FC2ブログ

神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

「エピオン ガルラーク」

CIMG3777.jpg


◆機体解説

本機はOZ総帥の座を追われ失脚したトレーズ・クシュリナーダが密かに開発させていた機体
ガンダムエピオンの試作機である。
トールギスとオペレーション・メテオに投入された5機のガンダムのデータをもとに開発されて
おり非常にハイスペックな機体に仕上げられている。

トレーズ・クシュリナーダの意向を尊重しており、MS形態では火器の類を一切装備しない近接
接近型の機体に仕上がっている。

◆武装

CIMG3778.jpg

◆「ヒートクロー」
両腕に取り付けられた鉤爪状の武器。
使用時は表面が灼熱化し、敵装甲を熔断するほどの威力を誇る。
通常のエネルギー系の武器と違いジェネレーターにかかる負担が非常に少なく効率の
良い武器である。
MA形態時はランディングギアとしても機能する。

CIMG3782.jpg

CIMG3780.jpg


◆「ビームサーベル」

腰のサイドアーマーに収納。
トールギス等のMSの使用するものと同等な性能を持つ。
威力に関しては、完成形のエピオンのハイパービームサーベルと比べるとはるかに
劣るが、本機においてはハイパービームサーベルに使用するジェレネレーターの
出力をスラスター等に回し機動性を高めた方が有効と判断され、ビームサーベルは
一般的な物に交換されている。




◆「MA形態」

CIMG3749.jpg

完成形のMA形態は機動性と巡航性能を重視したが、エピオンガルラークの開発陣は、
火器を搭載せず、あまりにも近接戦闘に特化したMS形態に疑問を持ち、MA形態はそれを
補う能力を付加した。

CIMG3758.jpg


CIMG3765.jpg

◆「ツイン・ガルラークキャノン」

龍の頭部を彷彿とさせる部分から放たれる高出力のビーム砲。
碧い炎を思わるビームであり、広範囲のものを一瞬で蒸発させるほど強力な破壊力
を持つ。

CIM1100.jpg

◆「ヒートテイル」

MA形態時における近接接近用の武器。
取り付け位置の関係から攻撃範囲が限定されてしまうが、その破壊力はヒートクロー
の比ではなく、灼熱の鈍器というべきものが放つ一撃は間合いに入ったMA数機を
瞬時に破壊してしまう。

CIM1102.jpg

また、ヒートテイルはツイン・ガルラークキャノンと違いMS形態でも使用でき、敵パイロット
の死角から攻撃することもできる。

完成したエピオンガルラークは非常にバランスのとれた機体となったが、騎士道精神を貴ぶ
トレーズ・クシュリナーダから見れば本機は「邪道」と判断され日の目を見ることは無く、後に
本機をベースにガンダムエピオンが完成することとなった。









はい、長々とお付き合いいただきありがとうございました。
稚拙な設定でございますが、これにて「エピオン ガルラーク」の紹介を終了したいと思います。



はぁ、「プカップ2」が終了して、どんだけ時間がかかっているのやら(苦笑)。


はじめは、モトネタになったドラグエピオンみたいに最小に改造で済ますつもりでしたが、気が
つけば……。

CIM1103.jpg

見た目は1/144と1/100くらいのサイズ差が……もう、ほとんどベツモノですね(笑)。







オマケ。

CIMG3766.jpg

CIMG3767.jpg

「エピオンビーム」
もともとなんでもありの「ビルドファイターズ」にでてくるガンプラと作ったガルラークです
のでこういのもアリかと(笑)。

しかし、さすがに正史の世界観では許されないでしょうね。

でも、「ガンダムビルドダイバーズ」では、足の裏にビーム砲を内蔵したジェガンブラスト
マスターなどというガンプラも出てきたことですので、いつか「ビルド」系なら、股間からビーム
を放つお下品なガンプラが登場するのを楽しみにしています。

CIMG3768.jpg

「フルブラスト」(笑)。
























【履帯の小部屋♪】


さて、新たに始まりました新コーナーでございます。

最近ガルパンの面白さに気づいた男シロが、独自に戦車道を極めようと始めました。



まあ、そんな大げさな物ではないですが(苦笑)。



とりあえず手元にある未完成の戦車は以前紹介した菱形戦車のMK・Ⅳしかないので、
時間をみつけて膨大な数の履板をコツコツ作るだけというコーナーです。








個人的にはスルー推奨です(笑)。

CIMG3793.jpg

とりあえずランナーをよく見ると、右側に履板本体と思われるパーツが40ほど付いています。
……同じランナーがあと4枚ありますから、計200コマ履板を作るわけですね。




なんか、イロイロ込み上がってきました。


なんかどうでもよくなってきましたが、さすがに一回目の途中で投げ出すのもアレなので、
レッツトライ!

CIMG3794.jpg

図面を見ると、板本体に左右貼りあわせたチェーン(?)のようなパーツをふたつ付けると
いうのような構成(泣)。

はじめはチェーンの様なパーツを先に貼り合わせていたのですが、この方法だとまったく作業
が進まない(怒)。
イライラしながらもう一度図面をよく見ると、どうやら履板に溝の様なものが彫ってあり、そこに
はめ込むようだと気づきました。

今までの苦労は何だったのか?

怒りに体を震わせながら、再び作業を開始しました。

CIMG3795.jpg



◆本日の完成品 7コマ

◆合計数     7コマ

◆残り       193コマ











……ドンマイ、自分!

スポンサーサイト



PageTop