してしまったさいに使うものです。
私は以前から神姫の武装改造用に前述のパーツパラダイスを利用していましたが、必ずお目当ての品があるわけでも無く無駄足を踏むことがよくありました。

資料として集め始めた取説ですが『部品注文カード』を使えば、お目当ての品が確実に入手できることに気づき(部品自体の在庫が無い場合は無理ですが……)さっそく注文してみました。

CIMG1957 - コピー

で、待つことしばし、一週間ほど経過して送られてきました、バンダイ様から!

CIMG1958.jpg

中身はヤクト・ドーガの頭部×2と、アストレイの対艦刀の受けパーツ×4です。
傍から見れば何に使うか分からないようなブツですが、細かいことは気にしないでください(笑)。

これらの部品代はだいたい一個40円ほど、それに送料が加えられますが、かなり安価なのではないでしょうか?
しかも、ひとつの部品は最大4個まで注文可能です。
一部のパーツが欲しいが為だけに丸ごと買うのを考えれば、手間はかかりますがやってみる価値はあると思います。

もしイエローサブマリンのパーツパラダイスに立ち寄った際には、ばら売りパーツだけではなくこれらの取説を手に取ってみることをお勧めします。
神姫の武装の改造のさい、新たな可能性が見えてくるかもしれませんよ?


追記
記事でも触れましたが、すべてのイエローサブマリン内にパーツパラダイスがあるわけではありません。
私が知る限りでは、秋葉原のラジオ会館内のイエローサブマリンと、大宮本店の二か所だけです。
興味のある方は、事前に確認してから行ってください。

PageTop