神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぼくがかんがえた わるいしんき ③

「ぶぇっくしょん!!」


……し、失礼しました。
リューターの回転と共に部屋中に舞い飛ぶ削りカスや、ペーパー掛けのさい大量にでてくる粉塵に鼻を侵され、絶賛疑似花粉症状態のシロでございます。

まだ十月なのに……。



さて、製作日記の方も今回で第三回目でございます。前回の記事からあまり日も立ってませんが、さっそく作業の続きとまいりましょう。

前回コップに巻き付けたエポパテもようやく硬化したようです。

CIMG1509.jpg

まず、このままの歪な一枚板では味気なさすぎるので、デザインナイフで切り出し形を整えます。続いて、
オフロードのコースを思わせるような表面をペーパー掛けますがゼンゼン平坦にならない!

こりゃあ凹んだところを盛った方が早いな、と思い直し、さっそく穴埋めの準備をはじめました。

CIMG1515.jpg

今回穴埋めにはコレを使います。「リキッド・グリーンスタッフ」
私は、この手の作業にはウェーブの「黒瞬着」を使うことが多いのですが、柔軟性の高いグリーンスタッフに使った場合どうなるか分からないため☝のブツを使うことにしました。

この製品は、ゲームズワークショップ(以下GW)がミニチュアの製作や改造用に発売したものです。
メーカーは違いますが、GWのグリーンスタッフとの併用もできるようですし、黒瞬着よりは相性はいいでしょう。

もっとも、これを購入したのはかなり前のことでして、実は中身がどういう物なのか皆目分かりません(笑)。
さっそく蓋を開けてみましょう。

CIMG1516.jpg

中身をすくってみるとこんなモンがでてきました。
ふ~ん、「リキッド」などと書いてあるからもっと水っぽいものを想像してましたが、ペースト状なんですね。

なんか、緑色の「ごはんですよ」みたい……。


と、それはどうでもいいことですね(汗)。

CIMG1512.jpg

とりあえず、リキッド・グリーンスタッフをぺタぺタと塗り付けて……。

CIMG1528.jpg

硬化後にさっとペーパー掛けしてみました。
手に持って軽く曲げてみましたが、グリーンスタッフ同士の境目に亀裂などが入ること無いようです。
う~ん、リキッド・グリーンスタッフ、けっこう使えそうですね。グリーンスタッフを使った加工や補修には重宝しそうです。


さて、ようやく形になったこのパーツ、いったい何に使うといいますと……。

CIMG1530 - コピー

このように「ショルダーアーマー」として使いたかったんです。

これに……。

CIMG1532.jpg

ジャンク箱から発掘した、出自不明の謎パーツを使い本体に接着します。

CIMG1551.jpg

接着後の姿です……って、背景(こ汚い私の部屋)のせいで、ちょっと見ずらいですね、スミマセン。

これに先程のパーツを取り付けると。

CIMG1558.jpg

こんな感じになります。

CIMG1560.jpg

CIMG1562.jpg

どうでしょうか? 少しはソレっぽくみえますかね?

一連の記事を見て「なんでわざわざエポパテ使うの? プラ板で作りゃいいじゃん?」と思った方もいるかもしれませんが、この形状を見てもらえば理解してもらえると思います。
「ある程度厚みがあって」「曲線のあるパーツ」となると、プラ板で作るのは骨が折れそうなんですよね。
それに、この状態でもアーマー全体の半分ぐらいにしかなりませんし(笑)。


それでは、今回はこのあたりでお開きにしたいと思います。

よろしければ次回の製作日記にもお付き合いください。


では!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おお、これは参考になります!

確かに、普通のエポパテではベキっと逝きますし、薄いプラ板を重ね貼りして局面作るのの大変ですからね。

それにしても、この段階であとはアイペかマスクで相当「悪い」イメージになりそうで面白そうですね!

扶桑ハツセ | URL | 2013-10-22(Tue)05:26 [編集]


ジャンクパーツの大本は、リボのエヴァ5号機と予想!
と、私の流用魂がゴーストに訴えてきましたw

同じグリーンスタッフという名称が付いているお陰か相性が良かった様で剥離や割れが無くて良かったですねぇ。
そして、確かにそういう形状だとプラ板加工は面倒でしょうな。
プラ板で曲面等は面倒ですもんねぇ。
やるなら箱組の方がマシですしね。

これでアーマーの半分程度との事ですが、完成形がどうなるのか楽しみな感じですね。

6枚目と7枚目の写真を見た時は、背中のハンガーラックから延長して肩アーマーの様な感じになると思いましたが、上腕部分に付くんですね~
てっきり、マスターガンダムみたいなマント風シールドっぽくなるかと思っていたので予想外で、この先どの様な状態になっていくのか楽しみです。
これからも制作状況楽しみに拝見させてもらいま~す。

ASUR・A | URL | 2013-10-23(Wed)04:03 [編集]


>扶桑ハツセさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

流用パーツがあれば楽が出来たのですが、いまくいかないものです……。
今現在も四苦八苦しながら作業をしてますので、「参考になる」の一言は励みになります!

絲の顔ですが、私の腕ではぐだぐだになりそうなのでアイリぺは無し、ですかねぇ。
最初は限定版イーダの「独特な笑み」フェイスを使おうと思ったのですが、イー姉さんの顔でもいいかな~とか思うようになりました。
癒し系フェイスの裏側が邪悪のカタマリみたいなんて萌えません?(笑)。

シロ | URL | 2013-10-23(Wed)20:11 [編集]


>ASUR・Aさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

さっそく調べてみたんですが、確かにリボのエヴァ5号機っぽいですね。ASUR・Aさんのゴースト凄すぎ!

ただ、現在二つほど悩みがあります。

① 5号機の他のパーツが見当たらない。

② そもそも5号機を買った記憶がない。

……これって妖精さんのイタズラなんでしょうか?



試しに使ったのですが、同名製品(?)のせいか思いのほか相性がよかったようです。
今後はこういったクセのある形状のパーツが欲しい場合、グリーンスタッフがあると重宝しそうです。

肩アーマーは、次回の製作日記である程度形になると思います。
もっとも、あまりにおバカな形状ですので失笑を買いそうですが……。

最初はASUR・Aさんのイメージのように、リアユニットと肩アーマーをつなぐ予定でしたが、思いのほか他のパーツがゴチャゴチャとつきそうでスペースがなくなっちゃったんですよ。

結局、腕に強引につけましたが、かなりの重さで腕がヘタリ気味です(汗)。

シロ | URL | 2013-10-23(Wed)20:35 [編集]


肩アーマー良いですねぇ
適度な厚みがあって装甲厚いんだな・・・
通常攻撃は全てふさがれそう!ってバトルを想像するのが面白いですね。
分離して何かに変形したりしそうにも・・・
完成が楽しみですね
製作頑張ってください!

リキッド・グリーンスタッフ!!!
自分も以前使ったことありますよー。
一時期、一部で人気あって入手困難だったような記憶があります。

使ったのはガンプラと戦車のプラモでしたけど
水溶性で水で薄められるのが良いですよね。
パテとして穴埋めにも使えるんですけど、少し水で薄めて
塗りつけることで鋳造表現が簡単に出来ちゃうのが良いですね。
ハンマーとかに塗りつけてサフ吹くと見事な鋳造表現が!!手軽で便利です。
上からラッカー吹き付けても特に問題ありませんでしたし。
重そうな鉄の塊やらミリタリー系に使いやすいです。

今度シタデルで色探すときに教えて頂いた神保町と中野ブロードウェイの直営店見てみようと思います。
ありがとうございます。都内に住んでますが、仕事終わってからの帰り道だと
時間的にアウトなことが多いのです・・・Orz
正月辺りせっかくだから何か塗りたいですねぇ・・・筆塗りは楽しいです。

私がシタデルなど海外ツールを買った場所は新宿の模型ファクトリーって店ですが
そっちもレンタル製作部屋あったり、プロモデラーの方が居て話を聞けたり作例見れたり面白いですよ~。

駆炉栖祁(くろすけ) | URL | 2013-10-24(Thu)21:21 [編集]


そうそう、タウバーン関連でタウバーンに搭乗する主人公の銀河美少年も可動フィギュアとなっていたのを思い出したので調べてみたら、上手く流用すれば絲さんの装備に使えるかも?と思ったので、ちょっと紹介しますね~

http://www.amiami.jp/top/detail/detail?gcode=FIG-IPN-1737

サイズとしては、SHフィギュアは神姫よりも少し大きい程度なので利用出来るかもしれないかと。
参考例としては、ハツセさんや黒子さんがSHフィギュアを上手く使っていますよね。
参考までに~ (´・ω・`)ノシ

ASUR・A | URL | 2013-10-24(Thu)22:21 [編集]


>駆炉栖祁さん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

肩アーマーは画像を見ると頑丈そうに見えますが、実は下半分がかなりアレでして……実用性ゼロだったりします(汗)。

シタデルカラーのみならず、駆炉栖祁さんがリキッド・グリーンスタッフまでご存知だったとは驚きでした。
そしてさらに驚いたのが……リキッド・グリーンスタッフって水で薄められたんデスカ?
発売当初に興味本位で買ってそのままだったもので、使い方を理解してませんでした(ハ、ハズカシイ……)。
穴埋めだけではなく、アイディア次第では色々と使えそうですね。
もう少し水でゆるくすれば、複製にも使えるかな?

直営店は、スタッフも親切な方ばかりですし、シタデルカラーを使ったペイントなどもアドバイスしてくれると思います。
機会があれば、ぜひ訪ねてみてください。

レンタル製作部屋ですか? 最近の模型店(?)は、ずいぶんとすごいみたいですね。
作品の製作の場としてだけではなく、プロの方や同好の士と意見を交わせる場というのは貴重ですね。

模型ファクトリー。興味がわいてきたのでちょっと調べてみます!

シロ | URL | 2013-10-25(Fri)22:00 [編集]


>ASUR・Aさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

さっそく、紹介していただいたサイトを覗いてきました。
タクトの可動フィギュアが発売されてたなんて知りませんでした。本当に人気があったんですね、この作品……。

タクトの衣装、かなりグッとくるデザインですね。
絲も現在かなり形になってきており、この二つの整合性を合わせるのはかなり難しそうですが、いずれタクトの衣装のような武装にもチャレンジしてみたいですね。

こういう剣士を彷彿とさせるようなデザインは、好みなんですよねぇ。

たしかに、ハツセさんや黒子さんのこの手の改造は、思わず感心してしまうものも多いですね。

せっかく情報を頂いたのに、有効に生かせずすみませんでした。
ですが、また何かこういった情報を教えていただければ助かります。

では!

シロ | URL | 2013-10-25(Fri)22:22 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。