神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

武装神姫 クロスロード 第40話

                    武装神姫 クロスロード
 
                  第40話 「ライドオン」




                      ── うっ!? ──

 意識の覚醒とともに全身を襲ったのは、耐えがたいまでの痛み。そして、あたしの目に飛び
込んできたのは、辺り一面火の海と化した家の中だった。
 壁も廊下も──ううん、家そのものが灼熱の舌に舐めとられ断末魔の悲鳴を上げている。
 その光景はまさに地獄そのものだった。

 でも、身体中を熱波と痛みになめ回されながらも、身体はあたしの意志とは無関係に
前進を続けた。
 目の前の床に倒れ伏した人影に向かって……

『……シャ、シャーリー……』
 あたしの口が、あの名前をつぶやく。

『ご、ごめん、シャーリー、ボク……』
 たったひとつ残った右腕を精一杯伸ばすが、今のあたしには人影までの距離はあまりに
も遠かった。

 力無く地に落ちる指先、あたしの頬を伝わる涙は熱のせいですぐに乾いてしまう。

『ふふふ……あーはっはっはッ!』

 突然背後で哄笑が響きわたる。反射的に背後を振り返る。廊下の端に転がっているの
は──あたしの下半身。

 哄笑の主は、その遙か高みからあたしを見下ろしていた。

                     サタナエル……

『何が神姫だ。“神なる姫”だ! この程度の力しか持たぬガラクタが私に取って代わろう
などとかたはら痛いわ!!』

 あたしの心に、憎しみや悔しさといった感情が流れ込んでくる。でも、もう身体が動か
ない。荒れ狂う炎の中で、サタナエルはいつまでも笑い続けている。

 

          そして、あたしの意識は再び闇の中に落ちていった……
             

                         ※


『……う、ここ…は?』
 ゆっくりと瞼を開くと、そこは薄闇に包まれていた。
『まったく、目が覚めてもまだ闇の中なんて──ん?』
 あたしは頬に妙な感触を覚え、反射的に指で頬をなぞる。

                    濡れていた。

 黒光りする鋼の指についた液体を見ながら、あたしはポツリとつぶやいた。
『涙……そっか、あれはトロンの……』
 あたしはこのとき、すべてを理解していた。

『トロンちゃん! 気がついたんだね?』
 あたしの思考を断ち切るように、いきなりルーシィが飛びついてきた。
『ちょっとルーシィ、落ち着いてって』
 涙でぐしょぐしょになった顔で頬ずりしてくるルーシィにちょっぴり辟易しながらも、
ようやくあたしは現状を思い出した。
 頭上では、ガーネットたちが乱戦の真っ最中だ。
『あ、あの、トロン…ちゃん?』
 ルーシィは、あたしを見下ろしキョトンとしている。
『ありがと、ルーシィ。ひとりでトロンを守ってくれてたんだね』
『へ? は?』
 大きく見開かれたルーシィの瞳に映ってるのは、まごうことなきトロンだ。
 とうぜんルーシィには今の状況は理解できないだろう。あたしは苦笑しながらルーシィ
のあたまを撫でてあげた。
『時間がないからくわしい話はあと! それより援護の方、頼むわよ?』
 身を起こしながら手短に用件だけ言うと、あたしは“黒き翼”をはばたかせ、飛翔した。


 しばらくして、遙か下からルーシィの悲鳴にも似た叫びが聞こえてきた。


『……たたた、たいへんじゃ───ッ! トロンちゃんがナンか変ッ!!』




           ……これじゃあ、援護は期待できないわね……

                        ※ 


                   何……この感じ?

 あたしは違和感にまゆをひそめた。妙に身体が重かった。少なくとも、トロンの特訓
につきあいネイキッドを動かしていたときはこんな感じはなかった。
 前方で行われてる戦いの喧噪に我に返る。

           いまはそんなこと気にしている場合じゃない!

 いったん戦いの場を見下ろすぐらい上昇すると、そのまま逆落としに降下する。
 あたしは、使徒のひとりに向かって右手を突き出す
『えっと、こう…かな、わっ!?』
 右手の肘に装備されていたアンカーガンが、ガスの噴出とともにいきおいよく射出される。
 あてずっぽうだったけど、運よくアンカーガンは使徒の持つビームガンを弾きとばすと、
そのままレスティーアたちの間をすり抜ける。
『トロン!?』
『貴様は!』
 レスティーアたちの声を背中で聞きながら、あたし降下を続け床に着地する。
 頭上に感じた殺気に我に返る。振り仰ぐと銃を失った使徒がビームソードを振りかざし
ながら一直線に突っこんで来る。
 突っ立ったまま自分を見上げるあたしをいぶかしながらもも、手にしたビームソードを
振りおろす。
『なっ?』
 ビームソードはその高熱の刃で深々と切り裂いていた。

                   自らの立つ、床を……

『どこを狙ってるの?』
『うおっ!?』
 何が起きたか理解できない使徒は、耳元で聞こえた声におどろくと、後ろに跳びすさっ
た。
『ば、馬鹿な! きさま、いったい何をした?』
 あたしはなにも答えず無言で手招きした。
 怒りに顔を朱に染めた使徒が切りかかってくるが、その軌道はあたしの手刀によって反
らされ、むなしく髪留めを切り裂いたにすぎなかった。
 驚愕にゆがむ使徒には何が起こったのか理解できなかったろう。
 手首を極められ、自らの身体で虚空に弧を描いた時も、そのまま破片をまき散らしなが
ら床にたたきつけられた瞬間ですら……

 完全に機能を停止させてしまった仲間を目の当たりにしても、使徒たちは固まってしま
ったかのように微動だにしない。
 そんな使徒たちの間を縫うように、レスティーアたちがあたしの横に降り立った。
『トロン、きさま──大丈夫なのか?』
『うん、なんとかね。それよりレスティーア、他のみんなはどうしたの?』
 使徒の攻撃で片方の髪留めが吹き飛んでしまい、乱れた髪が視界をさえぎり鬱陶しかっ
たので、あたしは残った髪留めで薄紫色の髪を頭の後ろでまとめながらたずねたが、
いつまでたってもレスティーアからの返事はなかった。
 いぶかしげに顔を上げると、レスティーアの手のひらがひたいに押し当てられる。
『……どこもおかしいとこなんてなんて無いわよ?』
 にぎったレスティーアの手首を、ひたいからはずしながら話しかけるがレスティーアの
まなざしは困惑の色を深めるばかりだ。
『いや、どうみてもおかしいだろう?』
『おかしくなんかないって! よく見てレスティーア、あたしよ、あたし!!』
 自分を指さしながら詰め寄ると、レスティーアは訝しげに見ていたが、ようやく気がつ
いたみたいだった。
『ま、まさか、一ノ瀬どの?』
 レスティーアが惚けたような顔をしたのは、ほんのわずかな間だった。すぐに厳しい表
情を浮かべると、今度は彼女が詰め寄ってきた。
『なんという無茶なことを、危険すぎます!』
『今のあたしと使徒の戦いを見てなかったの?』
 さも心外といわんばかりに顔をしかめてそう言うと、レスティーアは押し黙ってしまう。
『わかってる。あたしが今まで経験してきたことと、神姫たちの戦いがまるで異質だと
いうことぐらい。でもね、いまはそんなこといってる時じゃない。みんなで力を合わせな
けきゃ、あいつは──サタナエルはたおせない!』
 一気にまくして、あたしが息継ぎをしている間もレスティーアはだまってあたしを見つ
めるだけだった。
『わかりました、一ノ瀬どの』
 大きなため息とともに、レスティーアはそう言った。あたしはレスティーアの肩を軽く叩
くとそろって姫宮先輩の足下に駆け寄った。
『すみません、遅くなって』
 だいたい予想はついたけど、案の定返事はなかった。
 頭上を仰ぐと、姫宮先輩は目をまん丸くしてあたしを見下ろしている。
「せんぱぁああああいッ」
 不本意だが、あたしの現状にいっぱつで気づいたヤツもいたみたいだ。美佐緒は地響き
をあげながら走り寄ると、あたしを抱き上げ頬ずりをはじめる。
『ちょ、ちょっと美佐緒、落ち着いて……』
「いや~ん、せんぱいったらさらにちっちゃくなって可愛い! もうこのままぺろぺろし
た──げほ!?」
 あたしの右ストレートが頬にめり込み、美佐緒はもんどりうって倒れ込む。
「せんぱいったら、ひどいです~」
『うるさい! PBぶち込まれなかったことに感謝しろ!!』
 頬を押さえながらブーたれる美佐緒を一喝していると、背後から遠慮がちに話しかけら
れる。
『……そのリアクション……』
『ほんとうに、隣どのでござるか?』
 振り向きながら重々しくうなずくあたしに、リベルターとガーネットが顔を見合わせる。
『まったく。そこまで自虐嗜好のある方だとは存じませんでしたわ。それ以上小さくなっ
てどうするつもりですの、隣さん?』
『ちっちゃいって、言うな────ッ!』
 あきれ果てたといわんばかりの顔で話しかけるリューネに、あたしは中指を突き立てな
がらツッコむ。
『隣どの、落ち着くでござるよ』
 ガーネットの声に我に返ると、あたしは数度深呼吸を繰り返した。
『そうね、今やりゃなきゃならないのは……』
 

 そう言いながら前方に視線を向ける。あたしたちを見つめるサタナエルは、冷ややかな
笑みを浮かべていた。

スポンサーサイト

PageTop

武装神姫 クロスロード 第39話

                 武装神姫 クロスロード

              第39話 「ふたつでひとつ」

 あたしはサタナエルから逃げ出すようにゆっくりと後ろに下がりだす。
 でも、決死の逃避行は背中に当たった壁のせいで数歩で終わりを迎えてしまった。
 とっさに左右に視線を向けるが、どちらに逃げようともサタナエルには想定内のことだ
ろう。きゅっと吊り上がったサタナエルの口元が、無言でそれを肯定している。

 眼孔のような砲口から光があふれだす。どうあがいても現状を打破できないことを悟っ
たあたしは、トロンを力一杯抱きしめサタナエルの攻撃からかばうようにしゃがみ込む。

『秘剣……刃狼ッ!!』

 振り仰いだ全員の瞳に、大気を切り裂く巨大な狼の姿が映しだされる。
 とっさにフィールドを展開させたサタナエルに、狼の咢がおそいかかった。
『ちっ!』
 ダメージこそ与えられなかったみたいだけど、サタナエルの巨体がはげしく揺さぶられる。
 天井の大穴から小さな人影が身をひるがえし、音もなくあたしの目の前に着地する。
『大丈夫でござるか、隣どの?』
「うん、なんとか……でも、トロンが大変なの!」
 あたしは、握りしめていたトロンを差し出す。ガーネットはひとしきりトロンを調べて
いたけど、やがて顔を上げる。
『これはいったい……何があったでござるか?』
「それがわからないのよ。サタナエルから昔の話を聞いたとたん、こんなんなっちゃって」
 身振り手振りを交えて事の顛末を説明するが、ガーネットはますます眉をひそめるばかりだった。
 しばらく黙り込んでいたが、奥の方からあたしを呼ぶ声が聞こえてきた。
 目を凝らして薄闇を擬視すると、階段の中程から美佐緒がおっかなびっくり顔を出して
いる。
「美佐緒!? あんたこそ大丈夫? どこも怪我してない?」
「はい」
 美佐緒の声に安堵し胸をなで下ろしていると、複数の足音が階段の方から聞こえてきた。
足音は、すぐに懐かしい人たちの姿へと変わった。
「みんな!」
 あたしはサタナエルをさけるように大きく迂回しながら階段の方へと向かった。
 不思議なことに、サタナエルは一瞬美佐緒たちを横目で見るが、興味がないといわんば
かりに微動だにしない。
「一ノ瀬くん、無事かい?」
 つかの間の再会を喜び合っていたけど、それもわずかなことだった。
「あたしなら平気です。でも、トロンが……」
 店長さんたちの目の前に、あたしはトロンを差し出した。
「!? いったい、これは……」
「わかりません。トロンの過去を聞いたとたん、こうなっちゃって……」
「なんだって、過去?」
「ええ、……店長さん、ひょっとしてトロンの過去を……」
 過去という単語に店長さんの表情がサッと変わった。あたしの問いかけにも答えようとしない。
「あの……」
『リンさまぁああああ!』
 場違いなほどの明るい声に、頭上を仰ぎ見る。レスティーアに抱き抱えられたルーシィがあた
しに手を振っている。
 爆撃機の爆弾よろしく、空中で投棄されたルーシィがあたしめがけて飛び込んできた。
 あわてて受け止めると、あたしはしっかりとルーシィを抱きしめた。
「ルーシィ! よかった、無事だったんだね?」
『はい、わたしはだいじょうぶです。リンさまこそ、お怪我はありませんか?』
 心配そうにあたしの全身に目をやるルーシィに、あたしは苦笑した。
 あたしたちの足下に着地したレスティーアにリューネ、そしてリベルター。多勢に無勢、
あれだけの使徒を相手にみんな大なり小なりダメージを受けているみたいだけど、とにも
かくにもみんなの無事な姿にあたしは心底安堵した。
『リンさま、トロンちゃんはどこです?』
 キョロキョロとあたりを見回すルーシィ。あたしは床に横たわったトロンを指さした。
『トロンさん?』
『そんな、バカな…』
 リューネとレスティーアとが信じられないという風にあたまを振る。
『うそ……トロンちゃん?』
 ルーシィはよろけながらトロンのそばにいくとしゃがみ込んでしまう。
『ねぇ、起きてよトロンちゃん』
 すがりつくように身体をゆさぶるが、トロンは目を覚まさない。
『ねぇってば、トロンちゃん!』
 さらに強くトロンをゆさぶるルーシィ。あわてて止めようとするが、背後からリベルタ
ーがルーシィの身体を抱き抱える。
『だいじょうぶよ、ルーシィ。トロンはシステムダウンをおこしているだけ、時期に目を
覚ますわ』
『ほんとうですか?』
 すがるように尋ねるルーシィに、リベルターは力強くうなずいてみせる。

「しかし、意外な展開ですねぇ」
 この戦いが始まってから傍観者の立場を貫き通していた片桐が、あたしたち一同をゆっ
くりとながめてからようやく口を開いた。
「サタナエル、現在稼働中の使徒の数は?」
『六体です』
 間髪入れずに答えるサタナエル。片桐はあごに手をやり考え込む。
「しかし、意外な展開ですねぇ」
「何が意外なのよ?」
 同じセリフをくりかえしながらまた考えこむ片桐に、あたしはいらだちを隠そうともせず
言い放った。
「いえね、<ナイン>のみなさんならいざ知らず、スペック的にも使徒たちがこちらの神姫
さんたちに負ける要素がみあたらないんですよ」
 片桐はそこで話を区切ると、ハンカチをとりだしメガネをふきはじめる。
「それなのに、現実は半数以上の使徒を失ってしまった……やっぱりこれって、意外な
展開だと思いませんか?」
「思わないわよ!」
 メガネをかけなおしながら尋ねてくる片桐に、あたしは歯をむき出して答えた。
 あたしの剣幕に片桐は肩をすくめるが、天井に向かって指を鳴らした。
 天井の穴から小さな影が姿を現し、片桐の周りに浮遊する。使徒たちはあきらかにおび
えていた。

                    そう、片桐に。

 ところが、当の本人はそれに気づいた素振りも見せなかった。
「まあ、いいでしょう。私がみたところ、みなさん青色吐息といった様子ですし、後はサ
タナエルにまかせましょう」
 片桐が話し終わると同時に、ゆっくりとサタナエルがあたしたちの前に進み出る。
 ガーネットの必殺剣ですら、サタナエルにダメージらしいダメージを与えることができなかった。

 ダメなものはダメ。あたしは気持ちを切り替えると、こんどはまわりを見渡した。
こっちはルーシィやレスティーアたち全員が、少なからずダメージを受けている。
 そりゃそうだろう。三倍近い数の差に加え、ただでさえ規格外の能力をあたえられた使
徒たちを相手に戦ったんだ、一人の犠牲もでていない現状は奇跡と思うべきだ。
『ふう、仕方がありませんわね』
 大きなため息をつくと、リューネが前にでる。
『落ち着けグリューネワルト』
 肩に置かれた手を、リューネは振り向きざまに払いのける。
『落ち着いたからといって、何か状況が変わりまして、レスティーアさん?』
『確かに……このままにらみ合っていても埒があかないでござる。ここは無茶を承知で敵
陣に切り込み、死中に活を求めるしかないでござるな』
 ガーネットは、籠手の留め具をきつく締めながらそう言うと、こっちに振り返った。
『拙者たちが突入したら、美佐緒どのたちはすぐにこの店から逃げるでござる』
 思いもしないガーネットの提案に美佐緒は狼狽するが、それはほんのわずかな間だった。
「な、何を言ってるの? ガーネットを置き去りにして逃げられるわけないでしょう!」
 声を荒げながら詰め寄る美佐緒。でも、ガーネットは顔色ひとつ変えない。
 ルーシィは、初めて見る美佐緒の真剣そのものの表情に、トロンを抱き抱えたまま唖
然としている。
『それでは拙者が困るでござるよ。美佐緒どのにもしもの事があったら、それこそ拙者
あの世でお館様に合わす顔がないでござる』
 ガーネットの悲壮な決意に気づいたのだろう。美佐緒は口ごもってしまうが、それは一
瞬のことだった。
「だめ! だめ、だめ、だめ!! 神姫とマスターは二つで一つなのよ? そんなの絶対
にだめッ!!」
 狂ったように頭を振り続ける美佐緒を、あたしは慌ててなだめすかした。

 そのとき、あたしの脳裏に美佐緒の声が木霊した。


                  神姫とマスターは二つで一つ


「そ、それよッ!」
 思わず叫んでしまったあたしを、美佐緒が涙でぐしょぐしょになった顔で見ている。
「店長さん、お願いがあるんです」
 わけがわからず怪訝な顔をする店長さんの耳元に、あたしは堰を切ったように話し出す。
「……な!? む、無茶だ! そんなこと……」
 そこまで話すと絶句してしまい、言葉が続かない店長さん。
「確かに無茶は承知です。うまくいっても現状を変えられるかはわからない。でも、もう
それしかしか手はありませんよ?」
 たたみかけるようにそう言うと、店長さんは追し黙ってしまった。
「一ノ瀬さん、いったい何を……」
 店長さんの表情から何かを察したのか、姫宮先輩が心配そうに話しかけてきた。
「もちろん、起死回生の策……とまではいかないけど、少しはこの状況は変えられると思
う……でも、そのためにはみんなの助けが必要なの!」
 いっきょにそうまくしたて軽い酸欠におちいったあたしを、レスティーアたちが怪訝そ
うに見つめている。
『何をお考えなのです、一ノ瀬どの?』
 大きく深呼吸を繰り返すあたしに、みんなを代表してレスティーアが話しかけてくる。
『隣さん、急いでください。ここは私たちが!』
 みんなの上げた疑問の声をさえぎるように、手にしたLC5レーザーライフルをかまえ
ながらリベルターが叫ぶ。
『リベルター、どこまでも愚かな奴──そこまでしてその出来損ないたちを庇う価値なぞ
どこにある?』
『あなたこそはまだ気づかないの? 神姫たちは出来損ないなんかじゃないわ!』
『馬鹿な……奴らのどこが我々より勝っているというのだ?』
 あからさまに侮蔑の表情を浮かべるサタナエル。それを見つめるリベルターの瞳が悲し
みにゆらぐ。
『そう、私たちは神姫たちより優れた存在かもしれない。でもそれは、性能だけの話……
彼女たちは私たちには無いものをもっているわ』
『何、だと?』
『それは、“可能性”よ』
 一語一語区切るように話すリベルター。サタナエルはうつむき黙ったままだ。でも、そ
れはすぐに場を揺るがすほどの哄笑へと変わった。
『アーハッハッハッハッハッ!! 何が“可能性”だ! 笑わせるな』
『……最初から完全な力を与えられたセンジュも紅御雷も最後までそれに気がつかなかった。
でも、神姫たちは無限に成長する“可能性”を持っている』
 淡々と話すリベルター。それは、以前店長さんが話してくれたことおなじだった。
『くだらん! そのような不確定要素で何ができ──何ッ!?』
 とつぜん放たれたビーム、サタナエルはフィールドを展開し間一髪でそれをさえぎる。
「レスティーア!」
 手にした銃を乱射しながらレスティーアが突進する。そのすぐ後ろにガーネットも続く。
 いきなりはじまった戦いに慌てて駆け寄ろうとすると、足下から氷点下級に冷めた声が
聞こえてきた。
『……貴女は、いつまでそんなところでボケッと突っ立ているつもりですの?』
「リューネ?」
『レスティーアさんたちは、貴女のために時間稼ぎをしていましてよ? 何か策があるの
なら、さっさと行ったらどうですの?』
『そ、そうです。こ、こ、ここはわたしたちにまかせてください! ……で、でも、なる
べく早く戻ってきてくださいね、リンさま?』
 リューネの横で、ビームガンを抱きしめながら涙目になったルーシィが哀願する。
『大丈夫です。ルーシィは、私とリューネで守ります!』
 ルーシィのそばに音もなく降り立つリベルター。
「ごめん、みんな。少しの間だけがんばって! 店長さん!!」
「わかった。急ごう」
 ようやく納得してくれた店長さんをうながすと、あたしたちはきびすを返して走り出す。





     この状況を打開できるかもしれないあの場所、地下室に向かって……

PageTop