神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

初体験……

ようやく灼熱地獄も終わり、少しは過ごしやすくなってきましたねぇ。
でも、明け方は少し寒いですが……。

最近の私のライフワークですが、やはりSSがメインになっております。
まあ、まったく筆が進まないよりはマシなんでしょうが、立体モノの方はまるで手つかず。この手の作業はマルガリータのプチ改修がいまのところ最後です。

ひさしぶりに神姫の改造を、と思いましたが肝心のネタが思い浮かばないありさま(汗)。
しかたないので、リハビリ代わりにここ数日プチ製作にとりかかっていました。

CIMG1384.jpg

☝の品は、AK-GARDENで購入しました「火炎放射器」です。例の安心病がでてしまい、しまい込んだままになってましたが今回めでたく製作と相成りました。

とはいえ、じつは私、ガレージキットに挑戦するのってこれが初めてだったりします。さてさて、どうなりますことやら……。

さぁて、ガレキといえば全身をくまなく覆っている離型剤を落とさねばなりません。まずはここから取り掛かりますか。
一般的には水(お湯だっけ?)に中性洗剤を入れたものの中にガレキを放り込み、離型剤を落とさにゃなりませんが、じつは我が家には☟のようなものがあります。

CIMG1310.jpg

パンパカパ~ン!

「離型剤落としぃ~~~~~!!」(ド〇え〇ん風に)

水in中性洗剤につけこんだガレキは、歯ブラシなどでよく擦って離型剤を落とさにゃならんそうですが、☝のブツは、
な、なんと! 漬け込んでおくだけで離型剤が落ちるそうなんですよ、奥さん!

最近、息をするのもおっくうになってきた横着者の私としては、こんな便利なアイテムを使わない手は……え? 「なんでガレキ作るの初めてのヤツが、こんなモノ持ってるんだ?」ですって?

フッ、私の部屋には、いつ使うとも分からないこの手の品が、数多く押入れに眠っているのDEATH!
まあ、備えあれば憂いなしと言いますしね(そして大半のブツは、一生日の目を見ることもなく押入れの中で余生を送るわけですが……)。

おっと、また話が脱線してしまいました。それでは作業の続きを……。

CIMG1311.jpg

組み立て図とにらめっこしながら本体を組み立て、まずは離型剤落としにブツを漬け込み、待つこと五分。
その間、オリンピック開催における日本経済の活性化について熟考するもよし! はなをほじりながらボォ~っと天井を見上げているのもまたよし!!
あっという間に五分が過ぎ、作業終了です(ら、楽だ!)。

パーツを引き上げ自然乾燥させます。瞬く間に乾いたので続いて塗装を、と思ったのですが、いきなりペイントするより念のためにサフ吹きしたほうがいいと思い直し、さっそくビャアーっと吹きました。


……が、ここで恐るべき事態が!

サ、サーフェイサーが弾かれるゥゥゥウウウッ!?

ホ、ホアイ!? 一部分だけなのですが、まるでIフィールドに弾かれるビーム兵器のようにサフがのりません。
う~ん、やっぱりこれってブラシで擦らなきゃだめなの? でも、漬け込むだけでいいって書いてあったんだけどなあ……。

しばらく呆然としてましたが、二つの対策が脳裏に浮かびました。

① 泣く泣くサフを落とし、漬け込み作業からやりなおす。

② メンドクセーッ! このまま強引に塗装に入る。

とうぜん思慮深い私としては②以外に選択肢はありません!

愛用のシタデルカラーなら隠ぺい力も高いしなんとからなるべ、と思い作業再開。
でも、多少は塗料はのりますがやっぱり弾かれます。しかしここであきらめても仕方がないので塗っては乾かし、塗っては乾かすを繰り返しなんとか下地塗りを終えました。

あ~、疲れた。楽したかったのにこんなに苦労するなんて……ホント、人生ってままならないですねぇ。
ま、気落ちしてても仕方がないし、続きといきますか!

とはいえ、続きといってもあとは本体の塗装だけですがね(笑)。
パケ絵どおりというのも面白みに欠けるような気がしたので色を変えてみました。
自分の中では、この手の武器って使い古しというイメージがあったので、シルバーをベースに少々汚しを加えてみたんですが……。

CIMG1383.jpg

……うん、キタネェだけだな、こりゃ!!

パケ絵どおりに塗れば良かった! 激しい後悔の念に苛まれますが、塗りなおす気も更々ないですし、このままいくことにします(笑)。

それにしても、生まれて初めて作ったガレキが火炎放射器って、どんなもんなんでしょう?

まあ、考えてもむなしくなるだけですし、塗装のせいで出来はイマイチですがせっかく作ったんですからさっそく実装してもらいましょう。

CIMG1452.jpg

シロ「では武装神姫、マルガリータさんの登場です。張り切ってどうぞ!」

CIMG1447.jpg

マルガリータ『………………』

シロ「おお、グレイトだぞマルガリータ! 今のオマエは、まさに戦いの女神!!」

マルガリータ『………………』

CIMG1449.jpg

シロ「ん? どうした、さっきから黙り込んで?」

マルガリータ『……なんか最近、あたしのあつかい悪くない?』

シロ「そんことはないぞ、その火炎放射器だってお前にピッタリだ」

マルガリータ『あたしに似合うっていうならアリシアにやらせればいいでしょう! あの娘だってあたしと同型機じゃない(射撃専門だけど)!』

シロ「あいつは無理だ」

マルガリータ『何でよ?』

シロ「あのヤロー、オレが楽しみにとっておいたガリガリ君(コーンポタージュ味)を盗み食いして、いま腹を壊して寝込んでるからな! きっとバチがあたったんだろう」

マルガリータ『……バチ以前に味に問題があるんじゃない? アレって……』

シロ「いいや、ぜったいバチだ! それよりホレ、せっかくだからもっとポーズとかとってみ?」

マルガリータ『やーよ、こんなダッサイ武器。それより、もっとおしゃれなやつはないの?』

シロ「何を言うんだスイート・ハート? これほどお前の「凶暴性」や「猛々しさ」を体現した武器は他にないぞ」

CIMG1453.jpg

マルガリータ『黙って聞いてれば好き勝手言ってんじゃないわよ! ……あれ? あれ?』

シロ「ん~、どうかしたのかい、マルガリータくん?」

CIMG1455.jpg

マルガリータ『何で炎がでないの? あっ、あんた燃料を抜き取ったのね?』

シロ「ふっ、このオレがそんな姑息な手を使うわけあるまい?」

マルガリータ『じゃあ、何で炎がでないのよ!』

シロ「それはだな……たんに炎のエフェクトがないからなんで~す。 や~い、ひっかかってやんの~」

CIMG1458.jpg

マルガリータ『ふざけんな、コンチクショ─────ッ!!』

シロ「げほっ!?」



                       <劇終>
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

初ガレキおめでとうございます。
自分のとこは表面処理する過程で紙やすり全体に入るから
それで落ちちゃうんじゃね?って思って離型剤落しは使ったことないですね
少し気になるので今度一度使ってみようかな・・・

人によってはメガネの洗浄機で落としたりするみたいですね
結局600番くらいで表面荒らしておかないとプライマーの食いつき悪かったりしますし
下地処理はすごいめんどくさいけど、やらないと塗装が後からハゲやすいですし・・・
もっと楽な方法あればいいんですどね(笑)

火炎放射って実物みたことないですけど(そりゃそーだ)
シロさんが塗装された奴の方がすごいそれっぽい感じがします。
金属っぽくてすごい良い感じですね。
マルガリータちゃんとのコントは何時もどおり(笑)で楽しそう!

駆炉栖祁(くろすけ) | URL | 2013-09-24(Tue)07:27 [編集]


初ガレキ完成おめでとうございます!
火炎放射器良いですね~こういうのもかっこいいです
塗装も「本物!」って感じがして素敵です
実にマルガリータさんにぴったりですね!(怒られるかな…

塗装がはじかれるとのことでしたが、塗装をする前にメタルプライマーを吹くと普通のプラみたいにくいつきますよ
自分はいつもホームセンターで売っているアサヒペンのメタルプライマーを使ってます
詳しくはよく知らないのですが、ニトロセルロースが含まれているものが良いとかなんトカ
次にガレキを作られるときには試してみるのをお勧めします
すでにお使いでしたら聞き流してくださいね

にしてもマルガリータさんはホント表情豊かで可愛いなぁ~

oden | URL | 2013-09-24(Tue)22:16 [編集]


>駆炉栖祁さん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

まさか、初ガレキ製作でお祝いの言葉を頂けるとは夢にも思いませんでした。ありがとうござます。

なるほど、ペーパーがけで離型剤を落とすというやり方もあるんですか?
この手の作業は「中性洗剤を使う」一択しかないと思ってましたので、駆炉栖祁さんのコメントで複数の処理の仕方を知って驚きました。
ほんとうに、いろいろとあるんですねぇ。

火炎放射器は、出来がアレすぎて記事にしようか迷ったぐらいでしたので、そういってもらえるとうれしいです!

駆炉栖祁さんワールドの、リルビ―さんたちの醸し出すほんわかとした雰囲気はウチには皆無ですが、今後もマルガリータの殺伐さを「ウリ」にしていきたいと思います(笑)。

シロ | URL | 2013-09-25(Wed)22:35 [編集]


>odenさん

いらっしゃませ。コメントありがとうございます。

まずはお祝いの言葉をいただき、ありがとうございます。

自分としては汚し過ぎというかんじでしたので、そういってもらえると救われた思いです。
記事には書かなかったのですが、今回の火炎放射器は組み立ての段階でもうまくいかず、悪戦苦闘しました。
ホント、ガレキってむずかしいですね(私が不器用なだけ?)。

恥ずかしながら、メタルプライマーをサフの代用品として使うというのは初耳でした。
ウチにもメタルプライマーはあるのですが、メタルとういうぐらいですから金属専用と思い込んでました(汗)。
またガレキ作りにチャレンジするさいには、参考にさせてもらいます。

我が家にもけっこうな数の神姫がいますが、マルガリータが一番表情のバリエーションがありますね。
なんといっても、イヂっていて一番楽しいですから(笑)。

シロ | URL | 2013-09-25(Wed)22:54 [編集]


初ガレキ作成おめでとうございます&お疲れ様~

そして、お久しぶりです。
私の方は、6月からの酷暑に負けて、つい最近まで夏バテで軽く逝ってましたが、ようやく涼しくなってきて復活しました。
ですので、今後もよろしくお願い致します。

あ、ついでに凄まじく遅れたうえに時期外れとなりましたが、リクエストを受けたレシピも載せておいたので参考までにw

そして、シロさんが使った離型剤落としですが、実は離型剤落としは離型剤は落とすけど結局塗装等をはじくので低コストな中性洗剤&歯ブラシが一番という落とし穴があるのがネックなんですよね。
離型剤落としを使ったら、サフ吹きする前に全体をスポンジ等で軽くこすっておかないと乗りが悪いですねぇ。
少し前から出ている水だけで汚れが落ちる食器洗いスポンジは非常に便利なので用意しとくと今後の塗装が楽になると思います。
目の細かい紙やすりよりも細かいので傷を残さずに塗装乗りが良くなるかと。

そして、相変わらずマルガリータさんは弄られキャラですねぇ。
他のキャラも個性と癖が強いですが、弄られやすいっていう枠組だとマルガリータさん一択になってしまいますなw
カメ子さん達は、どちらかと言ったら強引にマイウェイな人達ですしw

今後も、シロさんとマルガリータさんのかけあい漫才を楽しみにしとりま~す。

そして、どんどんと展開がシリアスになっていくSSの方も楽しみに拝見させて頂きます。

それでは、急に涼しくなってきたので体調等を崩さない様に気を付けて良い神姫ライフを送ってくださいませ。
では~ (´・ω・`)ノシシ

ASUR・A | URL | 2013-09-29(Sun)01:39 [編集]


>ASUR・Aさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

おひさしぶりです。
最近ブログの方の更新がとだえていたので「ASUR・Aさん、体調が芳しくないのかな?」と思っていましたが、復活された様子で何よりです。
後ほどブログの方にもおじゃまさせてもらいます!

離型剤落としですが、「楽そう」という点に心を動かされて購入していたのですが、そう甘くはなかったようです。
やはり中性洗剤&歯ブラシというのが王道のようですね。こういうのに手間を惜しんではいけない! 今回の作業で学びました(笑)。

自分の中では、離型剤を落とせば即塗装OKと考えていたんですが、そうではないみたいですね。
コメントをいただいた他の方から教わった方法も、ASUR・Aさんの食器用のスポンジを使うやり方もまるで知らなかったもので、対処法の多さに驚いています(自分の無知っぷりにもですが……)。

やはり寸劇は、マルガリータとのからみがやってて一番楽しいんですよね。
せっかく作ったんですし、他の神姫も出したいんですがどうもキャラをつかみきれておらず、うごかしずらいもので……。
ちなみに、カメ子ズはいろんな意味で危険すぎるので現在封印状態です(笑)。

SSの方は、徐々にトロンの過去や各所にあった伏線が明かされシリアスな展開になっていく予定です。
まあ基本ギャグなんですが、これからも一読してもらえれば幸いです。

ようやく涼しくなってきましたが、むしろこれからが体調を崩しやすい季節。
ASUR・Aさんも無理などされぬよう気をつけてください。

では!

シロ | URL | 2013-09-29(Sun)13:57 [編集]