神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

わんだふるな登場人物たち 番外編

CIMG1243 - コピー

トロン『やあ、ボクはトロン。みんな、元気してたかな?』

CIMG0645 - コピー

  隣「……あんた、だれに向かってあいさつしてんのよ?」
トロン『え? あ、いや。 まあ……リップサービスみたいなもんかな?』
  隣「??? …それよりどうしたのよ、ソウルテイカーなんか着込んで、バトルでもしにいくの?」
トロン『そういうわけじゃないんだけどさ。よく考えたらボク、ソウルテイカーの説明をあまりしてなかったなあ、なんて思ってね』
  隣「そういえば、あたしも必要最低限の説明しか聞いてないわね」
トロン『でしょ? スポンサーであるリンだって──あ痛ッ!? なんでブツのさ?』
  隣「そういやあんた、ソウルテイカー作るのに、あたしの貯金ぜんぶ使ったでしょう!」
トロン『また、そんな大昔の話をいまさら……』
  隣「大昔じゃね────ッ! だ、だいたい、あたしがあの後どんなに苦労したか……」
トロン『そういえば、みキチにパンツ売ったり、いろいろ大変だったよね?』
  隣「売ってね────────ッ!!」





                            ※






え~、なんだかむこうでエラい凄惨なリアルバトルがはじまってしまったようですので、ソウルテイカーの紹介は、私が引き継ぐことにいたします(汗)。

CIMG1191 - コピー

◆「ソウルテイカー」

以前、少し紹介しましたが、ソウルテイカーはレスティーアとのバトルで敗れたトロンが、彼女に勝つというたったひとつの目的のために作った専用武装です。

CIMG1207 - コピー

CIMG1205 - コピー
 
ストラーフを凌ぐほど卓越した近接接近性能を持つサイフォス。
そして、すぐれた剣技を有するレスティーアに勝つためにトロンが求めたものは、より優れた機動性を持つ武装。
そのため、ソウルテイカーは必要最低限の装甲、武装しか持っていません。

では、以下(脳内)公式設定を。

CIMG1199 - コピー

一般的な武装に比べて、より柔軟な身体構造をもつソウルテイカー。これは、隣から教わった武術を最大限に生かすためである。
隣から学んだ武術は合気道をベースとした複合武術であるため、より繊細な動きを求められ、ソウルテイカーはかぎりなく人体に近い動きを可能としている。

その反面、ソウルテイカーは格闘を重視したためにハンドガンタイプの武装すら持たず、砲戦能力は皆無に等しい。ただ、これはトロンが仮想敵をレスティアーのみにしぼった結果であり、飛行、射撃能力に秀でた神姫には苦戦を強いられたものの、接近戦に限定した場合、ソウルテイカーは優れた性能を発揮した。
その設計思想から射撃武器の類をほとんど持たないソウルテイカー。だが、人間に近い柔軟性と隣から学んだ武術だけで戦いに勝ち続けるのが難しいことはトロンも気づいていた。
そのため、ソウルテイカーは他ではあまり見ることのない、一風変わった武装を持つ。

CIMG1204 - コピー

◆「ペレットボム」(以下PB)
ソウルテイカーのメインウェポン。
指向性爆薬を封入した特殊弾体。
普段は機体各所に収納されているが、使用時に弾体がせり出し、接触した方向にのみ強力な爆発を引き起こす。
PBの最大の長所は、威力の割にスペースをとらないことであり、徒手格闘を行う際にもほとんど邪魔にならない。
現在、手のひら、手の甲、肘、膝、踵に装備されているのが確認されている。

CIMG1222 - コピー


隣から学んだ武術は優れた防御能力をトロンに与えたが、あくまでそれは対人戦を前提としたものである。
だが神姫バトルでは、己の身の丈を超えるような武器、武装の類が多々あり、隣が教えた受けの技“一重”だけでは相手の攻撃を捌くにも限界があった。
そのため、画像のように“一重”で相手の攻撃を捌きながら同時にPBを爆発させ、ほんらいなら防御不能と考えられた攻撃も容易にかわすことが可能となった。
また、PBは相手の武器破壊や、使用したさい相手に衝撃を与え態勢をくずし反撃を有利に行えるなど様々なメリットをトロンに与えることになる。

CIMG1197 - コピー

CIMG1235 - コピー

このように、トロンはPBを防御に多用する傾向にあるが、基本的にパンチ力に欠けるソウルテイカーにとってPBは攻撃の要ともなる。
とくに、ナックルガードにはPBが三発内蔵されており、これが一度にさく裂した際には対戦相手に多大なダメージを与えることが可能である。

優れた性能を持つPBだが、肘、膝以外の場所は、みな単発式であり、使用ごとに予備のカートリッジを装填し直さなくてはならないという欠点がある。
ただ、これはカートリッジの収納スペースの関係上やむを得ないことといえるだろう。

CIMG1253.jpg

PBの予備カートリッジは、太腿側面のラックの中に各15発づつ収納されている。

CIMG1192 - コピー

◆「コンバットナイフ」

一般に流通しているものであり、神姫ショップや神姫センターなどで容易に購入することができる、何の変哲もないナイフである。
これといった特徴もないが、つかいどころが限定されるPBや長時間使用することのできないビームソード(後述)を補助するサブウェポンとして用いられる。トロンの旧武装から唯一引き継がれた武器である。
通常は、ラックと一体化したホルスターに収納されている。

CIMG1188 - コピー

◆「ビームソード」
五指に内蔵されたビーム発生器により、ビームをソード状に形成して使用する。

CIMG1239 - コピー

真紅の爪を彷彿とさせるビームソード。見た目の迫力は申し分ないが、ソウルテイカーに装備されたジェネレーターの出力の関係で見た目ほどの威力はもたず、使用時間も限られている。
実戦においては、相手への奇襲や逆に奇襲を受けた際の防御手段として使用することが多い。

CIMG1194 - コピー

CIMG1195 - コピー

ビームソードは肘側面のユニットからも形成することができる。取り回しに難があるが、背後からの攻撃のさいに咄嗟の防御に使用できる。

CIMG1246.jpg

◆「アンカーガン」

ただ、トロンからするとこのビームソードはおまけのようなものである。本来は、ビームソードの基部ごと射出し、アンカーガンとして使用する。
この武器もまた、形状が大幅に変わったものの旧武装から引き継がれたものである。
旧タイプはハンドガンを改造したものだったが、新型は独立したユニットとして新造。威力、射程、牽引力などすべての性能が向上している。
奸智に長けたトロンはこのアンカーガンを愛用しており、過去のバトルでも攻防多岐にわたって使用し、対戦相手を翻弄した。
レスティーアとの再戦においても、彼女の奥の手である鞘を吹き飛ばし因縁の戦いに決着をつけるきっかけを作るなど貢献した。

                     


              

以上がトロンの専用武装、「ソウルテイカー」の詳細です。
口八丁手八丁で相手を翻弄し、戦いを優位に展開しようとするトロンにふさわしい、暗器もどき満載の武装でした(笑)。

では、そろそろあの二人に交代を……って、まだ闘ってんの、あいつら?


                              ※


トロン『痛だだだだッ! ちょ、ちょっとタンマ!』
  隣「うるさい! ちょうどいい機会よ、このさい徹底的に……」
トロン『そうじゃなくって上見て、上ッ!!』
  隣「上? あれ、ソウルテイカーの説明が終わってるじゃない! あんた、いつの間に解説したの?」
トロン『ボクにそんな余裕があるわけないだろ? 生き残るだけで精一杯だったよ!』
  隣「ふ~ん。 ……でも、ずいぶんくわしく説明してるわね」
トロン『…………ふん、こんなのうわべだけだね』
  隣「何よ! ソウルテイカーには、まだ隠された秘密があるっていうの?」
トロン『ふふ、もちろん。実はソウルテイカーは装着するだけで……』
  隣「ごくっ、そ、装着するだけで?」
トロン『装着するだけで……ナント! 全身の血行を良くし、急な発熱、下痢、歯痛もたちどころに治し、おまけに近所の野良ネコまで遠ざけるというスグレモ……』
  隣「ンな、武装があるか──────ッ!!」



トロン『あ痛たたた。……ホントにリンって、冗談の通じないつまらない人間だよね?』
  隣「状況を見てボケんかいッ! だいたいアンタはね……」
トロン『あっ、ちょっとまった!』
  隣「な、何よ?」
トロン『う~ん、なんか、時間切れみた……イ』
  隣「へ? あっ!?」

CIMG1208 - コピー

トロン『なんかボク、ねむくなっちゃったヨ……』
  隣「あっ、コラッ! まだ、あたしの話は……」
トロン『ZZZZZZZZZZZZZZZ』


  隣「……はあ、ダメだこりゃ……」













スポンサーサイト

PageTop

わんだふるな登場人物たち その3

               □ 姫宮かおり(ひめみや かおり)

CIMG1180 - コピー

落ち着いた雰囲気を漂わせ、理知的な整った顔立ちを持つ、隣と同じ学校に通う高校三年生、18歳。

つねに他人に対する気配りを忘れない優しい性格の持ち主であるが、その温和な性格とは裏腹に、過去に武装神姫バトル全国大会に数度出場するなど、神姫オーナーとして優秀な一面も併せ持つ。

トロンからは、『かおリン』の愛称で呼ばれている。


他者と接しているときにはつねに笑みを絶やさないかおりだが、時折、その表情に一瞬陰がよぎることがある。
これは、過去に<ナイトメア>と呼ばれた事件にまきこまれたためであり、この事件のあと、かおりは神姫を戦わせるということに深い疑念を持ち、一時は神姫バトルから距離をおいていた。

だが、かおりの神姫であるレスティーアの再三の懇願により、自分の考えを曲げ、再び神姫バトルへとその身を投じることになる。
平穏な生活をとりもどしたかおり。だが彼女は気づいていた。この平穏はつかの間の物であり、<悪夢>はまだ終わっていないということに……。


                             ◆



                        □ レスティーア

CIMG1045.jpg


◆ タイプ:騎士型MMS サイフォス

◆ 所持スキル <アデッソ・エ・フォルチュナー> 他

姫宮かおりが所有する神姫。
騎士道を重んじ、主であるかおりのことを『姫』と呼ぶなど、その立ち振る舞いは騎士(サイフォス)そのものである。

なぜか、トロンからは『レスP』の愛称で呼ばれる。

己の剣ひとつにすべてを託し戦うことを好むため、得手不得手がはっきりとしてしまい神姫ショップ「DO IT」でのランクは中堅に位置するが、その剣技はすさまじいの一言に尽き、一度距離を詰められたが最後、上位ランカーといえどもレスティーアと互角に戦えるものはほとんどいない。


妥協を許さぬ性格は剛直そのものであり、そのため融通が利かず、他の神姫やそのオーナーといざこざをおこすことも多々ある。
この性格ゆえに、はじめはいい加減な性格のトロンを蛇蝎の如く忌み嫌っていたレスティーアだが、トロンとの戦いを通して彼女の隣への想いの強さを知り、徐々にトロンへの態度を軟化させてゆく。

CIMG1056.jpg

CIMG1051.jpg

レスティーア愛用の長剣。

レスティーアは、サイフォスの基本武装である「コルヌ」は使用せず、この細見の剣ひとつを携え戦いに赴く。これは、レスティーアのライバルにして親友であった神姫の形見である……。

CIMG1046.jpg

以前は「黒騎士」の二つ名で呼ばれていたレスティーア。だが<ナイトメア>と呼ばれた忌まわしい事件が、彼女の運命を大きく変えてしまった。

事件後。かつての己を捨て、普通のサイフォスとして生きる道を選んだレスティーアだが、彼女もまた、かおりと同様に<悪夢>の終わりを信じてはいない。






もし、<悪夢>がふたたびすべてを覆わんとする時、レスティーアは、かおりや大切な仲間たちを守るため立ち上がるだろう。







CIMG1034 - コピー

CIMG1029 - コピー



「黒騎士」として……。









はい! 今回もお付き合いただき、ありがとうございました。

SS登場人物紹介その3。今回は「姫宮かおり」と彼女のパートナー「レスティーア」の紹介でございました。


それにしても……第一部が終わってけっこう経つのに、いまだにこれしか紹介できないってどうよ、自分?



と、自分を軽く戒めながら続きをば。


まずはレスティーアのマスター、かおリンこと姫宮かおりです。
前回隣を作った時と同様、ピンキーを素体に使おうかと思ったのですが、どうも全体のバランスがイメージと会わず使用は断念……もっとも、ピンキー自体が手に入れられなかっというのもあるんですけどね(苦笑)。

そこで、今回は手元にあったいろんなブツを組み合わせて、かおりを作ってみました。

CIMG1182.jpg

CIMG1183.jpg

ずいぶん長い事イジッてましたが、やはりどうもうまくいきませんでした。まあ、イメージ的にはこんな感じと見てもらえれば幸いです。
それにしても、ライバル神姫のマスターという立ち位置としては、かおりに今一つ活躍の場をあたえてやれなかったのは少しばかり後悔しています。
このSSは、隣視点でストーリーが進みますのでやむを得ないところかもしれませんが、第二部では、もう少し彼女にもスポットライトを当てたいところですね。

そして、今回紹介するもう一人の登場人物。レスティーアことレスP……じゃなかった。逆ですね(汗)。
トロンのライバルにしてイヂられ役のレスティーアです。

トロン&ソウルテイカーと同じ時期にことに完成してましたが、かおりの製作が難航したために、こんな時期になっての紹介となりました。。

ちなみに、レスティーアの項目のラスト二枚の画像は、彼女が黒騎士と呼ばれていた当時に使用していた専用武装「アヴァロン」です。このカラーリングから、レスティーアの二つ名が決まりました。

ネタばれになりそうなので武装は外してあります(本当は未完成……)。
かおり同様、イマイチ日の当たらなかったレスティーアですが、第二部では活躍する予定です。



さあて、勢いに任せて、お次は美佐緒&ガーネット! といきたいところなんですが……残念ながら、この二人に関してはまるで作業が進んでないのが現状です。

なんとかしないとな、トホホ……。

PageTop

わんだふるな登場人物たち その2

             
                       □ トロン

CIMG0937.jpg

◆ タイプ:悪魔型MMS ストラーフ(自称)

◆ 所持スキル <アクセル・ハート>

一ノ瀬 隣が所有する神姫。
このSSの、もうひとりの主人公。

ひまがあれば居眠りばかり、起きていても寝ぼけているという社会不適応型神姫。
自覚無き悪意を地でいくような性格であり、他意はなくとも他人(主に隣)をイラつかせることに関しては右に出るものがいない。
隣の頭痛のタネ。

オーナーである一ノ瀬 隣をからかうことに無上の喜びを見い出し、つねに彼女をおちょくるような言動をとるが、実は隣のことが大好きだったりする。

CIMG0927.jpg

一ノ瀬 隣が、神姫ショップ「DO IT」で購入した中古の神姫だが、実はFRONT LINE社が評価試験のため複数製作した試験用ストラーフのうちの一体。
評価試験の最中にある事故に遭い、半身を失うほどのダメージを受け過去の記憶を失っている。
ただし、特定の“単語”に対して拒否反応をしめすなど謎の部分も多い。


CIMG0961.jpg

日夜、隣をおちょくることに精を出すトロンだが、なぜか他人(神姫)が隣を侮辱することには我慢できないらしく、そのような場面に出くわすと、文字通り人が変わったようになる。

上の画像は、豹変後のトロン。この状態では、容姿や口調などもかなり変化する。
日常のトロンとこの姿ではあまりに差があり、まるで二つの人格を持っているかのように思われがちだが、あくまで日常のトロンは寝ぼけているだけであり、こちらがトロン本来の姿である。

CIMG0930.jpg

後に販売されたストラーフと比べ金色の瞳をもつなど、まるで別のタイプの神姫かと思わせる顔立ちのトロン。
これも、評価試験の一環として意図的に変更された仕様と思われるが、なぜFRONT LINE社がこのように一般受けするとはとても思えない顔立ちにしたのかは不明である。










はい。ようやく本SSのもう一人の主人公、トロンの紹介と相成ります。
それにしても、このSSをこのブログで掲載し始めてからそろそろ一年になるというのに……遅すぎですね(汗)。

一応、SSがメインと公言して始めたブログですので、せめてメインキャラだけでも立体化してこちらに紹介したいものです(レスティーアは完成しているんですが……)。


さて、ここでトロンの紹介が終わるというのもアレなので、続いて劇中においてトロンの使用した武装を紹介したいと思います。

CIMG0911.jpg

何の変哲もない、ストラーフの基本武装。SS第9話から10話で登場。
レスティーアが隣を馬鹿にしたために、激昂したトロンがレスティーアにバトルを挑む際に使用する。
この時に、初めて隣はトロンの本来の姿を見ることになる。

CIMG0910.jpg

手にしたシュラム・リボルビンググレネードランチャーは、トロンがバトル開始前にレスティーアの不意をついて使用(反則です)。
このバトルは、トロンにとって初陣であり、戦闘経験のまるでないトロンは舌先三寸と機知により善戦するが二人の実力の差はいかんともしがたく、トロンは敗北を喫することとなる。
ただ、レスティーアはこのバトルでトロンの隣への想いの強さを知り、後に隣に謝罪する。
そして、これ以降、トロンはレスティーアに勝利すべく研鑽を積むことになる。

余談ではあるが、このバトルでトロンの基本武装は修理不能と判断され廃棄される(デフォルトなのに……)。




CIMG0917.jpg

トロンが次に使用した武装。SS第17話から第33話まで使用。
基本武装が全損したために、中古やワケあり品などからヴァッフェバニーの武装をかき集めたもの。そのために、武装の一部が欠損している。

あくまで専用武装を完成させるまでの場繋ぎ的なモノとして使っていたが、予想以上に使い勝手が良かったためか、トロンはかなり長い間この武装で戦い続けることになる。

ほとんど防御能力を有さないほど軽装備であるが、これはレスティーアとのバトルで学んだこと……すなわち、自身の最大の長所は回避能力と反射神経の高さであり、そのために武装の軽量化は必須事項。
また、隣から学んだ武術を生かすために最適な武装と判断したためである。

CIMG0914.jpg

初陣で、トロンは自分があまり射撃戦に向いていないことを認識し(腕自体は悪くない)、距離を詰めた戦いこそ自身の真骨頂であると気づく。
そのため、この武装で使用した武器の類はわずか二種類だけだった。
ひとつは、フォートブラッグのハンドガンを改造したアンカーガン。純粋な射撃武器ではないが、使い方如何で様々な局面に対応できるこの装備をトロンは多用する。
後に、この装備はトロンの専用武装へと受け継がれることになる。

もう一つの武器は、コンバットナイフ。
顔立ちからすると、かなり過激なバトルをしそうなトロンだが無駄な流血は好まないらしく、このコンバットナイフも勝敗が決し、もはやこれ以上バトルを続けるのは無駄と判断した際、対戦相手のオーナー(もしくは神姫)に降伏を勧告するさいの脅しとして使用することが多い。




CIMG0958.jpg

今まで使用した武装や、バトルでの経験を集約してようやく完成したトロン専用武装「ソウルテイカー」。
SS第34話から使用。

CIMG0925.jpg

対レスティーア戦にのみ焦点を絞り完成させた武装パーツ。
サイフォスであるレスティアーに対抗すべく、ハンドガンタイプの火器を廃し、近距離接近戦にのみ主眼をおいた作りになっている。

果たして、その能力や如何に……。




それは、これからのSSで明らかになっていくでしょう(笑)。










ふう、長らくお付き合いいただきありがとうございました。これにてトロンの紹介は終わりにしたいと思います。


……それにしても、ホントに時間かかっちゃったなぁ。
金目verのトロンとソウルテイカー自体は、このブログを始めるころにはことに完成していたんですよね(苦笑)。
それが何故今頃になっての紹介かと申しますと、寝ぼけモードのトロンの製作が難航したためだったりします。
寝ぼけ顔のペイントがうまくいかないというのも理由の一つなんですが、最大の難関はそのボディーにありました。
デフォルトの素体では、完成した寝ぼけ顔と組み合わせると等身が高くてなんだかヘン!
けっきょく、3rd素体をリぺしての使用となりました。




CIMG0933.jpg

結果として、寝ぼけverと金目verでは、これほどの身長差が……いちおう、同一の個体なんですが……。
慌てて、SSの32話で後付設定を加えたしだいなんですが……もはやコレ、神姫じゃありませんね(笑)。

PageTop

わんだふるな登場人物たち その1

                □ 一ノ瀬 隣(いちのせ となり)

CIMG0645.jpg

ツリ目、ミニマム、ナインぺタと、三拍子そろった通好みの容姿を持つ高校二年生、17歳。
性格は直情的で頭に血が上りやすいが、情に厚い一面も併せ持つ。

自分の容姿に多大なコンプレックスを持つため、なかなか他人に心を開けない不器用な面をもつが、一度心を開いた相手に対しては、なんだかんだといいながらも助力を惜しまない、情にほだされやすい性格の持ち主。

幼いころから祖父に武道の手ほどきを受けており、その実力は相当のものである。

以前から、神姫に対しては並々ならぬ執着をもっており、ようやく悪魔型神姫を手に入れるが、隣にとって不運だったのは、その神姫が本物の“悪魔”だったことだろう。

トロンからは『リン』の愛称で呼ばれる。

「ランドセルの似合う女子高生」の異名を持つ。(トロン談)








……え~、ようやく本ブログのメインである、SSの登場人物の紹介であります。
第一話掲載からはや半年。

なにゆえこんな時期になったかというと、SSのメインの登場人物は、オーナー、神姫ともに、立体化したい! という一念からでした。
ですが、作業は難航。特に、隣は悪相という設定なのでなかなかイメージにあうパーツが無く、初めての全面的なアイリぺとなりましが、これがまた……。


                    うまくいかないッ!


画像を見てもらえれば分かると思いますが、ガタガタです。
これでも、何度もやり直したんですが……あはは。

いっそ、文章だけでの解説とも思いましたが、いままでの作業が無駄になるのももったいないので、あえてさらすことに決めました。
まあ、何度も失敗を繰り返せば、いまよりマシになると信じましょう(笑)。

CIMG0644.jpg




さて、これでは設定紹介だか愚痴のコーナーだかわからないので、続きをば。
隣のボディですが、これはピンキーとかいうシリーズから流用してきました。腕のポーズを少し変え、塗装もやり直しています。
最初はSDタイプとして作っておりましたが、隣はかなり背が低い(140センチぐらい)ので、むしろ、リアルタイプでも通用するかも(笑)。

CIMG0638.jpg

あまり見せたくはないのですが、拡大画像。
いつも不機嫌そうな表情の隣ですが、べつに怒っているわけではなく、これがデフォルト状態だったりします。


CIMG0634.jpg

これだけではちとさびしいので、オマケ画像を。
SS26話で、トロンに特訓をほどこすべく、テスト用素体にライドオンした、「一ノ瀬 隣、神姫ver」。
それにしても、SDverではそれほど目立たなかったのに、神姫verでは妙に頭がデカくみえますなぁ。
ほわい?

CIMG0635.jpg

使用したのは、ばら売りしていたリルビエートの素体をリぺしたものです。
といっても、赤の部分を黒で塗装した程度ですが、けっこう劇中のイメージに近くなりました。

CIMG0636.jpg

それにしても、いままで3rd素体を使用した神姫を買ってはいましたが、あまり箱からだして遊ぶことものなかったので気づきませんでしたが、3rd素体って、胸デカいんですね? し、知らなかった……。

劇中では、素体の胸のないことに激怒していた隣ですが、これなら本人も陰で喜んでいたことでしょう。

CIMG0639.jpg

リアル状態では、完全な“平地”ですからね(笑)。



さて、第一回目のSS登場人物の紹介は、ここらでお開きにしたいと思います。
今回の隣は、アイリぺの未熟さや、髪の隙間も満足に埋められなかったなど、不満点も多いので、いずれは全面改修に着手したいと思います。

次回は、隣のパートナーにしてこのSSのもう一人の主人公、トロンの紹介を予定しております。



まあ、いまだに未完成なのですが(笑)。







PageTop