神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

我が家の神姫たち その4

CIMG0512 - コピー


□ メーカー 
  ヤマト・コーポレーション

□ MMSタイプ
  重防御型

□ 名称
  防楯


機体解説
最初期に開発された武装神姫のうちの一体。
黎明期ともいえるこの時代、各メーカーは未だ神姫に対して明確なスタンスをうち出せずにいたため、同社の「防楯」も一般販売されたとはいえ、実際には評価試験的な意味合いがかなり強い。

本機の特徴としては、その名が示す通り過剰なまでの防御能力に特化したことがあげられる。
対実弾、対光学用防楯を二基ずつ装備した本機の能力は、後に発売された種型神姫のそれに匹敵する。

演算処理、機体制御に優れた性能をもつ本機だが、広域にわたり可動する防御システムに干渉するため、大型の火器を装備できず、基本的に武装はハンドガンを二丁のみという貧弱さであり、本機をいっそう防御専門の神姫として偏らす結果となった。

また、専守防衛に徹するために、基本AIは極力感情を抑えるように設定されており、「防楯」はほとんど感情の起伏を見せることが無く、「防楯」を購入したユーザーからの抗議が同社に殺到した。
『神姫とは人と同じ“心”と“感情”を持つ存在』。これらを最大のセールスポイントとしていたはずがこれでは当然の結果であり、ヤマト・コーポレーションは、発売からわずか半年で「防楯」の販売を中止してしまった。


追記、
「不良品」としてのレッテルを貼られた「防楯」だが、2040年代の現在でもわずかに稼働しており、その内の何体かは、神姫バトルの全国ランキングに名を連ねる者もいる。
思うに、武装神姫発売当初、多くのユーザーはアグレッシブルなバトルを好み、地味な戦闘スタイルをとる「防楯」は不評を得た。
だが時が流れ、神姫の戦い方も多様化し、戦術、戦略を重視した戦い方を好む神姫オーナーも増えてきた現在、ようやく「防楯」は正当な評価を受けられるようになったのかもしれない……。




と、長々と房設定にお付き合いいただき、ありがとうございます。
画像は、重防御型MMS、「防楯」のリグリットといいます。

思えば我が家の神姫たちを紹介するこのコーナー。ネタ系→ネタ系→サイコ系と、「お前ンとこは、まともな神姫はおらんのか?」と天の声が聞こえてきそうでしたが、ようやくまともな神姫の紹介となりました(笑)。
では、さっそく続きを。

CIMG0476 - コピー

解説でも書きましたが、この神姫の特徴は過剰なまでのディフェンス能力にあります。
リア・ユニット側面に見えるのが、対実弾兵器用防楯。

CIMG0477 - コピー

同じく背面に見えるのが、対光学兵器用のフィールド発生器です。

CIMG0478 - コピー

四基の防楯はかなりフレキシブルに動き、これらを広域に展開し攻撃を防ぎます。

CIMG0520 - コピー

敵の放つビームを拡散させ……。

CIMG0515 - コピー

唸りをあげて襲いくる砲撃も、悠然と受け止めます。

CIMG0473 - コピー

また、本来は白兵戦を苦手とする「防楯」ですが、このリグリットのように少々毛色の変わったのもいます。
リグリットの対実弾用防楯は大型のクローを内蔵しており、展開することによって強化腕としても使用できます。

CIMG0474.jpg

ひたすら敵の攻撃を防ぎ切り、焦れた対戦相手が不用意に近づいてきたところを、ハンドガンorクローで仕留める! これがリグリットの必勝パターンだったりします。


それにしても、このリグリット、当時頭に浮かんでいた脳内SSの主人公として、私が初めて改造した神姫だったりします。
けっきょくSS自体はボツになってしまいましたが、私にとって思い入れの強い存在であることに変わりはありません(そのためか、今回はやけに画像も多かったような……)。

それでは、今日はここらでお開きにしたいと思います。

ではっ!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

これは凄いっ!! 正に鉄壁の防御・・・こういった防御特化のタイプは凄く好きですね~ 我が家にも盾を名乗るショボイのがいますが、リグレットさんは凄いですね。

リアユニットのギミックが素敵すぎて・・・で、商品化はいつですか? これを不良品とか有り得んがね(笑)

初瀬那珂 | URL | 2012-03-13(Tue)22:07 [編集]


>初瀬那珂さん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

この楯子ですが、とにかく主人公格の神姫の改造ということで、当時必要以上に燃え上っており、リアユニットのギミックは頭を悩ませながら作業しました。

それと、初瀬さんのアイギスさんですが、ショボイなどと、とんでもない!
初見はfgだったと思いますが、洗練された外見や、防御に主体をおきながら高い攻撃力も保持しているなど、同じモチーフでも作る人によってこうも違った神姫が出来るのかと、驚きましたしね。

でも、だからこそ私は、他の方の作った神姫を見るのが楽しくてしょうがないです。

シロ | URL | 2012-03-14(Wed)21:38 [編集]