神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

ぼくがかんがえた わるいしんき ①

さてさて、今回は久方ぶりの製作記事でございます。

それにしても、神姫関係の製作はひさしぶりだなぁ……。

ちょっと気になったので過去記事を調べてみたんですが、姫騎士型の「アネット」を作ったのが五月。
でもこれって、完成品を改修した記事なんですよね。

さらに遡ってみると、白狐型の「斬屹公主」の記事が三月末に……この手の作業は半年ぶりデスカ?
はは、さぼりすぎですね(汗)。


おほん! ま、まあ、思い直して先に進みましょう。


今回は、私のライフワークの一つ(そこまで大げさでも無いですが……)、悪逆神姫集団<狩るもの>のメンバーに挑戦です。


タイプは「傀儡師型」、名前「絲」です。
以前、斬屹公主の記事にチラリと名前だけでたのですが、ようやく製作にこぎつけました。

ではさっそく作業に入るとしましょう。

CIMG1282.jpg

まず用意しましたのはコチラ、「ROBOT魂 タウバーン」。
この独特のプロポーション、ひと目見た時から「コレ、神姫に使える!」と思い購入しました(笑)。
今回は、このタウバーンをベースに使いたいとおもいます(ま、手足だけですが……)。

CIMG1283.jpg

それにしてもこのタウバーン、見れば見るほど奇抜なデザインですね。
本編は見たことないですが、パケッケージにデカデカと印刷されていた「颯爽登場 銀河美少年」
の文字にもインパクトを受けました。

「銀河美少年」って、主人公どんだけイケメンなんですかね?
とても興味をそそられます……。


おっと! また話が脱線してしまいました。話をもとにもどしましょうか。

とりあえず手足の移植からはじめようと思いまいたがこのタウバーン、妙に背が高いです。
レビューなどを見てみると、同じシリーズのMSが腹の辺りまでしかありませんでした。

CIMG1517.jpg

素体用に用意したイー姉さんと比べると、こんなに☝長いです。これだけ長いと改造は必至。
まずは脚部をつないでみないと全体のバランスがわかりません。

では、ここから手を加えるとしましょう。

CIMG1518 - コピー - コピー

少しでも足を短くみせるために、赤い枠線のところを超音波カッターやリューターを駆使してひたすら削ります。
いいかげんゲンナリしてきたところで、ようやく掘削作業も終了。さっそく脚を接続してみました。

CIMG1519.jpg

あれ? そんなに違和感ないな……。

これはちょっと意外でした。
並べた時はずいぶん長いと思った脚ですが、こうしてみるとそれほど差がないです。
じっさい比べてはいないですが、サバーカつけたストラーフぐらいですかね?

ではつぎの問題点にとりかかりましょうか。
☟の画像の膝の部分ですが、ジョイントの接続部分が前に張り出し過ぎてる気がします。

CIMG1521.jpg

このため、踵の形状と相まって非常にバランスが取りずらいです。
脳内イメージでは、絲はかなり上半身に武装が集中しそうなので、ここをなんとかしなければいけません。

CIMG1523.jpg

……で、過程は端折りますが作業終了(笑)。
ちょっと分かりずらいかもしれませんが、膝関節の位置を少し後ろに移動してみました。

CIMG1522.jpg

反対の脚との比較対象。
関節を中心に、太腿と脛のパーツが一直線になったのが分かると思います。
また、位置を変えたことにより脚の長さが少し短くなったようです。
これで安定性も少しは増すことでしょう。

続いては、腕に取り掛かりたいと思います……といっても、作業内容は脚部と同じです。
接続部分をリューターなどでひたすら削り、ピンアバイスで穴を開け、神姫の腕の軸を差し込んだだけです。

CIMG1524.jpg

片側だけですが、とりあえず組み上げ完了!
手足ともポロポロ落ちますが、どうせ完成したら瞬着で固定しちゃうんですから、気にしない気にしない(笑)。

ここまで一気に作業したもので、さすがに疲れました。
今日はこの辺にして、また明日からがんばります(また手足の削りをやるのか……)。

では!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お~ロボ魂のタウバーンを流用ですか~
私もタウバーンは気になっていて流用を考えていたのですが、どうしても手足以外の武装が思い付かずに断念w
手足の独特の細さが面白いシルエットを作れそうで、シロさんがどの様な神姫を作成するのか楽しみです。

傀儡師型との事ですが、タウバーンの手足とも相まってジョーカーやクラウンといったイメージが沸きました。
どの様な姿になり、将来トロン達と戦う場合、どんな戦闘をするのか今から楽しみですな~

むしろ、一切姿を表さずに裏で暗躍しまくってそうな気もしますがw

そして、手足がポロポロと落ちるのを将来は瞬着で固定してしまうとの事ですが、そうすると上腕と太もものロール可動が死んでしまう事もありえますし勿体無い気がしますね。

私の場合ですが、流用する際に緩くてポロポロと落ちる様な場合は、少し緩い位の場合は瞬着を薄く流し入れて乾かして少しキツめにして固定しやすくしたりします。
後は、神姫軸よりも少し大き目にリューター等で削った後に、ガンプラ等のポリキャップを削って瞬着等で固定して取り外しが容易でありつつも固定はしっかりと出来る様にしたりしてます。

手間は掛かりますが、ポリキャップを仕込む方法は結構便利なので一度試してみてはどうでしょうか~

それでは、傀儡師型の完成を楽しみにしています。
ではでは (´・ω・`)ノシ

ASUR・A | URL | 2013-10-11(Fri)03:50 [編集]


>ASUR・Aさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

おお、ASUR・Aさんもタウバーンの流用を考えていたんですか?

奇抜なデザインですが、たしかに手足以外なかなか流用がむずかしですよね。胴体細すぎだし、武器は光剣(?)しかないですし……。
帽子を彷彿とさせる頭部も使ってみたかったのですが、そこまでやると「タウバーン型MMS」になっちゃいそうですからね(笑)。

>裏で暗躍しまくって……。

……あいかわらず勘が鋭いですね、ASUR・Aさん。
絲は<狩るもの>のリーダー的な存在なのですが、彼女が一目置かれているのは、その悪賢さとタイプに由来する能力だけであり、じっさい個体としての強さはメンバーで最弱だったりします。

<狩るもの>はいまのところSSにでる予定はないんですが、せっかく作ってますのでいずれ活躍の場を設けたいですね。

じつはわざわざリューター使って大穴開けたのは、ASUR・Aさんのコメントにあったポリキャップを使うためだったんですよ。
でも、やってるうちにめんど……ゴフン! あ、いや大変そうだったので、エポパテで穴を埋めて手足の軸を押し込みはめ込んでました。
でも、やはりこのやり方だとよろしくないようです(泣)。
今後の事を考えると、ASUR・Aさんのおっしゃるように軸を瞬着で太らせるか、ポリキャップを埋めなおしてみたいと思います。

現在、次のステップで早々と頓挫状態ですが、なんとか完製めざしてがんばります!

シロ | URL | 2013-10-12(Sat)07:23 [編集]


ブログへのコメント、どうもありがとうございました!
こちらも以前から拝見しておりましたが、今回、初コメントさせて頂きます。

スマートな手足のイー姉さんが、どの様にしてダークサイドへ変貌するのか?
そして、他の<狩るもの>達と一緒に、どんな恐ろしい惨劇を巻き起こすのか?
これは…目が離せませんねぇ…(ゴクリッ
自分も完成を楽しみにしていますです!(・∀・)


あ、あと、これを機会に、相互リンクをお願いしても…よろしいでしょうか?(震え声

Mr.Potato | URL | 2013-10-13(Sun)02:59 [編集]


>Mr.Potatoさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

いえいえ、こちらこそ急に押しかけたみたいで失礼しました。
もっと前からコメントしたかったのですが、度胸がないものでして……。

絲のイメージはだいたい固まっているのですが、腕の方が追いつかず悪戦苦闘を繰り返して……というか、今の時点でことに逸脱しはじめていますが、完成めざして頑張りたいと思います(汗)。

メンバー全員が完成したら、なんらか彼女たちに活躍の場を与えたいですね。もっとも、他の神姫たちからみれば迷惑この上ないでしょうが……。

最後になりましたがリンクの件、是非お願いいたします!
勝手ながら、こちらはリンクへの登録済ませてもらいました。

これからも、よろしくお願いいたします!!

シロ | URL | 2013-10-13(Sun)21:12 [編集]


銀河美少年は非常に爽やかなイケメンですよ
さすが銀河美少年というくらいイケメンです(?

さておき、オリ神姫製作お疲れ様です!
タウバーンの細い手足がいい感じにマッチしてますね~
好みのデザインの娘ができそうで楽しみです
異形ッ!って感じがいいなぁ

完成目指して、頑張ってくださいね
進捗も楽しみにしてます

oden | URL | 2013-10-13(Sun)22:18 [編集]


キラ☆!という敵幹部の挨拶をなんとなく覚えているアニメじゃないですか!
意外と面白かったですよこのアニメ。
タイトルが出てこない・・・なんだっけ

神姫への流用は頭になかったのでちょっと意外で新鮮ですね。
手足の細さ、長さが逆に異形でカッコイイですね。
自分ならどうすっかなーと考えていたのですが、
この細い手足を生かしたいと考えると手足に固定武装は付けたくないし・・・
でも体にあれこれ武装させるのも、せっかく細いフォルムに見えるのに勿体無い気も・・・と
考えが纏まりませんでした!改造は奥が深いですね(笑)
シロさんがどんな娘にするか楽しみにしております!

駆炉栖祁(くろすけ) | URL | 2013-10-14(Mon)18:16 [編集]


リンクの件

相互リンク、どうもありがとうございます!(ジャンピング土下座
こちらも登録させて頂きました!(^ω^)

こちらこそ、今後とも宜しくお願いしますw

Mr.Potato | URL | 2013-10-14(Mon)21:07 [編集]


>odenさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

やっぱり美少年なんですか? 主人公。
それにしても「銀河」はスゴイですよね(笑)。
この作品、Wikipediaで設定を斜め読みしただけでしてヴィジュアル系のイメージがまったく分からないですが、ますます気になってきました。

ともすると、フリーキーにもみえるタウバーンのデザインが絲のイメージにあっていたもので今回使ってみました。
異形っぽさがでればいいなぁ、などと考えております。

現在悪戦苦闘中ですが、完成目指してがんばります!!

シロ | URL | 2013-10-15(Tue)06:59 [編集]


>駆炉栖祁さん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

え? キラ☆! ……敵の幹部がそんなセリフを言うんですか?
う~ん、ホントにどんな作品なのか、ますます興味がわいてきましたよ。

記事を書くときにちょっと調べてみたんですが、タイトルは「STARDRAIVER 輝きのタクト」ですね。
このタイトルだけ見てると、どんな内容かさっぱりわからないところがステキです(笑)。

全体のデザインもですが、私もこのひょろっとした手足が気に入って今回タウバーンを使ってみました。
手足に関しては、駆炉栖祁さんもおっしゃるようにバランスが崩れそうなので手足には武装はつけない予定です。

とはいえ、完成体は自立不能なほどバランス崩れそうですが、なんとかお披露目にこぎつけるようがんばってみます!!

シロ | URL | 2013-10-15(Tue)07:15 [編集]


>Mr.Potatoさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

いえいえ、こちらの方こそリンクのお誘いなどほとんどないようなブログですので、お話を頂いた時は飛び上がらんばかりにうれしかったです。

重ねて、これからもよろしくお願いいたします(平伏)。

シロ | URL | 2013-10-15(Tue)07:20 [編集]


シロさんが色々と気になっている様なので、公式サイトのURLでも載せてみますか~と思ったら、どうも私のPCでは上手く表示されないし、映画の公式も微妙な感じだったので
とりあえず、ゲームの公式でも。
http://sutadora.channel.or.jp/

キャラクターの赤毛が銀河美少年ですぜ親方~!w

他には、色々動画を調べると綺羅星っ☆!の意味も分かったりしますし、タウバーン以外のサイバディてなロボも特徴があって結構格好良いですね。

そして、シロさんが武装に色々悩んでいるみたいですが、ちょっと参考になりそうな物を紹介してみたり。
小説の「ブレイク・エイジ ロアゾオ・ブルー」だったかな?
そんな感じのラノベがあるのですが、その主役機となるロボの見た目がシロさんが作成しようとしている姿に似ていたりする気がするんですよ。
で、その機体の攻撃方法ってのも結構特殊で参考になりそうなので参考までに。
結構古いラノベなので、発見するのは難しいかもしれませんが、私としてはオススメな面白い本です。
ではでは、良い神姫ライフを~ (´・ω・`)ノシ

ASUR・A | URL | 2013-10-16(Wed)23:16 [編集]


>ASUR・Aさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

「銀河」で「赤毛」……ハッ、キルヒアイス?
とまあ、くだらんボケはこのくらいにして(笑)。

今回も情報源を教えていただき、ありがとうございます。
ASUR・Aさんにはお世話になりっぱなしで……恐縮です。

じつは私もこの作品に興味をもちまして、時間をみつけては少しずつ調べてました。

タクトもふくめて登場人物は美男、美女が多いですね。でも、それより興味がわいたのはサイバディのデザイン!
タウバーンのような痩身なのもいれば、対極的に妙にずんぐりむっくりしたタイプもいる。
多種多様のサイバディにおどろきました。

いまだ試行錯誤の真っ最中ですが「絲は固有の武装を持たない」というパターンになるかもしれません。
絲のモチーフとなった傀儡師っぽい戦い方が、なんとなくですが形なってきまして……。

ただ、今以上にいいアイディアが生まれるかもしれませんし、ASUR・Aさんが紹介してくださった小説も探してみたいと思います。

やはり、色々な作品に触れるのは参考になりますしね。
貴重な情報をありがとうございました!

シロ | URL | 2013-10-17(Thu)00:38 [編集]