神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

我が家の神姫たち その8

“先日、依頼のありました『斬屹公主』についての件、現時点で判明しましたことのみ、取り急ぎ報告いたします。

 まず、今回の内容および、最近巷を騒がしているこの神姫についての情報は、事件当時、現場に居合わせた神姫オーナーの証言と、彼女と戦い生き残ることのできた少数の神姫のメモリーを参考にしたものです。
 あくまで断片的な情報が多いため、本報告書も、不明瞭な点が多々あることを記しておきます。

  斬屹公主の名が人々の噂に上がったのは、ひと月ほど前に起こった武装神姫襲撃事件に端を発します。
 白昼にもかかわらず行われた凶行のため、事件当時居合わせた神姫二体が破壊され、それを制止しようとしたオーナーも重傷を負いました。
 この事件の後、斬屹公主の手により破壊されたと推定する神姫の数は三十を超え、負傷した神姫オーナーの数は八名、死者一名にのぼります。

 今回添付いたしました画像を見ていただればお分かりかと思いますが、斬屹公主の使用している武装は既製品に該当するものがなく、素体自体にもかなり手を加えているらしく有力な情報が乏しい状態であり、当局も斬屹公主のオーナーの割り出しに苦慮している模様です。

 また、先日発生した斬屹公主のBMA主催のトーナメント会場への介入事件。この一件では、襲撃者側に数体の神姫が確認されており、その中には『嘲笑うもの』や『絲』の姿も確認されております。

 本来なら、死傷者まで出てしまった一連の事件は、然るべき公的機関に委ねるのが筋であり、我々が関与すべきことではないかもしれません。しかし、今回の凶事で、斬屹教主があの悪名高い<狩るもの>となんらかの関連があるのは明白です。

 こと、このような事件が発生したとあれば、我々BMAも、なんらかの対抗措置を早急に検討すべきかと考えます。”


                         武装神姫バトル管理協会に提出された報告書より抜粋


                            ※



さて、いつも以上に紆余曲折を繰り返しましたが、ようやく完成!



CIMG1085 - コピー

名称は、白狐型MMS 「斬屹公主」(ざんきつこうしゅ)です。

同族である神姫を襲い、容赦なく破壊する神姫集団<狩るもの>の一人。
俊敏性に富み、卓越した剣の使い手でもあり、距離を詰めた戦いを得意とする。
基本的に射撃系の武器は持たないが、リアユニットより強力な電磁波を発生させ、周囲の精密機械(この場合、神姫)に機能障害を起こさせ自らに有利な環境を作り戦う。

普段は貴人のような身のこなしと優雅なしゃべり方で相手と接するが、些細なことで激昂する。
一度激昂した斬屹公主は、相手を完全に破壊するまで戦いを止めようとはしない。

少々短いですが、以上が斬屹公主の基本設定です。

では、続きをば。


CIMG1089.jpg

まずは、フロント。

今回のモチーフは「狐」と決めていましたので、カラーは白一色と決めていました。
最初は、マスクにのみ狐っぽいメイクを施して終了と考えていましたが、いざ見てみるとやはりさみしい。
けっきょく、全身に紋様のようなモノを書き足しました。
ところがいざ作業してみると難しいのなんの! 書いては消し、書いては消しを繰り返しました。

いまだに「白兎」という印象が離れないもので、腰アーマーにも狐顔を描いてみましたが、今度はなんか「白ネコ」みたにみえる有様。いやはや、ホントに塗装ってむずかしいですねぇ。

CIMG1094.jpg

そして、リア。

前々回の記事と比べてみると、一部形状が変わっています。
もともと斬屹公主には、剣とハンドガンのような武装を持たせる予定でしたが、ハンドガンのほうがどうも納得のいく物ができませんでした。
考えた末に銃は取りやめ、武装は剣のみとしました。リアパーツの下の部分を撤去し、大振りの太刀をつけてみました。

CIMG1090.jpg

装備する武器が剣のみと決めた時点で、斬屹公主の得意とする戦いは近接接近戦確定です。

CIMG1095.jpg

まずは、音もなく標的に接近し、リアユニットから高周波の電磁波ノイズを発生させます。対象となった神姫は、EMIに対するなんらかの対抗処置を施されていない限り、著しい機能障害を起こします。

CIMG1093.jpg

動くこともままならない身体で放つ起死回生の一撃も、両肩から発生させたフィールドで難なく弾き返す公主。

CIMG1100.jpg

CIMG1096.jpg
 
悠然と歩みつつ、大太刀<斬姫刀>で哀れな得物を一刀のもとに切り捨てる公主。
ゆっくりと倒れ伏す神姫を見下ろしながら、公主は満ち足りた笑みを浮かべる。

彼女の、狂気にも似た憎悪を癒すものは<斬姫刀>より零れ落ちる真紅の雫のみ……。


                         ※



と、まあ、かなりアレな内容ですが、我が家の悪役第二弾、「斬屹公主」の紹介でした。

CIMG1105.jpg

以前作った「嘲笑うもの」。夜な夜な『神姫狩り』を続ける彼女ですが、どうせなら仲間がいた方が面白いのではなかろうと思い、今回の公主をメンバーに加えてみました。

CIMG1109.jpg

もっとも、当の本人たちからしてみれば“仲間”などという言葉は、意味のない単語にすぎないでしょう。

CIMG1111.jpg

CIMG1110.jpg
 

彼女たちからすれば、互いもまた使い捨ての“道具”にすぎないのですから……。




ハイ、今回も長々とした設定にお付き合いいただき、ありがとうございました。

当ブログ、二人目の悪役神姫、斬屹公主の紹介です。

毎回、紆余曲折を繰り返していますが、今回も相変わらずでした……。
反省点は色々ありますが、やはり、プロポーションを重視して膝関節を撤去したのは痛かったです。上半身はそこそこ動くのに、ぜんぜんポーズ付けができませんでした……。
やはり、もう少し全体像を把握しながら作業しないとダメですね(ハァ)。

<ナイン>の対極的な位置にいる<狩るもの>。最初は嘲笑うものを指す言葉だったのですが、今回めでたく集団化いたしました(笑)。
漠然とですが、何人かはイメージは固まっていますので、そのうち立体化できればなぁ、と考えております。

それでは、今回の「我が家の神姫たち」は、ここらでお開きにしたいと思います。


では!


 


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いやー・・・やはり綺麗に塗装すると文字通り化けますね!

黒い「嘲笑うもの」と白い「斬屹公主」のツーショットがまた映えますね。悪役ではあるものの、古びた神社にボワッと現れそうな荘厳さも持ち合わせたミステリアスな白狐!

なんだかセットにすると太極図っぽくていいですね。やはりシロさんの武装構築スキルは凄い・・・羨ましいっす!

初瀬那珂 | URL | 2013-03-31(Sun)10:58 [編集]


>初瀬那珂さん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

本当に、作ってる最中はどうなるか事かと思いましたが、塗装終了後には、それなりにまとったような感じになりました(汗)。

一時は黒系もいいかな、と思った公主ですが、やはり白系にした方が嘲笑うものと対照的になって良かったようです。
公主のイメージは、まさに初瀬さんのコメントのような感じですね。

製作日記にあるように、行き当たりばったりで迷走する私には、武装構築スキルなぞ皆無ですよ。
ホント、もう少し計画性がほしいデス……。


シロ | URL | 2013-04-01(Mon)19:39 [編集]


いいですね!この模様がなんとも!!
光背っぽい武装も相まって、神性がやけに怖さを引き立ててる気がします^^;
と言いますか、素直に怖いです……
これぞ悪の華といった感じが何とも――ツボです!!
滲み出る強敵らしさ、ウチもこういう神姫が作れるようになりたいです……

天使と悪鬼の衝突は、ぜひぜひ物語を読んでみたいです!
報告書を見る限りでは<狩るもの>も複数いるようですし、全面戦争になったら……
オラわくわくして来ました!!


そして因幡の白兎の件、すごい今更ですがやはり耳だと思います^^;
耳は頭に垂直に生えてる方が狐をイメージしやすいかと。

たKIがわ | URL | 2013-04-02(Tue)02:48 [編集]


>たKIがわさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

リアパーツは、背中がさみしかったのでつけたのですが、ハッタリが効いてるようで私もお気に入りだったりします。
紋様は、対になっているところでも「長さ」、「幅」、「形状」がバラバラというありさまなんですが、そういっていただけるとうれしいかぎりです。
自分にとって、白=正義という安易な考えがあるんですが、やり方次第では、けっこうイメージ変わるもんだなぁと、改めて思いました。

公主の原点は、実は九十九さんの九尾型武装だったりします。
今回、自分なりに「狐型武装」に挑戦したんですが……何だか似ても似つかない代物が出来上がりました。
嘲笑うものの時もそうですが、なにゆえインスピレーションを受けた神姫さんとは似ても似つかぬ方向にいくのか? 自分の暗黒面(の先っちょ)を垣間見た気分です……。

<ナイン>VS<狩るもの>。いずれは挑戦してみたいネタではありますね。
もっとも、現状では9対2で袋確定でしょうが(笑)。

耳に関しては、たKIがわさんのコメント通りかと……。
作業中はそうでもなかったんですが、時間経過とともに「コレじゃない感」がジワジワと……。
これだったら、ベースに使ったバウンドドッグのモノを、そのまま使った方がよかったかもしれませんね(苦笑)。

シロ | URL | 2013-04-03(Wed)07:23 [編集]