神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

ナインプロジェクト ドル・ドナ編 その4

母さん、ぼくのあの夏休みはどこへいったんでしょうね?

ええ、あのくそ忙しい仕事の山をかたづけて、

ようやく手に入れた、あの夏休みの事ですよ───



……今の私の心境を、詩人、西条八十氏の詩に当てはめて語らせていただきました。

なんで、仕事しているときの三日ってあんなに長いのに、休みになるとこんなに短く感じるんだろう?

これって誰かにダマされてるの? フリーメーソンの陰謀?

お願いだほむほむ。ぼくの夏休みをもう一度やり直させてほしい……。











とまあ、ひとしきり愚痴ったところで本題に(笑)。

先日100均で、精神的クリティカルダメージを受けた(残りHP 3ぐらい)私ですが、例のデコシールを使ってコソコソと作業を続けておりました。

CIMG0722.jpg

で、ようやく完成したのがコレ!

CIMG0646.jpg

作業前と比べて劇的に変化したわけではないですけど、多少は引き締まった気がする、かな?

CIMG0723.jpg

CIMG0724.jpg

今回使用したデコシールのアップ。そのままではサイズ的に合わなかったので、半分に切断して使いました。
……ていうか、ズレてますね、シール(汗)。

CIMG0727.jpg

まあ、あまり細かいことは気にせずに作業続行! すべてのライフルの加工を終了!
とりあえず、これで当初予定していた規定数はそろいました。

ところでこの武器、ずいぶんと長い事「名状(以下略)」という仮称で読んでおりましたが、前回の制作日誌で、ASUR・Aさんから「そろそろこのライフルの呼び名を決めては?」という旨のコメントをいただき、ありがたいことに検討用のサイトまで紹介していただきました。

http://gensounobuki.fc2web.com/frame.html
「幻想の武器博物館」というサイトですが(こういうのって、勝手に転載していいのだろうか……)資料としても、純粋に読み物としてもたいへんおもしろいサイトでした。

呼んだ端から忘れていくような記憶力しかない頭で必死に検討。ようやく二つに絞り込み、最終的には名前の響きの良さと(笑)、その武器のもつ背景などから……
「ミュルグレス」に決定しました。

モチーフとなったミュルグレスなる剣、黄金の柄頭に聖遺物が込められている名剣なのですが、その持ち主であるガヌロンなる武将は、己の主を裏切ってしまうとか……。

剣そのものの神聖さと、(理由はともかく)主を裏切るその臣下……己を神聖な存在と信じ、他者を軽んじ踏みにじることも厭わないドル・ドナのイメージにぴったりだと思い、この名に決めました(笑)。


さて、上でも書きましたが、今回、名前の候補がもうひとつありました。
その名は「デュランダル」
ミュルグレス同様、黄金の柄のなかに聖遺物を埋め込まれ(しかも、こちらは四つ!)、まさに聖剣と呼ばれるにふさわしい存在です。
ASUR・Aさんもこのデュランダルを推しており、その理由もたいへん説得力のあるものでした。

では、何故こちらの名前を選ばなかったのか……理由はひとつ、格が高く感じたからです。
ミュルグレスはケルヴィムの主武装ではありますが、どちらかというと大型の〇ット。戦闘によっては使い捨てのような扱いも受けるでしょう。
そんな武器に付けるには少々高尚過ぎるような気がしたもので……。

というわけで、ドル・ドナ専用の武器というのを今回追加してみました。

CIMG0714.jpg

余っていたミュルグレスの銃床に、例によってプラ板等で作りました。

CIMG0715.jpg

ミュルグレスとの差別化を図るため、デザインもガンダム系のものにしてみましたが、どうもしっくりこない。
あ~でもない、こ~でもないとイヂってたら……。

CIMG0719.jpg

こんな風になりました。
けっきょくミュルグレスと大差ないですな……。

CIMG0720.jpg

各所に施されたカービングは、デコシールで再現。
ミュルグレスと比べて、多少は高級感もアップしたことでしょう(笑)。

CIMG0721.jpg

後方から。
デュランダルは、ドル・ドナ愛用の武器なので、ミュルグレスのように遠隔操作はできず、とうぜんスラスターの類はありません。

CIMG0725.jpg

ミュルグレスとの対比図。
画像では遠近感がうまくでませんでしたが、デュランダルのほうが取り回しを重視しており、二回りほど小型です。

CIMG0734.jpg

ドル・ドナ、ガンアクション。

CIMG0733.jpg

CIMG0735.jpg

CIMG0736.jpg

せっかく六基も作ったので、ミュルグレスも加えて。

CIMG0728.jpg

CIMG0729.jpg

CIMG0730.jpg

CIMG0731.jpg


ドル・ドナ『私に挑む身の程知らずとは、お前のことか? よかろう、どこからでもかかってくるがいい……お前の墓に捧げる墓標代わりのミュルグレスを選んでから、な?』









ずいぶん時間がかかりましたが、ようやく武装関係は一段落しました。
次回からは、ケルヴィム本体の製作にかかるつもりです……あっ、ミュルグレスの浮遊状態の台座も作らねば(笑)。





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おぉぉぉぉ~
遂に、ドル・ドナさん専用の武器が完成ですか~

そして、ビットとして使用出来る方を「ミュルグレス」、本人が使用する方が「デュランダル」ですか~
どちらも意味深な名前になって、正にドル・ドナさんの為の武器となりましたね。

デコシールを貼る前後を比べると一目瞭然で違いが分かりますね~
デコシールを貼ってある方が引き締まって見えます。

そして、専用武装「デュランダル」の方も、「ミュルグレス」と比べて小型とはいえ威力がありそうな見た目ですね。

最後の銃に囲まれて浮かんでいる姿は、神々しくも恐ろしい感じですよね~

これからのケルヴィム本体の制作も頑張ってくださいませ~

あ、それと前回の記事で私が言った「サイレントヒル」はゲーム中での設定での話では無いですよ~
サイレントヒルを日本語に訳してみると・・・とある地方の名前になるので、そちらが正解ですw

ASUR・A | URL | 2012-08-23(Thu)01:02 [編集]


>ASUR・Aさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

武器の製作だけでずいぶんと時間を使ってしまいましたが、ようやく完成です。

いつもなら、武装に名称を付けるようなことはあまりしないのですが、いざつけてみると愛着がわくものですね。

もともと、ケルヴィムに装備されていたガンポッドは無骨な形状をしており、それを嫌ったドル・ドナが愛用のデュランダルに模したガンポッド(ミュルグレス)をつくったなど、どうでもいいような設定が湧いてきて困っています(笑)。

さすがにそのサイズの差から、威力に関してはミュルグレスの方が上ですが、速射性や命中率など総合的な性能は、デュランダルの方に軍配が上がりそうですね。

デコシールを使用してのカービングは、いろいろヤな思いもしましたが、それに見合った結果がだせて(自己)満足しています。

続けてケルヴィム本体の方も、製作がんばります!



あれっ、あのサイレントヒルでなかったんですか?(汗)。

う~ん、サイレントヒルを日本語に……。
サイレント=沈黙、静かな。ヒル=丘?
静かな…丘…。

はっ、静岡!?

……なんか違うっぽい…もう少し考えてみます……。


シロ | URL | 2012-08-23(Thu)07:32 [編集]


簡潔に一言。

その想像で正解ですw

またの名を、アニメ過疎地帯、オタクが住んだら専門店が少なすぎて3日で死ぬ都市等との悪評漂う地帯ですw

老後には最適なんですがね~w
某大手掲示板等で、サイレントヒルと呼ばれる事が定着しているので真似して使っているだけですので、深読みしないでくださいませ~

ASUR・A | URL | 2012-08-23(Thu)14:26 [編集]


>ASUR・Aさん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

あれっ? ビンゴ??

いや~、ネタ的な回答になったかと思いましたが、まさか正解だったとは(笑)。

アニメ過疎地帯……あの県にそんな渾名があったと知りませんでしたよ。
とりあえず、老後のことより、いまこの瞬間を(無駄に)熱く生きる私としては、ソッチ系の店がないというのは致命的ですね。
静岡在中になったら、一日持たないかも(笑)。

シロ | URL | 2012-08-24(Fri)06:57 [編集]


ガン・カタ!!ガン・カタがいいとおもうわ!!
いい銃ですねぇ~デコシールのアクセントが美しいですね

白餡 | URL | 2012-08-25(Sat)13:27 [編集]


>白餡さん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

そうですね。わたしもガン・カタ大好きなんですが、さすがにデュランダルでやると、相手の攻撃よりも自分の銃身がHITしそうな感じですね(笑)。

デコシールは、なかなか気に入ったものが見つからず散々探し回りましたが、ようやくイメージに近い銃ができ、自分でもけっこう満足しております。

シロ | URL | 2012-08-26(Sun)10:08 [編集]