神姫者の巣

神姫好きの、また~りとしたブログ

ボクたち ビルドファイターズ② 「ハイゴックN」

さてさて、前回の記事で紹介したハイゴッグですが。

CIMG1795.jpg

あの後、突貫作業で塗装を行った結果ようやく完成しました。

a01.jpg

名付けて「ハイゴックN」です。

正面から見るとホントにただのハイゴッグなんですが、背面にちょっと手を加えてみました。

a02.jpg

a03.jpg

まず背部のパーツを持ち上げ……。

a04.jpg

次にアンテナ状のパーツを引上げて……。

a05.jpg

最後に手足の向きを変えることによって……。

a06.jpg

このように「ビーストモード」とも呼べる状態に変形できます。

a07.jpg

a08.jpg

後ろから見ると、空気椅子をしているハイゴッグみたいでマヌケですな(笑)。

もとはハイゴッグを後ろから見ていた時、背中の形状がカエルみたいに見えたのが改造のきっかけでした。
塗装もまんま「ツノのついたカエル」をイメージしています。





a09.jpg

こんな奇妙な姿のガンプラを目の前にしたら、対戦相手はさぞ拍子抜けするでしょうね。
ですが、その一瞬の隙を突き……。

a10.jpg

カエルの舌を彷彿とさせるヒートロッドで相手の自由を奪います。

a11.jpg

a12.jpg

a13.jpg

あとはひたすら口の中のヒートファングで対戦相手のガンプラをかみ砕き、丸呑みにしてしまいます。





a16.jpg

ビーストモードでは搭載された火器の類が一切使えない(基本、移動は四足歩行のため両手のビームキャノンもつかえないでしょう)など、あいかわらず偏った設定に加え、中身ががらんどうなど、ほんらいなら有り得ない存在ですが「ビルドファイターズ」の世界観や設定ならこういったMSもアリかなぁ、などと思っております。




最後になりましたがこの「ハイゴックN」。「ハイゴックエヌ」ではなく「ハイゴックン」とお呼びください(笑)。



では!













PageTop

燃え上れ…ガンプラァアアア!!




ふん、ふん、ふ~ん♪  …っと、これは失礼しました。ちょっと向こうの世界に行っておりました。


最近は、先日購入したコレ☟ばっかり聴いております。

CIMG1791.jpg

「ガンダムビルドファイターズ オリジナルサウンドトラック」

いやぁ、じつに素晴らしい!

OPやEDに加え、本編で使用されたBGMの数々が収録され聴き応え抜群です。
とくにユウキ・タツヤのテーマ曲ともいえる「紅の彗星」は、第六話「戦う理由」でのビルドストライクとザクアメイジングのバトルを思い起こさせ、何度聞き直したことか……。



個人的にあまりハズレのBGMがなかったこのCD、ジャケット裏側の曲名の一覧もなかなか笑えました。

CIMG1793.jpg

CIMG1793 - コピー (4)


☝のように、ひと目ですぐに曲が思い浮かぶタイトルもありますが……。


CIMG1793 - コピー (2)

とか……。

CIMG1793 - コピー (3)

みたいなのとか……。

CIMG1793 - コピー

のように、パッと見なんの曲だか思い浮かばないもの多かったです(笑)。






さて、ここ数日このサウンドトラックを繰り返し聴いていたせいか、ガンプラ熱は増加の一途をたどっておりました。
で、せっかく上がったモチベを無駄にするのももったいなかったので、コツコツとこんなモノ☟を作ってみました。




CIMG1795.jpg


……ハイ、投石の類はご遠慮ください。



一見すると、なんの変哲もないハイゴッグにしか見えませんが、ちょっとしたマヌケギミックを仕込んであります。
残すは塗装だけですので、明日からの連休でなんとか完製したらお披露目をしたいと思います。




では!

PageTop

はぁ、 終わっちゃった……

ひと月経過か……。

おひさしぶりです、シロでございます。
ここ一カ月ばかりの間、仕事の関係ですっかり更新をさぼっておりました(汗)。

基本的には盆暮れ正月(+長期連休)以外は楽な職場だったのですが、このたび部署が変わり仕事の内容も大幅に変更になり、ひたすらテンパっておりました。

給料が多少UPしたのはうれしいですが、それなりにシンドイです……。


閑話休題。



さて、タイトルにも書きましたが……終わっちゃいましたね「ガンダムビルドファイターズ」。

ここんところ唯一楽しみにしていたアニメだけに終わってしまったのは残念至極ですが、いや~、最終回は熱かった!
30分という限られた時間の中でじつにうまくまとまっていました。
特にラストのくだりはホロリときましたよ。

なにより「噛ませ犬」かとも思っていたラルさんが大活躍!!
愛機「グフR35」を駆り、モックの大軍を珍庵和尚とのタッグで迎え撃つシーンは激熱でした。

余談ですが、「グフR35」の「R35」ってラルさんの歳を指してるんですかね?


ひょっとしたら、このまま「アリアン編」に突入かとも思いましたが、やはりそううまくはいかなかったようです(苦笑)。

あっという間の半年でしたが、楽しかった!
なにより第一次ガンプラブーム以来、ひさしぶりに「ガンプラを作りたい!」という気持ちにさせてくれたこの作品に出会えてよかったです。


  Thanks 「ガンダムビルドファイターズ」!!













と、文字ばっかりで終わるのもアレなので、立体モノの画像なぞUPしたいと思います。
作業自体は今回のゴタゴタが起こる前のものなんですが……。

122.jpg

もともとは私の好きな狐(というより狐の面)をモチーフにしたMSを作るつもりでしたが、ここでとんでもない勘違いをしてしまいました。
「狐面のMSといえばバウンド・ドッグ。よっしゃ、コレをベースにするべか?」と思ったのですが……。

バウンド・ドッグってプラモ化されてなかったんですね?

これは誤算でした(泣)。MIAならバウンド・ドッグも発売されてますが、お値段もさることながら厳密にはプラモじゃないですし……。

けっきょく、他に狐っぽい顔のMSはないかと調べた結果☝の画像のようにキュベレイにたどり着きました。

CIMG1777.jpg

どうせならもったいなから本体も流用しちゃえ! と勢い込んで作ったのが☝のブツですが、なんか違う……。

CIMG1778.jpg

胸部をかなり幅詰めしたり、パーツの取り付け位置を変更したりもしましたが妙にゴツイ!
自分のなかで「狐=細身」というイメージが頭から離れず、けっきょく☝のタイプは保留ということにしました。

けっきょく首から下は一から作り直し、現在はこんな☟カンジになってます。

CIMG1785.jpg

今度はガザCをベースにしてみました。こっちのほうが細身かつ元のイメージでもあるバウンド・ドッグに近いような気がするのですが如何でしょうかね? 



もうしばらく仕事の方のゴタゴタが続きそうですが、暇をみつけてコツコツとやっていきたいと思います。



では!

PageTop

残念! またも空振り……

う~ん、なかなか出会いませんなぁ、ガンダムフェニーチェ……。

そろそろ再版かかってるかと思い出かけてみたのですが、巡りが悪いのかまたも空振りデシタ。

まぁ、焦らされてこそ恋の炎(?)は燃え上るというもの!
地道に待つことにいたしましょう。



さて、お目当てのブツこそ見つかりませんでしたが、BF関係はMGの戦国アストレイを筆頭に、
HGキュベレイパピヨン、ジムスナイパーK9とガンプラのリリースは順調に続いているようです。

そんな中で、あえて私が今回選んだ品はコチラ!

CIMG1776.jpg

巷では犬リュックの愛称で呼ばれる(今勝手に命名)「K9ドッグパック」

個人的には本体であるK9より存在感があったように思えます(笑)。


いきなり余談なんですがこのドッグパック、このように単体での発売でしたので、てっきりK9には付属してないのかとお思いきやちゃんと付いてるんですよね。
そうすると、このドッグパック自体を単体で発売する理由がないような気がするのですが……。

私みたいのがネタのために買って……。

014.jpg

このように組み替えを楽しめというBANDAIのありがたい配慮なのでしょうか?


閑話休題、本題にもどりましょう。


このドッグパック、パーツ数はそう多くはありませんが設定に忠実な作りになっておりました。

111.jpg

112.jpg

まずはバックパックモード。

ドッグパックの基本形態ともいうべきものですが、四肢を無理やり開いたその姿は
「イヌの開き」ともいうべきシロモノであり、お世辞にもカッコイイとはいえません。

やはりドッグパックといえばコレ!

118.jpg

この自走モードではないでしょうか。

119.jpg

120.jpg

スナイパーライフルを装備し戦場を疾駆する姿は愛嬌すら感じましたが、三代目メイジン・カワグチの駆るケンプファーアメイジングを今一歩のところまで追いつめるなど大活躍でした。


そしてドッグパックのキモといえばコレ!

114.jpg

「ブラッドハウンド隊」のみなさん!(すげーピンボケでスミマセン)

まさかコレが付属するとは思いませんでしたので驚きました。しかも八体!(画像を見ると敵前逃亡したのか七人しかいませんが……)。

余談ですが少年時代「プラモ狂四朗」を見て育った私としては、この回は本当に見ていて楽しかったですね。
今後もこういったネタを披露してくれると嬉しいのですが。

ただ、このブラッドハウンド隊のみなさん、劇中と違い飛行ユニットもつけてませんし使いもしなかったライフルの類を構えてるんですよね。EXシリーズからでも流用してきたのかな?

さらにこのドッグパック、後ろ半分にあたる部分が分離するというギミックも再現されてました。

115.jpg

しかもハッチが開き、この中にブラッドハウンドのみなさんが搭乗するとができるとか!
期待に胸を膨らませ、さっそく載せてみたんですが……あれ?

116.jpg

三人でいっぱいだぞ? し、しかも奥にハマって取れないんですけど……。

憤慨しながら組み立て説明書をもう一度見てみるとこんな文が。

117.jpg

なんてこったい、この兵員輸送車(?)、定員たったの三名なの?

ちなみに、一度搭乗したハウンドのみなさんも、ピンセットかなんか使わないと降車できないことを追記しておきます。



いや~、意味の分からない単体販売の「K9ドッグパック」でしたが、それでもなかなか楽しめました。



さて、そろそろガンプラ製作の続きに入ろうと思いますので、今回の記事はここらへんでお開きといたします。

長々とお付き合いいただきありがとうございました。










ちなみに、ただいまこんなモノを作っております。

122.jpg


PageTop

スケール詐称疑惑?














ガンダムフェニーチェ欲しいッ!!




はぁ、はぁ……はっ!?

取り乱しましてすみません(汗)。



ビルドファイターズの15話を見てからというもの、ガンダムフェニーチェが欲しくてたまらない男、シロでございます。



結局、先週の買い出しではフェニーチェを手に入れることはできなかったのですが、手ぶらで帰るのも癪だったので幾つかガンプラを購入してきました。
今回はそのへんの紹介をしたいと思います。


まずはコレ!

0001.jpg
「GPベース」

ガンプラバトルで使う、例のアレの形状をしたスタンドだそうで。

お恥ずかしい話ですが放映初期の話を取り損ねたせいで、同時進行で発売されていたプラモ関係も当時はあまり興味が湧かず、こんなのが製品化していたとはまるで知りませんでした。

さっそく箱を開けてみたんですが、あまりに少ない部品点数にしばし唖然。
まあ考えてみれば、たかがスタンドでMGやPG並にパーツ数が多い方がヤですしね(笑)。

気を取り直してパチ組みしてみましたが、10分と掛らずに完成。

0003.jpg

0004.jpg

本編にでてきたGPベースをそれほど見たわけではないですが、よく雰囲気出てるのではないでしょうか?

さっそくガンプラを飾ってみました。

0005.jpg

お試し感覚で買ってみたんですが、なんかイイカンジですな、コレ。
いちおうこの先もいくつか作ってみたいガンプラがあるもんで、その分だけ揃えてみるのもいいかも……。


ところで、私はパケ絵の横にある説明や参考写真を見るのも好きなもので、GPベースの箱もあちこち眺めているとちょっと気になることが……。

0002.jpg

この「000」って通し番号?

つまりこれは、シリーズ通して一番最初に発売されたのがスタンドってこと?

こういう暴挙にも近い真似をするとは、さすがBANDAI(笑)。



さて、気を取り直してお次に参りましょう。
冒頭にも書きましたが、この日はフェニーチェを探してあっちこっちの店を渡りあるいたのですが結果は空振りに終わりました。

ですが、代わりと言ってはなんですが、こんなものをみつけました。

0006.jpg
そう「ベアッガイⅢ」

フェニーチェほどではないですが結構人気があるのか品薄で、某所で1個だけ残っていた物を手に入れました。

さっそくパチパチ。

0007.jpg

スミ入れもしない超素組みですが、1時間ちょいで完成。
けっこうパーツ数が多く感じたのですが、非常に組みやすかったという印象を受けました。

0008.jpg

こういうプロポーションですのでたいして動くまいと思ってましたが、思いのほか可動域が広くてビックリ!
私はポーズ付けが下手なもので、気になる方は他のサイトのレビューを参考にしてください(投げやり……)。

0009.jpg

その辺に転がっていた、某太陽エンジンを付けてみた(しかも、ツインドライヴ)。

0010.jpg

0011.jpg

この機体こそ、人類を導く……ベアッガイⅢだっ!!


おほん! 冗談はさておき……このベアッガイⅢの箱を手に取った時にふと気になることがあり、それを確かめるべく某家電量販店に引き返し、とあるものを手に入れました。

それがコレ。

0012.jpg
ベストコレクションシリーズ「アッガイ」

なんでこんなもん買ったかと申しますと、この二つの(ベ)アッガイ、スケール表示が同じなんですよね。

0013.jpg

0014.jpg

両方とも1/144だそうです……。

もはや、光の屈折現象とかで誤魔化せられないレベル!


之は如何に?


さっそく原因解明のために組んでみました。

0015.jpg

…………

もう、コレを心底カッコイイと思いながら作っていた純真無垢なあの頃には戻れないんですね……。


まあ、せっかく組んだんだし、バレンタインに彼氏に送ったら、爆涙して喜びそうなチョコレート色なアッガイとベアッガイⅢを比べてみましょう。

0016.jpg

やはりどう見ても別モンですな(笑)。



いやまて、ベアッガイⅢはもともとオリジナルと比べても頭デカいし…あ!?

そういえば、ベアッガイⅢのキットの中にはオリジナルの頭が付属してたんですよね。

0017.jpg

イヤガラセのように、すべてのパーツがそろっているわけではないので完全な形にはできませんが、比較対象には十分使えるでしょう、さっそく頭を挿げ替えて、と。

0018.jpg

う~ん、 ドラミちゃん?


冗談はさておき、けっこうこのカラーも似合っているような……。
個人的には多少価格がUPしてもよかったので、このカラーでアッガイとのコンパチができると良かったですね。


じゃなくって、比較、比較!

0019.jpg

やっぱデカ!

やっぱり別モンですな、こりゃあ(汗)。

まあ、プロポーションやギミックを優先したためと好意的に解釈するしかないみたいですね(笑)。



さて、長々とくだらない長話にお付き合いいただきありがとうございました。
神姫メインと謳っている当ブログですが、ビルドファイターズの影響かしばらくはガンプラ関係に比重が高くなりそうですが今後もお付き合いいただければ幸いです。

では!





あ~あ、今度買い出しに出た時には手に入るといいな……フェニーチェ。

PageTop